teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:近畿より  投稿日:2010年 4月19日(月)18時39分26秒
返信・引用
  蔵さん西川遥輝評について返信頂きありがとうございました。先日も春季大会を観戦してきましたが、何かやっぱり元気がないというか覇気がないというか・・・スカウトも来てました。少し形にこだわりすぎ感が強く感じました。一年の時のがむしゃらな気持ちを早く思いだしてほしいと思います。  
    (蔵建て男) 一年の夏の甲子園の勇姿は忘れられませんね。あの生き生きしたプレーを、ぜひ最後の夏は期待したいところです。  
 

2010年 選抜の逸材14!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月19日(月)07時40分45秒
返信・引用
  皆様おはようございます。中々生観戦やらで選抜のレポートも進みませんが、なんとか4月中に、全部終えられればと思います。今日も、生観戦を予定しております。

△岡部 通織(東東京・帝京3年)右翼 178/80 左/左

(どんな選手?)

中学の時から有名な選手だったようですが、どうも帝京入学後は伸び悩んでいるのかな?と言う印象はあります。パワフルな打撃で、5番・右翼手として選抜では出場しておりました。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、その見た目によらず4.1秒前後で走り抜けるなど、中々の俊足の持ち主です。しかし、この選抜では、4.5秒前後と極めて遅く、以前計ったのが間違いではなかったのかと思ってしまいます。ただ秋の成績をみると、17試合で9盗塁と、帝京で一番の盗塁数を誇ります。

右翼手としての動きを見ている限り、あまり上手い外野手には見えません。地肩も基準~それを上回るレベルぐらいと、守備でアピールするタイプではないように思えます。

守備・走力に関しては、基準を満たすか満たさないかぐらいの身体能力はあるものの、それを活かすだけの術は、まだ身に付いていないのかなと言う印象は強いです。

(打撃内容)

今まで正直、この選手の良さがわからなかったのですが、今大会観ていて驚いたのは、バットに確実にボールを当ててくる点です。園田が粘り強く当てることを主眼に置いた打撃をするのに対し、強打を狙った上でバットで捉える能力は、この選手の潜在能力の現れなのではないかと思います。

それでは何故結果に表れ難いのかと言えば、それは持っているポテンシャルなのではなく、それを引き出すための術に課題があるからだと思います。またプレーに何か、伝わってくるような気迫が感じられないのも残念に思います。

(夏に向けて)

今後は、心身共に甘い球を絶対に逃さないとか、何が何でも出塁してやろうと言う強い気持ち・常日頃の意識を求めたいと思います。あえて嬉しい時は嬉しい、悔しい時は悔しいと言う自己表現をしても、この選手は好いのではないのでしょうか。精神的に一皮剝けることで、何か他のものが見えてくる気が致します。

○松本 剛(東京・帝京2年)遊撃 180/70 右/右

(どんな選手?)

1年からレギュラーの選手で、球際に強い守備・積極的な走塁など、持っているポテンシャルの高さ、センスの良さはピカイチの選手でした。そしてこの夏には、かなり打球の強さが増し、打撃面での成長が目につきました。

(守備・走塁面)

大型ですが、基本に忠実に丁寧にプレーしようと言う意識が感じられます。特に広い守備範囲を誇ると言うよりは、球際でのグラブ捌きやバウンドに合わせに対応するのが上手いタイプ。また高校生にして、中々の強肩と言うポテンシャルの高さは、名門・帝京高校で1年から遊撃を任されるだけのものがある選手です。上のレベルでも、二遊間を担える素材だと言えるでしょう。

一塁までの塁間を、4.25~4.45秒ぐらいで走り抜ける脚力の持ち主で、これは左打者換算で計算すると3.95秒~4.15秒ぐらいに相当し、プロでも俊足の部類です。ただ盗塁数は、19試合で3盗塁と、秋は怪我でもしていたのか?走力でのアピールが薄かったのは残念でした。元々は、走塁でも、スタートの良く盗塁が試みられるなど、ただ速いだけでなく、判断力にもセンスがあるかもしれません。秋からは、守備でも、走力でも積極的にアピールして欲しいと思います。

(打撃内容)

7番・遊撃と言うポジションは、秋から変わりませんでした。また肘が下がって、ヘッドが下から出る傾向も観られ、それほど技術的には変わっていないのではないかと思います。ただ肉体的な成長はあったのでしょう。以前もシャープだったスイングが、更に強い打球でボールを射貫くことができております。この選手の良さは、打撃でも非力感のない三拍子バランスの取れた身体能力と、そのセンスにあります。

(夏に向けて)

新チーム結成前に、ぜひ自ら7番・遊撃手と言うポジションから脱却できる成長・積極性を身につけて欲しいところです。秋からは、関東を代表する遊撃手としてプロからも注目されるでしょうし、またチームでも重要な役割を任されて行くことになると思います。そんな中で、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、これからも追い続けたい逸材です。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

春季広島県大会

 投稿者:hiroshijin  投稿日:2010年 4月18日(日)22時00分33秒
返信・引用
  広島工、石田健大投手ノーヒットノーランです。今日の庄原実戦で死球1のみのほぼ完璧な投球を見せました。事前の不調で背番号10となったのですが、その悔しさを晴らす投球でした。
序盤は制球を意識してか抑え気味に中盤から徐々にペースを上げていき最速で138km/hを記録しました。8奪三振でスピードには物足りない部分もありますが球の重さを感じ、非力な相手では強い打球を打つのは難しく感じます。
ただ今日は相手打線の非力さと、ミスピッチがボール球になったことに助けられたと思います。秋の状態から考えてもっと球威・制球ともに上がる余地はあるでしょう。また夏に向けて注目したいです。
広島では今後は土日を使って5月2日まで大会が行われる予定です。また大会終了後に厳選した選手をここで紹介していきたいと思います。
 
    (蔵建て男) 広島で最も話題の左腕・石田投手の情報有り難うございます。今年は、広島に好選手が揃っているようで、私も大変気になっております。大会期間中が、ゴールデンウィークなどと重なり、少々観戦は厳しいですが、夏までにはもう一度広島に足を運びたいところです。

最新の広島情報楽しみにしております。
 

沖縄春季大会2

 投稿者:半島  投稿日:2010年 4月18日(日)19時25分40秒
返信・引用
  蔵さんこんばんは。
先日ついに奥武山球場が完成し、この土日に2軍戦ですが巨人ー阪神戦が行われたようです。モノレールから見ると本当に大きく、もちろん完成したばかりなので綺麗ですし。県内にも凄い球場ができたなと思います。夏の予選も試合が行われるのかな?そのときは是非一度は行って観戦してみたいと思います。蔵さんも沖縄に遠征した際には訪れてみては如何でしょうか?もちろんカード次第だと思いますが。

