teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:961/2708 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2009年 福岡大会の逸材4!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2009年12月12日(土)18時07分24秒
  通報 返信・引用
  皆様今晩は。また少し時間が出来たので、夜に向けて更新を始めたいと思います。まずは、この夏の福岡大会レポートから。

△龍頭 大樹(福岡・自由ヶ丘 3年)遊撃 172/66 右/右

(どんな選手?)

元々チームの1番打者を務めていたようですが、夏は7番に下がっておりました。柔らかいグラブ捌きが魅力の好守の遊撃手です。

(守備・走塁面)

グラブ捌きが上手いキャッチングに、ボールへの入り方の上手い遊撃守備・地肩も強いスローイングなど、上のレベルでも遊撃手として期待出来る守備力が魅力の選手です。

残念ながら、一塁までの走破タイムはわかりませんでしたが、元々一番打者だっただけに、それなりに早いのだと思います。まだ観ていない試合もありますので、わかり次第その辺はプラスしたいと思います。

(打撃内容)

ただ打撃に関しては、正直印象が薄いです。スクエアスタンスで構え、グリップを高めに添えるのですが、中々バランスの良い構えをする選手です。「早めの仕掛け」を採用し、大きく足を引き上げて回し込んで来ます。そのため打てるポイントは多そうな印象を受けました。真っ直ぐ踏み込んだ足下もブレないのは良いのですが、足を上げた時に内側に膝を閉めてしまうのが残念です。膝を閉めてしまうと、タイミングがずれやすいのです。

早めに打撃の準備段階であるトップを作ることが出来るのは良いのですが、その時にグリップが身体の内側に完全に入り込んでしまい、ヘッドの出がよくありません。そのため打てるコースと言うのは、かなり限定されてしまっているのではないのでしょうか?

またバットが身体から離れ気味に振り出されるので、インパクトまでのスイング軌道にロスが感じられます。ヘッドが下がらないような意識はあるので、スイング後半はコンパクトにまとめられておりますので、インパクトまでが課題です。フォロースルーまでバットが振り切れている点は良いと思います。

(今後は)

少々癖のあるフォームをしているので、対応力に課題があります。ただ遊撃守備に関しては観るべきものがあり、例え打てなくても守りで起用してもらえる強味があります。まずは、打撃の欠点を改善して、上のレベルでも通用する打力を身につけて欲しいですね。これからも野球を続けて欲しい選手でした。

○中村 道太郎(福岡・戸畑2年)遊撃 右/右

(どんな選手?)

チームの3番打者を担う選手で、好守・強打の遊撃手です。来年の福岡を代表する内野手になるのではないのでしょうか。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.5秒弱(4.2秒弱)に相当するなど、プロの基準レベル級の脚力がある選手です。けして足を売りに出来る程ではありませんが、高校生としては速い方です。

高校生としては、良く鍛えられている印象です。深いところでも刺せる踏ん張りの効いたスローイングが魅力で、地肩にも中々の強さがあります。この冬更に鍛えられると、更に守備でアピール出来るレベルにまで到達するかもしれません。

(打撃内容)

ボールに食らいつくしぶとさがあります。まだ力感と言う程の強さはありませんが、2年夏の時点では、基準を満たすだけの打力もあります。

スクエアスタンスで構えるのですが、グリップを身体の近くに持ってきて構えます。背筋をピンと伸ばしてボールを見据えるのは良いのですが、少し癖のある構えです。

「平均的な仕掛け」を採用するように、生粋のアベレージヒッターと言うよりは、パンチの効いた打撃も出来る中距離タイプです。足を引き上げ強く踏み込むスタイルで、それほどタイミングの合わせ方に光るものがあるわけではありません。また踏み込んだ足下が、長く地面で抑えられるタイプではないので、基本的に引っ張り中心の打撃になります。もう少しセンターから右方向への打撃も覚え、打撃に幅が出てくると良いですね。

良いのは、あらかじめ捕手方向にグリップを引いているので、打撃の準備段階であるトップ(バットを振り出す位置)を早く作れて、速い球にも立ち後れることがない点です。またトップ~インパクトまで上から綺麗に振り下ろせているので、最短距離でミートポイントまでバットを持ってこられる高校生としては稀なスイングが出来る選手です。

それでいてフォロースルーまでしっかり振り切れますし、スイング軌道の良さには評価出来る部分があります。頭の動きも小さく・体軸にも破綻がありません。

(今後は)

遊撃手としての可能性を秘めた素材ですし、その割に打撃のポテンシャルも悪くありません。もう少し下半身を中心にタイミングが上手く取れるようになると、上半身の動きは素晴らしいので、打撃でもアピール出来る存在になると思います。

2年夏の時点としては、打撃レベルも悪くないですし、その上遊撃手としてもまずまずのものがあります。2年生野手が、夏の時点で目に留まることは少ないのですが、全く無名の選手ながら、光るものがありました。2010年度の飛躍を期待したい好選手です。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 
 
》記事一覧表示

新着順:961/2708 《前のページ | 次のページ》
/2708