teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:951/2687 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2009年 神宮大会の逸材9!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2009年12月 5日(土)18時26分3秒
  通報 返信・引用
  皆様今晩は。神宮大会の高校の部のレポートは、全10回を予定しております。まあ、センバツで再び出会うメンバーなんで、それほど細かくやるつもりはないのですが、一応センバツの時の目安となるように、あと4人ほどご紹介させて頂きたいと思います。本当は、全国の逸材シリーズのペースを、もう少し上げたいところでもあるのですが、この後は大学の部のレポートも、年内一杯をメドに行って行きたいと思います。

△池原 有(沖縄・嘉手納2年)投手 171/67 右/左

(どんな選手?)

中学時代から有名な選手だったようで、投げてはエース・打っては3番を務めるチームの柱です。

(投手としては)

上背もなく、ランナーがいなくてもクィックモーションで投げ込むために、投球にスケールを感じるタイプではありません。球速も125~MAX134キロぐらい。カーブ・スライダー・チェンジアップ・カットボールなど多彩です。クィックは、1.1秒前後と素早く、フィールディングの動きなども中々良い選手です。経験豊富なマウンド捌きの持ち主で、投手としてのセンスと言うよりも、野球センス自体が高い選手なのだと思います。

ただ制球は、かなりアバウトですし、投手としての今後の伸びしろ・奥行きはあまり感じられる素材ではないのが残念です。むしろ魅力を感じるのは、野手としての才能でしょうか。

(打者としては)

残念ながら走力に関してはよくわかりませんでしたが、フィールディングなど、動作一つ一つを観ている限り、運動神経・野球センスは悪くないです。投手としても130キロ台を記録するように地肩も良いので、外野手ならば問題のない身体能力はありそうです。

(打撃内容)

懐の深いバランスの良い構えは、打者としてのセンスの良さを感じさせます。ただ仕掛けが「遅すぎる仕掛け」で、一定レベル以上の球速・キレに対応出来るのかは疑問です。また足の上げ下げが殆どなく、体重移動の観られないスイングは、木製バットで誤魔化しが効くかは疑問です。現状打てるポイントは、かなり限られているのだと思います。

ただ下半身の動きには大いに不満があるのですが、上からヘッドを残して無駄のないスイングは中々魅力的です。トップがあまりしっかり作れないのも気になりますが、鋭いスイングは、最後までバットを振り抜く嘉手納打線の中でも際だつものがあります。また足の上げ下げが殆どがない分、頭のブレが小さく、身体の開きが抑えられ、軸足にも粘りが感じられる体軸の良さと言うメリットがあります。

(今後は)

将来的には、断然野手の素材だと思います。それでも選抜までには、まだもうワンランクは、球威・球速を増して来る可能性はあると思います。打者としても、下半身の動作に大いに課題があるので、上のレベルでは苦労するかもしれませんね。打撃には良いものを持っているので、上手く上のレベルでも通用する技術を、身につけて欲しいものです。ただフィールディングなども悪くないので、内野手として期待したいところですが、少々プレーに雑な面が見られ、どちらかと言うと三塁か外野手向きの素材ではないかと思います。

△森田 将健(岐阜・大垣日大2年)左翼 174/68 右/左

(どんな選手?)

チームの核弾頭として、神宮大会で大暴れしました。鋭いヘッドスピードと、しっかりボールを叩くミートセンスを活かし、打撃では光るものがある選手です。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は4.1秒前後と、まずまずの脚力はありそうです。ただ上のレベルで売りに出来る程の絶対的な脚力・走塁技術があるかは微妙です。

また左翼手を守らされているだけに、打球への反応・キャッチングなどは、かなり危なっかしいです。けして上手い外野手とは言えないでしょう。左翼としては、捕殺する場面がありましたが、地肩としては平均的。高校生としては悪くありませんが、やはり上のレベルでは際だつものはありません。身体能力は悪くありませんが、守備に走力にと、まだまだ課題が多いように思えます。

(打撃内容)

前足を引いた左オープンスタンス気味に立ち、グリップを下げて構える癖のある構えです。気になるのは、一度ベース側に足を持って行き、リリース直前にチョンとステップする例の動作をする選手です。そのため球速のある投手相手には、立ち後れないように充分気をつけて欲しいものです。

上から綺麗に叩けるスイング軌道も良く、ヘッドスピードも鋭いのは好感です。ただトップを作るのが遅れ気味なので、その辺を注意して欲しいですね。小さくステップしているところからも、打てるポイントは結構限られているのではないかと思います。特に外角低めの球を捌く技術に優れているように思えます。ただ真っ直ぐ踏み出した足下がブレないのは良いいところ。また体軸も動きが小さい分、頭のブレ・身体の開き・軸足の崩れが少ないのも魅力です。

(今後は)

守備・走塁に関しては、一冬超えた成長を期待してみたいです。神宮大会では、素晴らしい対応力を魅せてくれましたが、しっかり相手は研究して来るでしょうし、球速のある投手や高めへの対応などを選抜では確認したいところです。

ただポテンシャル的には、高卒プロとかそういったタイプの選手ではなく、大学などに進むタイプの好選手だと思います。選抜での活躍で、有力大学への進学を決定づけて欲しいところです。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 
 
》記事一覧表示

新着順:951/2687 《前のページ | 次のページ》
/2687