teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:923/2683 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2009年 神宮大会の逸材22!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2009年12月24日(木)02時55分32秒
  通報 返信・引用 編集済
  皆様こんばんは。今日も中々更新が進みませんが、神宮大会のレポートの続きを行って行きたいと思います。

◯野村 祐輔(明治大 2年)投手 176/72 右/右 (広陵出身)

(どんな選手?)

広陵出身の選手で、甲子園を沸かした好投手です。個人的にも、この選手の3年時の成長を絶賛し、将来を非常に楽しみにしていた投手でした。今や六大学を代表する投手に成長し、再来年の上位指名候補と言われるまでになりました。

(投球内容)

中背で、バランスの好いフォームから投げ込みます。その球速は、コンスタントに140キロ台を記録し、140キロ台中盤前後の球速も結構記録します。手元までしっかり伸びる球質で、打者の空振りを誘える良さがあります。その反面、それほど球威はないので、甘く入ると怖いかなと言う側面も併せ持ちます。

変化球は、ブレーキの好いカーブ・カットボール・フォーク・チェンジアップなど実に多彩な球種を併せ持ちます。落ち着いたフィールディング・1.1~1.2秒台ぐらいの素早いクィック・鋭い牽制・間のとり方や指先の感覚の良さなど、肉体的なポテンシャルよりも、高い野球センスが際立つタイプです。

右打者には、アウトコース中心に球を集め、左打者には両サイドに球を投げ分けてきます。真ん中近辺に甘く入ることはなく、制球力も中々好いものがあります。

投球フォームも、お尻を一塁側には落とせるのですが、「着地」までの粘りに欠けるので、少し物足りなさを感じます。また「開き」も少し早く、更に前にグッと乗って来るような「体重移動」もないなど、指先の感覚抜群の「球持ち」を除けば、不満な部分も少なくありません。

(今後は)

凄みこそないのですが、多彩な球種を交えた総合力・マウンド捌きなどを見ていると、すでにプロでもローテーションを担えるのではないかとさえ思えるぐらいの投手です。ただ先輩である川上憲伸あたりと比べると、まだワンランク落ちるかなと言う印象は受けます。

フォームでも投球でも、まだまだ物足ない部分もあるので、高い志しを持って、残りの2年で更なる進化を期待したいところです。まだ世代を引っ張って行くような、圧倒的な凄みには欠ける気が致します。

◯大野 弘仁(愛知学院大 4年)遊撃 166/65 右/左 (柳ケ浦出身)

(どんな選手?)

スピード感と軽快さ溢れる遊撃守備は、プロでも通用するものがあると思います。また打っても核弾頭として、神宮大会に出場して参りました。卒業後は、新日鉄広畑で野球を続けて行くことが決まっております。

(守備・走塁面)

実にスピード感がある、素軽い動きを見せる遊撃守備は、見るものを魅了します。ただその反面ミスも少なくなく、安定感と言う意味では不安を残す部分もあるのは確か。小柄ですが、地肩も基準以上のものがあります。守備に関しては、どのレベルでも二遊間を担える素材です。

守っては、塁間4.3秒強ぐらいと、左打者としては基準以下で、けして足を売りに行くタイプではないようです。この手のタイプにしては、走力がないのが残念です。

(打撃内容)

スクエアスタンスで、グリップを高めに添えて、腰をしっかり据えて構えます。気になるのは、始動が「遅すぎる点」。これでは非力な彼が、スピードボールに対応するのは厳しいと考えます。上のレベルでは、少々そのスピードに苦労するのではないのでしょうか。

リリース後に、小さくステップして踏み込むので、打てるポイントは限られていそうです。ただ少しインステップ気味に踏み込んだ足元が、インパクトの際にブレないのは好いです。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのが遅れ気味なのが気になります。スイング軌道は、ヘッドを立てて振り抜こうと言う意思が感じられ、大きなロスは感じません。元々ボールを捉えるセンスには、好いものを持っております。

(今後は)

目線がブレないで、動きが小さいのは好いと思います。ただ全体的に「仕掛け」「トップ」などを作るのが遅く、上のレベルを意識すると動作を早める打撃に以降することになるのではないのでしょうか。

打撃では、社会人レベルでも少々苦労しそうですが、守備では魅せるものがあります。9番打者としてでも、その守備だけで試合に出られるタイプかもしれません。少々プロと言う領域は厳しいかもしれませんが、ぜひその守備には注目して頂きたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 
 
》記事一覧表示

新着順:923/2683 《前のページ | 次のページ》
/2683