嘉手刈 裕史(本部3年 167・62 左・左 投手)
08年夏の沖縄尚学との試合の時にリリーフで登板したのを観戦して以来でした。そのときは小柄でまだまだ1年生が投げる球という感じでしたが、肩の関節や腕の振りも柔らかいですし、フォームも綺麗だったのが印象的で2年後が楽しみな投手だなと感じました。そして今春久しぶりに見てその成長振りに驚かされました。南風原戦と八重山戦の2試合を見ることができました。
振りかぶり、足をゆったりと上げて、軽くためて、オーバーから投げ込んできます。エネルギーをじんわりと捻出するようなフォームという感じです。投げ終わりのバランスも良く蹴り上げもあります。前述のように肩の関節が柔らかいので腕が遅れてきますし、その腕の振りも柔らかく球持ちも良いです。また体重も乗せてリリースしてきます。そのため直球は手元でくっと伸びてきますし、小柄ながら思った以上の球威を感じさせてくれます。タイミングが取りづらいのとその球質ですので、南風原の打者が終始差し込まれていました。何か見た球質だなと思ったら去年観戦した赤嶺投手(豊見城南)も同じような感じの直球でしたね。終盤はやや球威は落ちたもののそのキレ・伸びは衰えませんでした。ただ、3日くらい空いた八重山戦では体重が前の試合に比べると乗ってこないかなと印象でした。また1年夏以来怪我が多く満足に投げれるようではなかったみたいなのでそこら辺の体力に不安があるのかなと思います。その試合の終盤にはお尻を叩いたり、足を伸ばしたりするしぐさも観られました。
変化球はスライダー・緩いカーブ・フォーク・スクリューがあったと思います。基本は直球とカーブで緩急をつけた配球をし、それにフォーク・スライダーを織り交ぜてくるといった感じです。スライダーは曲がりはそれほどでもありませんが手元で曲がってきますし、フォークは落差は大きくないですがしっかり落ちます。スクリューに関してはその精度はまだまだです。左右の各打者への制球もまずまず安定していますが、直球は高めに浮く傾向があり、ランナーがいると少し力むのか特にその傾向が強いです。
牽制は上手いですし、クイック・フィールディングは良いです。また間の取り方などのマウンド捌きも良い投手だと思います。捕手のサインに首を振るシーンも多々見られ自分でも投球の組み立てを考えているようでなかなかクレバーな印象を受けます。
味方が先制するも以降は再三チャンスを作りながらもなかなか援護がもらえないという、チームとしても投手としてはあまり好ましくない流れの中でも集中して投げていましたし、ピンチになっても落ち着いてそして強気で投げているのが印象的でした。
腕の振りは良いですし、しっかりと体重を乗せて投げてきた時の直球はなかなか魅力的です。小柄ですがまだ伸びる余地があると思いますし、持ち球の変化球の精度を上げていけば夏は強豪高もそう簡単に打てない投手になるのではないかと期待したいです。

宮城 文哉(本部3年 161・60 右・左 二塁手)
昨夏から試合に出ており小柄ながら良い選手だなと思っておりました。
今大会は本部の選手の中でも非常に元気がよく目立っていました。主将もつとめ打順では一番と、まさにチームを引っ張っている存在です。
グリップは肩の位置から、足を軽く開き気味に構え、身体を揺らしながらリズムをとるタイプです。投手が沈んだ時に始動するタイプです。振りはなかなか鋭く大きめですね。またしっかり振り切ってきます。
小柄ながらパンチ力があり、しっかりと芯で捉えるので打球も鋭く長打を打てます。大きく振ってきたかと思えば、その直後の球にはセーフティーも仕掛けてきたりと相手投手・守備陣としてはなかなか厄介な選手だと思います。選球眼も良いので甘く入ってきたら逃しませんし、大技・小技を兼ね備えたまさに核弾頭といった選手です。小柄ではありますがバットコントロールも良く打撃センスは高い選手です。
守備に関しては、反応も早く俊敏でまずまず良かったと思います。肩は二塁手として平均ぐらいじゃないかと思います。足は結構速いですし、塁に出ても相手バッテリーを揺さぶったりして本当に嫌らしく一番打者らしい選手だと思います。
観戦していて気持ちのいい選手ですね。また夏に嘉手刈投手と一緒に確認したいと思います。


金城 弘樹(南風原2年 176・64 右・右 投手)
秋季に南風原を8強まで導いた立役者で、球速も130中盤を計測するなど本格派右腕と聞いていたので観戦するのが楽しみでした。
セットからノーワインドアップで、足をすっと上げ、軽くため、お尻を落としスリークウォーターから投げてきます。グラブもしっかり抱えられ、軸足の蹴り上げも軽くあり、投げ終わりのバランスも悪くありません。ただフォームは少し腰高で下半身もまだまだ上手く使えていません。また終盤になると下半身の粘りが無くなりどうしても上体で投げてしまいます。この部分は鍛える必要があると思います。
直球はまずまずキレを感じさせます。変化球はスライダーとカーブがあったと思います。基本は直球とスライダーのコンビネーションで、終盤はカーブも多く混ぜながら変化球主体の投球でした。制球は良く左右各打者の内を厳しく突くこともできます。ただ意識しすぎて当てるシーンも見られました。この投手、特に左打者に対してですが攻めのバリエーションが少ないです。ちょっと投球が一辺倒のように感じました。
牽制は鋭いですし、フィールディングもまずまずです。マウンド捌きもまずまず良かったと思います。初回から毎回のようにランナーを得点圏に進められていましたが、粘り強く集中を切らさず投げていて、精神的な部分はなかなか強そうです。
まだまだフォームにも投球にも課題は多いですが、そういった課題を克服していって欲しいですね。
 
    (蔵建て男) 毎度最新の沖縄レポート有り難うございます。ついに奥武山球場が完成致しましたね。沖縄遠征中に何度か前を通り、素晴らしい球場が沖縄にもできるなと楽しみにしておりました。何よりモノレールの駅から行ける球場なので、県外観戦者にとっては何より有り難い球場です。ぜひ近いうちにお邪魔したい球場です。

観たことのない選手達のレポート有り難うございます。また沖縄の情報は、夏前にグワーンと表に出てきて、ご紹介されるでしょうね雑誌などでは。その前に半島さんなどのレポートは、まさに貴重な資料となると思います。春季九州大会では、糸満の選手達に出会えるのを楽しみにしております。
 

2010年 選抜の逸材14!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月18日(日)05時43分50秒
返信・引用 編集済
  皆様今晩は。今日は、朝まで雪やみぞれまじりで少々驚きました。4月中旬にもなって、こんな天気なのは、初めての経験です。それでも日中天候が回復し、各地で試合が行われたのは好かったですね。個人的にも、六大学のTV中継のある日に、中止にならなくて好かったです。

△園田 崇人(東京・帝京3年)左翼 173/71 右/左

(どんな選手?)

