teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:976/2687 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

千葉市長杯と入替戦

 投稿者:kimi  投稿日:2009年11月 8日(日)23時25分44秒
  通報 返信・引用
  蔵さんこんばんは

3日の日に社会人の千葉市長杯を観に千葉マリンへ行ってきました。
陽が沈むと急に寒くなりましたが、凍えながら観た3試合目のホンダ対東芝戦が一番見所がありました。

ホンダの先発はハムに5位指名された増井でした。1年前に観たときは実力差の大きいクラブチームとの対戦だったので少し抜いて投げている感じがしましたが、この日は初回から気持ちのこもった投球でした。ストレートが主体の投球で、キレ・伸びともにあり、相手打線は打ちあぐねていました。芯で捉えられることもありましたが、フェンス前で失速していました。長野に対しては内角ストレートでバットをへし折るなど4打席で2三振と完璧に抑えていました。

増井よりも印象に残ったのがホンダ先発の武藤でした。9回を6安打2四球2失点、三振は12個で、うち8個が6回からの4イニングで奪ったものでした。追い込んでから内角のカーブを使うなど、中盤まではカーブとスライダーを決め球にしていましたが、終盤はチェンジアップを多投します。そんなに落差があるわけではないのですが、東芝打線が面白いように空振りしていました。8回9回は明らかにばてていたのですが、9回二死から奪った三振がこの日最速の140を計測していました(それまでのMAXはたぶん138)。春先のオープン戦で観たときよりもいい意味でまとまっていました。現状ドラフト候補としては物足りないのですが、今後実践を積んでいけばもっと伸びるかと思います。

野手では7番指名打者で出場したホンダの大島が印象に残りました。5回には高めの曲がりきらない変化球をライトスタンドに運びます。まだまだ打てるポイントが限られているように見えましたが、来期はドラフト解禁の年ですし、長野の後釜としても期待したいです。


他気になった選手では、東京ガスの美馬が9回1イニングのみ登板しました。都市対抗の予選や本選でも観たのですが、この日が一番良かったです。高めの146,7キロのストレートは伸びがあり、田中・中村をボール球で空振り三振、村山は詰まったピッチャーゴロと強打者相手に見事な投球でした。


今日は東都の入替戦を観に行ってきたのでこちらも少し。
国士舘の先発は1年生の松村でした。高校時代もフォームがやや硬い感じがしましたが、さらにぎこちなくというか肘がきれいにぬけないように見えました。球速は140前半が稀にでますが平均は130中盤くらいでした。ただ10月末に神宮にいったときもガンの数値がおかしく、スカウトのガンと10キロ近い誤差(神宮のガンのほうが遅い)があったのでもう少し出ていたかもです。
国士舘は3番手で登板した3年の樋口が良かったです。左サイドよりやや上から投げ込む変則派で、スライダーのキレがよく、時折投げる抜いたストレートも効果的でした。
この試合は序盤からお互い毎回のようにランナーを出すも無得点という展開が続き、進行が遅く間延びしていました。樋口は6回から登板して打者12人をパーフェクトに抑える好投でした。先制点を取られた後の青学は焦っていたように見えました。右打者からも外のスライダーで空振りがとれるなど、なかなか面白い投手でした。来期一部でどんな投球をするか楽しみです。
 
    (蔵建て男) ご無沙汰しております。大島は、高校時代は丸と比べると意識の差が随分感じられました。ただ関東選抜リーグかなんかで今年観た時は、随分野球に対する姿勢も変わってきたなあと思いますし、実力もついてきましたね。現時点でドラフト候補として、来年マークしてみようかなと言うものを感じさせてくれました。

武藤ですか、高校時代から密かに話題の投手でしたね。私自身あまり記憶がないのですが、どんな投手なのか気になります。

増井は、日通にいた弟(?)だかの方が、個人的には気になった素材でした。こちらの方は、駒大時代から後一歩何かがと言う感じでしたが、今年の活躍が認められて指名されましたね。美馬は、スポニチ大会だったかな?素晴らしい球を投げていたので、思わず嬉しくなりましたね。こういった投手を、プロはどう評価するのでしょうか?

国士舘の樋口ですか?よくわからないのですが、来年ぜひ注目してみたいと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:976/2687 《前のページ | 次のページ》
/2687