teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:968/2683 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2009年 神宮大会の逸材1!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2009年11月21日(土)20時18分50秒
  通報 返信・引用
  皆様今晩は。ここのところ、全くこの掲示板の書き込みが出来ませんでしたが、来年に向けて、徐々にこの掲示板を使って選手達をご紹介出来たらと思います。まず今回は、来年の選抜に向け、神宮大会の逸材について考えて行きたいと思います。

△鍋田 浩成(富山・高岡商2年)投手 172/69 右/右

(どんな選手?)

 
この時期の2年生としては、適度にまとまっていて、力のある球を投げ込む投手です。小柄ですが、コンスタントに130キロ台を記録する球があり、縦に割れる球があるのも魅力です。

(投球内容)

 
球速は、コンスタントに135キロ前後の球速を記録して来ます。ただ実際には、まだミットに突き刺さる時に、スポッと来る感じで、手元までの勢い・球威に欠ける球質で、一冬超えてどの程度変わって来るのか注目したいです。 変化球は、カーブ・スライダー・縦スラ?などがあります。スライダーは、曲がりながら落ちる変化に加え、縦の変化は結構落差があり、これが確実に自分のものになって来ると面白いと思います。

(今後は)

 
現状は、この時期としては、適度に制球・変化球・球速のある投手として注目すべきものがありますが、一冬超えた成長がないと苦しいと思います。ただ名門所属の選手なので、その辺は、それほど心配しておりません。 高校即プロのようなスケール型ではありませんが、今後の成長次第では、北信越を代表する投手への可能性は秘めていると思います。特に縦の変化には可能性を感じますので、速球の質の向上と共に磨けば、大学などでの活躍も期待出来る選手への成長も期待出来るのではないのでしょうか。

○柴田 匡(秋田・秋田商1年)投手 182/71 右/右

(どんな選手?)

 
まだ線は細いのですが、スラッとした投手体型と柔らかい腕の振りに、高い将来性を感じさせる楽しみな投手です。順調に育って行けば、最終学年では東北を代表する素材として、ドラフト候補に浮上してくることが期待されます。

(投球内容)

 
柔らかい腕の振りから伸びてくる速球は、常時125~130キロ強ぐらい。その球筋を観ていると、高い可能性を感じさせます。変化球は、115キロ前後のスライダーとのコンビネーション。 まだその投球は、ただ投げているだけと言う感じで、打者との駆け引き云々といったものではありません。しかしながら、牽制も鋭いですし、クィックも1.15秒前後と基準以上など、根本的な野球センスがないわけではないと思います。まずは、もう少し場数を踏んで、ある種の自信を掴んで余裕を持った投球が求められます。

(今後は)

 今は、その才能を信じ、地道な努力を続けて欲しいですね。身体の芯を強くして、確実に資質を伸ばして行ければ、将来的にはコンスタントに140キロ台を投げ込めるような素晴らしい本格派に育つと思います。大きな期待を抱きながら、少し長い目で見守ってみたい大器だと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 
 
》記事一覧表示

新着順:968/2683 《前のページ | 次のページ》
/2683