昨秋の神宮大会でも取り上げた選手ですが、帝京打線でも最もミートセンスに優れた打撃が光る好打者です。特に粘り強く、相手に球数を投げさせるイヤらしい打撃が持ち味です。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.15秒前後と左打者のプロ基準である4.2秒を僅かに上回る程度の脚力です。ただ実際の走力以上に、次の塁を狙う姿勢・貪欲さがあり、走塁センス・意欲がある選手に思えます。

また昨秋の神宮大会ではよくわからなかった左翼としての部分ですが、打球への反応・キャッチング・回り込みなどの所作をみている限り、守備力は平均だと思います。ただ地肩に関しては中の下レベルであり、そういった部分で左翼を守っている考えられます。

(打撃内容)

元々変化球に合わせるのに上手いタイプで、ストレートを力強くはじき返すタイプではありません。むしろこの選手の良さは、投手に球数を投げさせる粘り強い打撃です。そのため帝京打線においても、秋断トツの20四死球を残しております。かなりそのプレーからも、相手に嫌がられるプレーに徹して、考えてプレーできるプレーヤーです。

ただ昨秋のレポートにも書いたように、もう少しスイングにキレが欲しいと書きました。選抜では違和感こそ感じられませんでしたが、それほどスイングに際だつキレ・強さは感じられませんでした。肉体的な部分では、思ったほど成長はなかったかなと言うのが率直な感想です。

(今後に向けて)

打撃の対応力+相手に嫌がられる粘っこいプレー・積極的な走塁など、推せる材料は少なくありません。ただ身体能力的には、プロ云々と言うタイプではありません。

レベルの高い環境でも野球を続けて行ける素材だとは思いますが、更にその世界で突き抜けるような何かが欲しいですね。大学などで、特徴を見出せずに埋もれてしまわないことを祈るばかりです。

△石岡 諒太(兵庫・神戸国際大附3年)一塁 184/76 左/左

(どんな選手?)

大型なのですが、柔らかいリストワークを活かした対応力が売り。選抜では結果が出ないまま敗戦となりましたが、最後まで諦めないでプレーする、ひたむきさが感じられるプレーヤーでした。

(守備・走塁面)

大型ですが、一塁の打球処理などを観ていると、結構動きが良いですしボールを丁寧に扱う点は好感が持てます。大型故の緩慢さはあまり感じられず、外野なども担える身体能力はありそうです。ただ地肩などはよくわからないですし、上背も大きい左投げ選手なので、一塁が適任なのでしょう。ただ長打力があるタイプではないので、将来的に一塁を任せられるかは微妙です。

 一塁までの塁間を4.15秒前後で走り抜けるなど、左打者のプロの基準である4.2秒を上回る走力があります。けして足を売りにする程ではありませんが、動けない選手ではありません。一塁と言うポジション柄、守備ではアピールに欠けますが、これに地肩があるようだと、将来的に左翼あたりの可能性も広がります。

(打撃内容)

ほぼスクエアスタンスで、グリップを下げ気味にリラックスして構えられております。仕掛けは、「速すぎる仕掛け」を採用されているので、フォームのバランスの維持が難しく、タイミングが狂わされやすいのが残念です。投手の引き上げた足が下がり始める頃まで、始動を遅らせる必要があるのではないのでしょうか。

そのため非常に早い段階から足を引き上げており、打てるポイントは多く、様々な緩急には対応しやすいはずです。その足をベースから離れた方向に踏み出すアウトステップ。足もとが、ブレないのは好いと思います。

早めに打撃の準備段階である「トップ」を作れておりますし、そのトップ自体も非常に深く取れております。ただボールを捉えるまでにロスを感じさせる軌道で、せっかく早めに打撃の準備を整えている恩恵が少なくなります。インパクト後のスイングの弧は小さく、ボールを遠くに飛ばすと言うよりは、打者の間を抜けて行くタイプの打者だと考えられます。

相変わらず目線が上下にブレやすいフォームですが、身体の開き・軸足には粘りを感じさせるスイングです。基本的に内角の球を捌くのを得意としている一方、外角への対応は、イマイチのような気が致します。打撃フォームに関しては、ほとんど秋と変わっていません。更にスイングの鋭さなどにも、大きな変化は感じられませんでした。

(今後に向けて)

ボールに合わせるセンスはある大型のアベレージヒッターです。仕掛けの改善と、上下に激しく目線が動く動作を改善したいです。ただこれから夏まで時間がないので、何処までその打撃フォームを変えられるのかは疑問です。

最後まで一所懸命やるプレースタイルには好感が持てますが、昨秋からの成長が感じられなかったのは残念。夏までの成長・進化を期待してみたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2010年 選抜の逸材13

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月16日(金)18時53分49秒
返信・引用 編集済
  皆様今晩は。今日は、早めに書き込みができる余裕がありますので、少し更新を進めて参りたいと思います。19時から六大学の中継もありますから、忘れずに録画せねば・・・。

△磯本 龍志(岡山・関西3年)中堅 170/69 右/左

(どんな選手?)

走攻守三拍子バランスの取れたプレーヤーで、関西の3番・中堅手としてチームの攻守の要であり、主将としても活躍する選手です。少々気持ちが勝ってしまい、選抜では島袋(興南)から4三振を喫してしまいましたが、最終打席でセンター前にはじき返し、一矢を報いることができました。

(守備・走塁面)

残念ながら、よくわからない部分が多かったです。まず、一塁までのタイムを計測できる機会がこの試合ではありませんでした。ただ秋の成績は、49試合で37盗塁と、相当走れる選手であったはずです。その持ち味を発揮しきれなかったことは残念でした。

中堅手としては、打球の反応・まわり込みなど、判断の良さが目立った選手です。俊足を活かした広い守備範囲の持ち主で、守備は結構上手い選手だと思います。ただ地肩に関しては、よくわかりませんでした。ぜひ今度見る機会があったら、守備・走力を見極めたいと思います。

(打撃内容)

成績からすると、三振も多いが四死球も多いかわった選手です。実際に打席を見ていても、かなり力が入り過ぎだろ!と突っ込みたくなるほど、力みを感じさせる構えです。

左オープンスタンスで、グリップを高めに添えます。あらかじめ捕手方向にグリップを引いており、かなり力みが感じられる構えです。ただグッとアゴを引いて、前を見据える姿勢などには、彼の気合を感じずにはいられません。ただこの気合が、選抜では気負いに変わってしまいました。

