teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:956/2687 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2009年 神宮大会の逸材8!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2009年12月 1日(火)19時46分20秒
  通報 返信・引用 編集済
  皆様今晩は。ようやく少し体調が回復して、書き込む元気も出てきました、今日も神宮大会の続きから。今日取り上げる2人は、夏も取り上げた選手で、そのため印象は大きくは変わりませんでした。

○伊藤 拓郎(東東京・帝京1年)投手 185/81 右/右

(どんな選手?)

春先から関係者の間で大いに話題になっていた大器です。夏の甲子園でも少し投げましたが、今回は先発でじっくり観られましたので、おおよそのイメージはつきました。一年生にして破格な肉付きと球速が自慢の投手です。

(投球内容)

それほど力を入れなくても、常時130キロ台後半~MAX148キロの球速は、1年生としては破格の球速の持ち主です。少々リリースにバラツキが目立ちますが、角度と球威のあるボールを投げ込みます。変化球も、カーブ・スライダー・フォークなど、すでに一通りの球を持っており、牽制こそ並レベルですが、ベースカバーも素早く、クィックも1.2秒前半とよく鍛えられている印象です。

投球は、まだ自分のリズムと言うか「間」が使えません。ただストライクゾーンに投げ込んでいるだけと言う感じです。その一番の理由は、投球フォームにおける「着地」までの粘りがない点。またそのため「身体の開き」も誘発し、例え非凡な球速があっても打者の空振りがあまり誘えない部分があります。またもう一つ空振りを誘えない理由として、体重移動が不十分で、前に乗って行かないので、ボールに勢いが出てこない印象があります。

けしてお尻を一塁側に落とせない選手でもないですし「球持ち」も悪くありませんし、不器用な投手とも違うようです。ただその投球からは、センスと言うものは感じられませんし、不思議と肉体の完成度からも、今後爆発的に伸びるといった印象も薄いです。

(今後は)

現時点では、スーパー1年生ではありますが、これから世代を引っ張って行くだけの存在感を示せるかと言うと全然別になると思います。まずは、一つ一つの投球の意味と「間」を考えながら、もっと深い投球を目指して欲しいところです。選抜までの成長ぶりを、期待して見守りたいと思います。

○一二三 慎太(神奈川・東海大相模2年)投手 185/85 右/右

(どんな投手?)

1年生から名門・東海大相模のマウンドを任され、スーパー1年生として注目された投手です。しかし今年は、調子が上がらず、ようやく頭角を現したのは、新チームになってから。しかし復帰してからは、この世代を代表する本格派の一人と言えるのではないのでしょうか。

(投球内容)

中学時代は、ジャイアンツカップの優勝投手と言うことで、マウンドを上手くハズしたり、経験豊富なマウンド捌きは、単なる速球派投手ではないです。時々シュート回転する球もあるのですが、球威のある130キロ台後半~MAX149キロの速球を投げ込み、カーブ・スライダー・チェンジアップなど、多彩な球種の持ち主です。

クィックも1.0秒弱~1.1秒前後と高速であり、スタート良いのフィールディング・牽制の上手さなど、投球以外の部分も極めて高いです。マウンドでも気持ちの強さなども感じられ、投手としての資質を高い条件で満たしております。

ノーワインドアップからゆっくり足を引き上げるのですが、そこからいち早く地面に向けて重心を降ろしつつ、前にグィッと大きくステップする腰に負担のかかりそうなフォームです。始動はゆっくりながら、エンジンがかかってからは、素早く腕を強く振るのが大きな特徴です。

「着地」・「球持ち」はそれなりで、「体重移動」は並ぐらい。しいて言えば「開き」が、やや早いかなと言う印象があります。特筆すべきポイントはありませんが、大きな破綻もないフォームかなと。腕を強く振れるので、スライダーなど変化球の曲がりもハードなのではないのでしょうか。

(今後は)

かなり筋肉の付きも良いので、あまり今後の爆発的な伸びしろは感じられません。イメージ的には、同じ東海大相模時代の吉田道(近鉄2位)に、似たタイプ(フォームの感じは違うけど)かなと思います。ただ投球センス・気持ちの強さなどは、上手く行けば松坂大輔のような、高いレベルでの総合力投手への変貌を期待出来なくもない投手だと思います。

素材としての「奥行き」「面白み」は、あまり感じられませんが、内角を狙って突けたりと、ある程度投球の出来る選手で、選抜大会ぐらいまでは「世代を代表する投手」として引っ張って行けると思います。その後の可能性については、また選抜までの成長具合を確認して考えてみたいです。「センス」・「強さ」「総合力」を兼ね備えた投手であり、不思議とその体格・球速の割にスケールを感じないだけに、あとは「器」がもう少し大きくなることを期待したいかなと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 
 
》記事一覧表示

新着順:956/2687 《前のページ | 次のページ》
/2687