「平均的な仕掛け」を採用にするように、オーバーフェンスするタイプではありませんが、二塁打・三塁打が多いタイプの中距離タイプなのだと思います。足をゆっくりまわしこんで「間」を作れているのは良いのですが、なんと言っても踏み込んだ足元が動いてしまうので、体が突っ込んで止まりません。そのためことごとく、島袋投手の外のスライダーに泳がされて仕留められておりました。

(今後に向けて)

打撃の準備段階である「トップ」を早く準備できているのは良いのですが、もう少しグリップの引きを緩和して、リラックスを心がけることと、足元がブレないバランスの良いスイングを身につけることが求められると思います。

走力・守備力がありそうな選手なので、あとは上のレベルを意識した打力を身につけられるかで、上のレベルでの活躍も決まって来ると思います。ぜひもう一度甲子園に戻ってきて、じっくりとその勇姿を確認してみたい選手でした。

◯真栄平 大輝(沖縄・興南3年)一塁 179/80 右/左

(どんな選手?)

確か旧チームからのレギュラーで、甲子園でも本塁打を放っていた選手で、興南の中では図抜けた打力の持ち主です。まさにチームの打撃の柱と言った感じの強打者でした。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.45秒弱ぐらい。左打者としては、かなり遅い部類です。秋の成績も、18試合で2盗塁と数字の上からも、このことを裏付けます。ただ一塁まで勢いを緩めることのないプレースタイルには好感が持てる選手です。

一塁手としても、18試合で失策は1個。実際試合を見ていても、可も不可もなしといった印象でした。走・守にアピール度は低いのですが、自分の今やれる能力は、惜しみなく出し切るプレースタイルが、彼の魅力の一つです。

(打撃内容)

秋の成績は、打率.233厘とイマイチでした。しかし選抜では、自分のポイントを持っていて、そこに来た球を逃さない「鋭さ」に磨きがかかった印象です。元々体にも力があり、ツボにはまればスタンドインの長打力も魅力の選手です。

前足を引き、グリップを体の近くに添えつつ、高く捕手側に引いて構える強打者スタイルです。背筋をピンと伸ばし、けして自分のリズムは刻めていませんが、違和感のない構えです。

仕掛けは、「遅すぎる仕掛け」を採用。そのため一定レベルのスピードや伸びのある投手には苦労するかもしれませんが、むしろ速球には強い印象です。足の上げている「間」がない選手なので、打てるポイントは限られております。恐らく速球には強くても、変化球には脆い側面があるように見えました。

ただ小さくステップしてアウトステップして来ます。その足元がブレないので、外角の球でも真ん中~高めの球ならば、ミスショット少なく狙いすまして打てるスイングです。

「トップ」の作りも遅くないですし、深くしっかり取れているので、打球の球足は速いです。ボールを捉えるまでのロスもあまり感じられませんし、ボールを捉える時にバットの先端が下がらないで、広い面で捉えられるのは魅力です。元々体が強くパワーがあるだけでなく、ヘッドスピード自体も鋭く、最後までしっかりバットを振り切ることができています。

少々頭の動きは激しいフォームなのですが、開きも我慢できておりますし、軸足にも強さを感じます。ただスイングの弧の大きさやフォロースルーの形からも、ボールを圧し潰すようなスイングはできますが、遠くに運ぶタイプの打者ではありません。ボールを巻き込んでドンピシャのスタンドインは期待できますが、本質的にはスラッガーではないように思えます。あくまでも強い打球が、野手の間を抜けたり超えたりするタイプの、強打者ではないのでしょうか。

(今後に向けて)

選抜では、その打力が全国レベルでも通用することを実証してくれました。ただ一つ気になるのは、秋の成績が悪かったのは偶然なのか?と言うこと。持論本人の調子云々もあったし、選抜でも一冬を超えて大きく成長したのかもしれません。

しかしながら、対戦経験が豊富な沖縄のライバル校は、彼が緩急・特に緩い変化球に脆いことを、すでに見抜いて、そういう攻めを徹底しているのではないかと危惧するわけです。彼が本当の意味で成長したのか、それともデータの足りない相手だから結果を残せたのかは、この夏の沖縄大会の内容で証明されるのではないかと思います。そう考えると、選抜の活躍だけで単純に、上のレベルでも活躍するとはいい切れない不安も、私には残りました。そのことも重々頭の片隅に置き、夏までに彼が更に成長してくれることも、大いに期待して見守りたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2010年 選抜の逸材12

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月16日(金)01時50分52秒
返信・引用 編集済
  皆様今晩は。仕事も一段落つき、また少し余裕が出来て参りました。週末に向け、更新ペースをあげてきたいと思います。まず今日は、選抜のレポートの続きから。

△松島 真樹(富山・高岡商3年)捕手 179/73 右/左

(どんな選手?)

チームの3番・捕手を務める攻守の要的存在。捕手センスに優れ、好投手・鍋田を上手くリードしておりました。

(ディフェンス面)

ミットをしっかり示すタイプの捕手ではないが、グラブを下げないで捕球する選手です。そのためワンバウンド処理への対応は悪くないのですが、を上から被せようとするミットの出し方には疑問を持ちました。

ただこの選手、ミットを叩いて相手を翻弄するのですが、たいていの選手はミットを叩くと、そことは逆の方向に構えるものですが、彼は叩いたところと同じようなところに、あえてミットを構え、相手の思考を完全に翻弄するなどリードには工夫が観られます。そういったリードセンス・捕手的性格などには、優れた資質を持っている気が致します。

地肩に関しては、正直よくわからず。投手への返球を軽く行う配慮型選手である一方、それほどプレーが丁寧でもなかったり、プレーに貪欲さがないところもあり、その辺が残念でした。

(打撃内容)

一塁までの塁間を4.35秒前後と基準を下回るように、秋の成績は35試合で2盗塁。けして、足を売りにするタイプでは無いようです。秋の大会では、打率.419厘の数字が光るように、対応力で勝負するタイプの打者で、ミート重視のスイングをしてきます。

スクエアスタンスで構え、全体のバランスの良い構えです。仕掛けは「平均的な仕掛け」を採用し、中距離・ポイントゲッタータイプですが、けしてオーバーフェンスをするパンチ力よりも、二塁打・三塁打を放つような中距離打者です。

足を軽く上げ、真っ直ぐ踏み込むタイプ。足をあげてからは「間」も取れていることから、緩急に対応しうる打てるポイントの多いタイプです。踏み込んだ足下もブレませんし、上半身と下半身のバランスの取れたスイングで、打ち損じも少なそうです。

打撃の準備段階である「トップ」が、少し遅れ気味にならないように注意したいです。インパクトまでのスイング軌道には大きなロスも感じられませんし、強く振りきると言うよりは、上手く合わせるタイプの選手です。ミートセンスは悪く無さそうなので、スイングに「強さ」や「鋭さ」を今後は磨いて欲しいです。

頭の動きも小さく開きも我慢できており、軸足にも粘りは感じられます。選抜では結果が出ませんでしたが、技術的にはしっかりしているので、力強さを増して全国レベルの投手の球にも負けないスイングを期待したいです。

(今後に向けて)

攻守にセンスを感じさせる選手であり、技術的にも悪くありません。ただプレー全体に欲が感じられない選手です。最終打席の当たりでヘッドスライディングを魅せてガッツをみせたように見えますが、それならば何故、前の打席の当たりで走塁の勢いを緩めるのかと言う疑問を持ちました。そういった常日頃の野球への意識が変わって来ることを期待して、夏までの更なる成長を期待してみたいと思います。

△小笠原 知弘(和歌山・智弁和歌山2年)遊撃 176/75 右/右

(どんな選手?)

2年生ながら、智弁和歌山の遊撃を任される選手です。打順は下位打線ですが、思いっきりの好いスイングと、安定した遊撃守備が魅力です。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間を4.65秒前後(左打者換算で4.35秒前後)と、足はあまり早くありません。ただ秋の成績は、24試合で10盗塁と結構走っているので、もっと実際は速いタイムで走られるのかもしれません。

遊撃手としては、安定感もありますし地肩も基準レベル以上です。派手さはないのですが、堅実な守備を致します。その辺は、24試合で失策3個と少なめな数字からも伺えますし、一冬越えて更に上手くなっているかもしれません。数字の上からは、守備・走力共に、それなりのものがありそうです。

(打撃内容)

秋までは、打率.250厘と安定感に課題があったようです。その辺もあって、打順も下位打線だったのでしょう。ただしっかり最後まで振り切るので、思いっきりの好いスイングは目立っておりました。

少し前足をベース側に置いておりますが、スクエアスタンス。グリップを高めに添える強打者スタイルです。仕掛けは「平均的な仕掛け」を採用するように、中距離・ポイントゲッタータイプです。まあオーバーフェンスすると言うよりは、二塁打・三塁打が多いタイプの中距離打者だと思われます。

足を軽く浮かし回し込むスタイルで、緩急に対応しうる幅広い打撃は期待できそうです。ただインステップして踏み出す割には、足の地面の離れは早く、巻き込み型でレフト方向への打球が多いタイプのように見えます。ただ高岡商戦では、最終打席にライト前にはじき返したように、右方向への打撃もできるようです。

打撃の準備段階である「トップ」を早めに作れます。インステップする分、懐が窮屈になるところを、早めに腰を開いて対応するあたりに、この選手の非凡さが感じられました。ただボールを捉えるまでのスイングにはロスが感じられ、バットが上から出る割には、大きなスイング軌道を辿ります。ボールを捉えてからも大きな弧を描きつつ、フォロースルーまでしっかり振り抜くのが特徴です。

頭のブレは小さいのですが、腰の開きは早く、それを抑えるのはあまり得意ではないようです。ただ軸足を粘り強く使えるので、それでも外の球にある程度食らいつくことができるのだと思います。

(今後に向けて)

力強いスイングと遊撃守備で、来年は中心打者としての活躍が期待される選手です。今のところドラフト候補云々のスケールは感じませんが、かなり特殊な能力も秘めていて、面白い潜在能力の持ち主です。上手くロスのあるスイングを修正できてくると、持っているものは好いので楽しみです。秋以降の成長が期待される、来年楽しみな選手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

送球

 投稿者:まにー  投稿日:2010年 4月16日(金)01時34分44秒
返信・引用
  蔵さんこんばんは。
蔵さんは最近の投手は球速は出るがストレートの質は落ちたとおっしゃられていましたね。
野手の送球に関してはどうなのでしょうか。
例えば、距離は投げれるが低く鋭いバックホームができる外野手が減っているなど似たような現象が起きているんでしょうか?
 
    (蔵建て男) その辺に関しては、あまり注意して昔から観ていたわけではないので、私には単純に比較できません。まにーさんには、そのように感じられましたか?

ただ最近は、組織プレーも徹底されているので、よほどの強肩でもない限りは、素早くカットが入り中継する方が重視されるのかもしれません。ただ身体能力的には、確かに今の選手の方が、遙かに平均しては高いと思いますが・・・。
 

(無題)

 投稿者:福ちん  投稿日:2010年 4月15日(木)01時41分51秒
返信・引用
  蔵さんこんばんは
ヤフドでの九共大の開幕試合見ましたが、注目の大瀬良が8回から2イニング登板。
初球147で歓声があがりました。
ヤフドでの147はなかなかでません。昨日榎下が145だったかな
その後は変化球使いながらうまく抑えてました。
本当に志望届出してなければいけなかった逸材ですね。
フォームのダイナミックさも惚れ惚れしました。
 
    (蔵建て男) こういった図抜けた素材は、一年生から大学レベルで結果を残せてしまうんですよね。そうすると4年間モチベーションを維持するのは大変なんです。ですから大学の4年間では長すぎの印象を受けます。ですからプロの行くレベルのある選手には、いずれプロなどと言わず高卒で高いレベルの野球を経験して欲しいと思います。  

残念

 投稿者:神奈川二  投稿日:2010年 4月14日(水)22時09分18秒
返信・引用
  春季大会あっさり向上高校負けてしまいました。平田監督の夏までの立て直しに期待します。しかし翌日の新聞には投手を横浜が狙っていると出てました。対する武相高校は桑元監督は順調な滑り出しでした。かなり上位まで行けるようであります。がんばってもらいたい。武相高校は試合を公表して非常に親切な高校です。参考にして蔵さんにも見に行っていただきたいです。  
    (蔵建て男) 武相は、試合日程を発表されている数少ない高校で、私も大変好感を持っております。最近・名門も復活しつつありますので、期待しております。

18日の横須賀Sの試合を観に、武相戦は行くかもしれません。
 

2010年 選抜の逸材11!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月14日(水)07時47分48秒
返信・引用
  皆様おはようございます。選抜の逸材シリーズは、一つ4月中をメドに終えられればなと思っております。役現在、全体の半分程度だと思うのですが、高校野球の本格観戦を前に、なんとか終えたいですね。

△鍋田 浩成(富山・高岡商3年)投手 172/69 右/右

(どんな選手?)

昨年の神宮大会でも取り上げた投手です。小柄ながら、適度なまとまりと経験豊富なマウンド捌きが光る好投手でした。一冬越えて、どんな成長を遂げているのか注目してみました。

(投球内容)

球速は、常時130~MAX136キロと目に見えて変わっていないのですが、以前ほど力なくスポッとミットに収まる感じではありません。ただそれでも球威・球速面と言う意味では物足りません。変化球は、カーブ・スライダー。神宮で投げていた、縦スラらしき球が、この大会では陰を潜め、攻めのバリエーションが少なくなっていたのが残念です。

牽制・フィールディング・クィックも1.2~1.25秒ぐらいと基準レベルを満たし、マウンド捌きなども好い投手です。肉体のポテンシャルに恵まれた投手ではなく、野球センスの良さで、試合を作ってゆくタイプです。

右打者に対しては、アウトコース高め球を集め投球を組み立ててます。左打者に関しては、あまりこの試合ではサンプルに乏しかったのですが、甘く入ったスライダーを打たれるケースが目立ち、制球もやや不安定な気が致します。

投球フォームも、相変わらず無理に腕を高い位置から振ろうして、腕の振りのスムーズさを欠いている印象があります。「開き」も早いのも変わらないのですが、足の甲の抑えが、秋よりはよくなってきたかなあといった感じでした。

(今後に向けて)

やはり伸びしろと言う部分で心配していたのですが、目に見えて大きな成長は感じられませんでした。また技術的にも、投球的にも、あまり工夫が観られず正直残念な内容です。夏に向けて、もう一度足下を見つめなおし、課題の克服に努めて欲しいところです。

△山本 定寛(和歌山・智弁和歌山3年)一塁 180/90 右/右

(どんな選手?)

智弁和歌山でも、一際目を惹く身体を活かした、パワフルな打撃が自慢です。チーム断トツの本塁打と打点を稼ぐ、打線の核的な存在です。

(守備・走塁面)

一塁までの計測タイムは取れませんでしたが、秋は24試合で4盗塁と足を売りにするタイプではないようです。実際にベースランニングなどを観ていると、かなり遅そうと言う印象は否めませんでした。

また一塁手としても、けして上手い選手は見えません。24試合で4エラーの一塁手は、少々いただけなく、その守備力は、春になっても何処まで改善されていたかは疑問です。

(打撃内容)

圧倒的に打撃が売りの選手です。ただ長打を狙い過ぎたのか?選抜では、オーバースイングが目立っておりました。思いっきりが好いのと、オーバースイングが別なことを肝に銘じて欲しいものですが、チームでそれが許される特別な存在なのでしょう。

スクエアスタンスで、グリップを下げ気味に構える選手です。特に自分のリズムで立てているわけではないので、何処か脆そうな印象は拭えません。仕掛けも「遅すぎる仕掛け」を採用するなど、一定レベル以上の球速の投手には立ち後れ気味です。

足を小さく浮かし、真っ直ぐ踏み出します。残念なのは豪快に振る上半身の力に下半身が支えきれず、完全に足下がブレてしまいます。これでは、身体の開きも大きくパワーロスも顕著です。恐らく緩急などに脆く、打てる球は限られていると思われます。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのも遅れ気味です。またボールを捉えるまでのスイングにもロスが感じられ、対応力はいまいち。それでもバットの先端が下がらない意識はあるようなので、的確に捉えた打球はしっかり飛んでゆくようです。強引なまでフルスイングは、ここまでバットを振れるんだと言う意味では希少価値があって嫌いではありません。当たれば強い打球を放てますが、まだまだ課題が多い選手です。基本的に、フォロースルーなどで運ぶと言うよりは、身体の強さで引っぱたくタイプ。強い打球が、野手の間を抜けて選手です。まずは、バットを思いっきり振るのは好いのですが、それを支えられるだけの下半身を作ってからにしていただきたいと思います。

(今後に向けて)

足下のブレ・仕掛けの遅さ・スイング軌道と、自慢の打撃も課題が満載です。それを修正するだけのセンスがあるのかどうなのか?夏まで注目してみたいと思います。この思いっきりの良さは捨てがたいのですが、それをするだけの基礎を、まず身につけて頂きたいと願うばかりです。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

チャレンジマッチと春季沖縄県大会2

 投稿者:半島  投稿日:2010年 4月13日(火)20時00分32秒
返信・引用
  蔵さんこんばんは。
先週の土日にチャレンジマッチが行われ初日の興南ー糸満、小禄ー嘉手納の試合を観戦してきました。一応結果は興南6-2糸満、小禄3-0嘉手納、日曜は小禄5-3興南、嘉手納3-2糸満でした。これにより、小禄・興南・嘉手納・糸満の順に夏の予選のシードとなりました。
糸満は3番手の平良投手が先発するも立ち上がりを狙われ2回までに4失点するも、その後徐々に球にキレが出てきて立ち直り7回まで投げ、8回からは宮国投手が登板し個人的にも興南打線との対戦がどうなるか楽しみでしたが。8回にはエラー絡みで1失点、9回には真栄平選手に右中間を深々と割るタイムリーを打たれるなど精彩に欠けていた印象です。狙われていたのは全て直球だっかと思います。コースはそこまで悪くないと思いますが、やはり球威がないんですよね。興南打線もスイングの迫力を増してきたとはいえ、綺麗に弾き返されてるのが気になりました。興南は砂川投手が先発し初回はリズム良く三人で終わらせるも、2回は先頭打者出すと連打を浴び2失点、3回以降も再三走者出す苦しい投球で5回途中で川満投手に交代となりました。川満投手は秋に比べるとフォームに勢いが出てきて球のキレも増してきた印象でした。ある程度走者出しますが、見ていてある程度安心感がある投手になってきた印象です。
糸満はまだまだチームとして伸びてきてない感じがしますね。夏までに完成度を高めていかないと甲子園は遠いかと思います。
小禄ー嘉手納は点差以上に力の差を感じましたね。小禄は投げては宜野座ー山里が3安打完封リレー、打っては少ないチャンスをつなげ活かしていました。

今日はその小禄高校の選手達です。
田仲 裕士(小禄3年 175・67 右・右 投手)
去年からエースとして活躍していたようです。がっしりとした体格で印象的です。
ノーワインドアップから軽く捻りながら足をゆっくり上げ、お尻を軽く落とし、オーバーから角度をつけて投げてきます。腕の振りはなかなか力強く、また腕を身体で隠し出どころを見えづらくしたフォームです。グラブも抱えられ、投げ終わりのバランスも悪くないです。
球種はカーブ・ツーシーム・フォーク?があったかと思います。直球はどちらかといえば球威型であまり空振りをとれる球質のように感じました。投球は直球とツーシームを武器に打たせて取るタイプの投手だと思います。制球もまずまず良かったです。
クイックや牽制はまずまずで、昨年から投げていたので経験豊富なのかマウンド捌きも良かったと思います。
今回は4回途中までしか見れなかったので、良くわからなかった部分も多いので次回は長いイニングを見たいですね。


宜野座 嗣峻(小禄3年 178・66 右・右 投手)
小禄の2番手投手ですが他校でも十分エースになれるくらいの力があります。こちらもがっしりとした体格です。
セットからノーワインドアップで、足をゆっくり上げ、軽く捻り少しお尻を落とし、真上から角度をつけて投げ込んできます。かなり腰が高く上体主導のフォームです。それもあいまって身長以上の角度がつく感じです。そしてテイクバックも小さめです。グラブも抱えられ、投げ終わりのバランスも良いです。
球種はスライダー・カーブ・フォークと一通り投げられるようです。直球はなかなかキレと球威を感じさせ角度もあるので打者にとっても迫力がある球ではないでしょうか。決め球としてフォークがあり落差とキレがあり打者から空振りがとれます。スライダーは少しドロンとした感じで、イマイチキレや制球は良くないです。基本的には直球でぐいぐい押す投球をしてきます。制球は荒れ球気味かなと思いきや低めにしっかりと集めることができまずまず良いです。細かい制球はあるわけではないですが、ある程度高さ・横を使うことが出来ます。
クイックは平均的という感じですが、牽制はあまり上手くありません。フィールディングは反応も良くまずまず上手いです。
チャレンジマッチの2試合でも先発したようで嘉手納・興南打線をしっかりと抑えていました。
直球やフォークは良いですが、他の変化球がまだまだかなと思います。素材としてもなかなかだと思うので、夏までにどれくらい伸びてくるか楽しみな投手です。

山里 悠也(小禄2年 172・60 左・左 一塁手&投手)
小禄の三番手投手で、8・9回を任せられるクローザー的な役割を務めています。身長はもう少し大きく見えたので今では175以上はあるんじゃないかと思います。
振りかぶり足をすっと上げて、オーバーから投げ込んできます。テンポがやや単調なフォームという感じで、またあまり力感を感じさせないですね。しかし腕の振りはまずまず柔らかく肘から綺麗に出てきます。そして球持ちもいいです。
球種はスライダーとカーブがあったと思います。直球はそこまで球速があるように感じませんでしたが、結構キレを感じさせます。この投手の良い所は、右打者に食い込んでくるクロスファイヤー、左打者からは遠く感じるこのコースへ安定して投げることが出来るとこです。右打者へはほとんどクロスファイヤーで攻めてきます。これは右打者がストライクでも思わず腰を引いてしまう感じでなかなかの威力です。角度もあるので厄介な球筋です。ただ球威には欠けるので力で持っていかれたなと思われるケースも見られました。左打者には直球と緩いカーブを集めてきます。
役割的にもクローザーなので打者も一回り目まではなかなか崩すのは難しい投手かなと思います。
個人的にはもう少しフォームに力感が出て直球に球威が出てくると長いイニングも十分任せられる投手になるかなと思います。あと一年あるのでどれくらい成長するか楽しみです。

大城 陽平(小禄3年 168・60 右・右 遊撃手)
小柄な選手ですが小禄打線の4番を任されています。
オープンで構え、グリップの位置はそこまで高くなく胸の位置くらいでまたあまり捕手寄りでもないです。身体を揺らしながらリズムをとり、始動も早めに軽くグリップを軽く後ろへ引き振って来ます。捉えてからは結構大きいスイングで上手く球をバットに乗せる感じです。また春季の決勝では宮国投手から本塁打を打ったようでパンチ力もあります。
打球も鋭いですし、芯できっちり捉えてる感じでミートセンスやバットコントロールが上手い選手です。強引さがない選手でセンターを中心に弾き返す打撃をしてきます。2試合観戦しましたが、第一打席は凡退しても以降の打席ではそれを活かしてかきっちり結果を残してきますし、対応力も高いと思いますし頭も良い選手ではないかと思います。
選球眼も良く、際どいコースはカットしてきますし走者がいると一段と集中力高くなり繋げていく打撃をしてきます。4番を任されていますし勝負強い打者ですね。
守備面では反応も良くグラブ捌きや足運びもなかなか柔らかい選手です。打撃もそうですが全体的に柔らかさがある選手です。地肩はまずまずですが、スローイングが横から出てくるのが気になります。他の内野手陣もそのような感じなので監督の指導なのかな?足もなかなか速い選手です。
タイプ的にはアベレージタイプかな?ただパンチ力もあり守備力もあるので走攻守が高くまとまった選手だと思います。

小禄はあまり観戦の機会がなかったチームですが、目立つ選手はいないも3人の力のある投手陣を中心に守りから入るチームですね。打線は大物打ちはいませんが繋ぐことを全員が意識し、また球も見極めてくるので怖さはないですが嫌らしい打線ですね。夏もまた見てみたいチームです。
 
    (蔵建て男) 小禄は、強いですね。夏に向けて有力な一校と言うことでしょうか。

春季九州大会の組み合わせも発表され、三日間とも北九州市民球場で観戦しようと思います。大会初日に糸満の試合が観られると思いますので、半島さんなどのレポートを頭の片隅に置きながら選手達を観てみたいと思います。
 

亜細亜対東洋戦

 投稿者:スラーブ  投稿日:2010年 4月13日(火)17時01分22秒
返信・引用
  久しぶりの投稿失礼します。
法政対立正のオープン戦観に行った時蔵さんらしき人を見かけましたが声かけれなかったです。
また機会がございましたらご挨拶させていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

さて亜細亜対東洋の試合観に行きましたが東浜投手悪い意味で普通の140キロ右腕になってしまったなという印象を受けました。

今年初めて観ましたが以前はふりかぶってじわじわとゆっくり軸足に体重を乗っけていきピュッとキレのある球を投げていたと思います。

今日観たら常時セットポジションで軸足に体重を早く乗せてしまい左足を早く上げた結果、打者は12の3で打ててしまうのかなと思います。

配球に関してはストレート主体なのは良いのですが、変化球が130キロ台が殆どのためストレートとの球速差がなく打者タイミング取りやすかったと思います。

ランナーを背負ってもプレートを殆どはずさないし牽制も今回の試合では殆どなげなかった事も気になりました。

亜細亜の中西外野手左右の違いがありますが打席での雰囲気が中原に似てませんか?

ネクストで打席のブルーノ君に声かけるあたりやファーストストライクを振るあたり積極性は中原よりあるなぁという印象をもちました。

長くなりましたがまたよろしくお願いします。
 
    (蔵建て男) 東浜は、確かにこの間の試合を観る限り、テンポも悪く普通の投手になってしまったなあと言う印象で残念でした。しいて収穫をあげれば、ツーシームだと思うのですが、シュート回転して高速で沈む球が、結構有効だったところでしょうか。緩急・テンポ・間の取り方が悪くなり、かなり窮屈な投球を自らしていたなと思います。

先日の亜大戦は、すでにメンバー表もなく、あまり亜大の野手陣を注意して観られませんでした。もし観られる機会がありましたら、中西選手のプレースタイルにも注目して観てみたいと思います。立正大戦は、大変多くの方が観にこられておりましたね。ぜひ機会があれば、遠慮なくお声をおかけくださいませ。
 

前橋工・富澤達貴左翼手

 投稿者:前橋工甲子会メール  投稿日:2010年 4月12日(月)21時31分8秒
返信・引用
  蔵さん、前橋工・平井東投手の寸評、ありがとうございました。
選抜甲子園では、無安打に終わった、前橋工4番・富澤達貴左翼手が、春季群馬大会の初打席で、不振を払拭する、弾丸本塁打を放ちました。
前橋市民球場の右中間最深部にライナーで、放り込み、復調をアピール。
夏に向けての成長に期待大です。
 
    (蔵建て男) 前工選手達の、夏までの成長を楽しみにしております。ぜひガンガンアピールしてくださいませ。  

2010年 選抜の逸材10!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月12日(月)18時49分41秒
返信・引用 編集済
  皆様今晩は。今日は、早めに時間が空いたので、この時間から少しずつ更新などを進めて行けたらと思います。本日も、選抜の短評から行って行きたいと思います。

○白石 猛紘(岩手・盛岡大附3年)投手 177/75 右/左

(どんな投手?)

背番号1を付けながら、リリーフで登場する投手です。ウェートの乗った本物のストレートを投げ込める数少ない投手です。

(投球内容)

球速は、リリーフと言うこともあり力任せで、常時135~MAX142キロにまで到達。体重がグッと乗った球威と伸びを兼ね備えたボリューム感溢れる球質が魅力です。変化球は、カーブ・スライダーとオーソドックスなスタイル。この日は、かなり球が暴れて、普段よりも制球が悪かったのではないのでしょうか。秋の成績では、イニング1/3強程度だった四死球が、中京大中京戦では、4イニングで3四死球。球威・球速が上がった分、制球が悪くなったのか?それとも大舞台で緊張したのか?はたまた、速い球を魅せようと力んだのかは、この試合だけではよくわかりません。

ただ少なくても、枠の中に集められても、それほど細かくボールを投げわけて来るタイプではないようです。特に左打者から痛打を浴びていたように、ボールの見やすさが気になるところ。牽制も平均的、クィックも1.3秒前後と、野球センスに秀でると言うよりは、肉体のポテンシャルで押す馬力型です。

(投球フォーム)

ワインドアップで振りかぶり、お尻が一塁側に落とせないフォームなので、将来的に緩急を効かせたカーブや縦に鋭く落ちるフォークの系の修得は厳しいか、身体への負担の大きなフォームだと言えそうです。

グラブは胸元に最後まで抱え込まれており、球持ちも好いので、元来はあそこまで球が暴れるタイプなのでしょうか?ただ膝に余裕なく、突っ込みがちなフォームになるので、その辺を常に意識ができるようになると、もう少し制球も安定してくると思います。

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」の中では、「球持ち」に良さを感じます。一見ラフそうな投球フォームでも、意外にボールにしっかり力を伝えられるリリースをしているので、球質も良いのでしょう。「体重移動」も、思ったほど悪くなく、下半身のリードが下手な投手に見えましたが、そんなことはありませんでした。ただ「着地」までの粘りはもう一つで、何よりフォームが直線的で、打者からボールが見やすいところを、今後如何に改善して行けるのかがポイントになると思います。

(今後に向けて)

お尻が落とせないことによる、バリエーションの増加を実現できるのか?と言う不安と、ボールが見やすいフォームを、如何に改善できるのかが、将来に向けてのポイントです。

ボールが暴れていて、非常に荒削りな素材なのかな?と思ったのですが、実は基礎となる土台は、中々しっかりしていることがわかりました。秋から春の間に、球速を確実に伸ばせたのも、土台となるフォームの良さに、確かな鍛錬を積んだからでしょう。ちょっと高校からプロに行くには時間が足りない印象ですが、大学などで資質を伸ばせば、もうワンランク・ツーランク上の球威・球速を身につけられるでしょうし、投球内容にも磨きがかけられる可能性を秘めていると思います。いずれはプロと言う可能性も秘めた、将来楽しみな投手なのではないのでしょうか。

△槻館 洋弥(岩手・盛岡大附3年)捕手 177/80 右/右

(どんな選手?)

旧チームからマスクを被っている選手で、昨春に生でも観たことがある選手です。4番・捕手を務めるようになり、一冬越えてチームの中心選手に成長いたしました。

(ディフェンス面)

フットワークを活かしこまめに動き、テンポの好いリードを重視するスタイルです。ミットを示した後に、地面に降ろすことがないので、ワンバウンド処理などへの対応も素早く、次の動作への移行が速い選手です。何よりプレーに集中しており、打球への反応にも優れるなど肉体的にも精神的にも優れた好捕手です。

ただキャッチングに関しては、ミットを動かさないのは悪くないのですが、ボールを押し込むようなキャッチングではありません。特にミットの出し方が悪いとは思いませんが、それほど関心はしませんでした。ただスローイングに関しては、一連の流れの中で投げることができ、1.95秒前後の到達タイムは、高校生としては上位レベルで好感が持てます。

捕手としても、けして細かい部分まで気が行かない選手でもないですし、タイムの入れ方なども悪くはありません。ただテンポを重視するあまりに、投手の制球が定まらないのに素早く返球して精神的なゆとりを奪い、座ったまま返す返球が雑で投手に余計な負担をかけたりと、投手への配慮に欠ける自己満足のプレーに走る傾向が強いです。どうしてもチームの中心選手としての自負はあるのでしょうが、上のレベルで捕手を続けて行くのであれば、もう少し投手への配慮も学ばないと、信頼は勝ち得ないと思います。大舞台で、投手達の制球が乱れた要因には、彼のプレースタイルにも一因があったと私は考えます。返球の強弱一つとっても、それを状況によって使い分ける、人間としての幅を持って欲しいですね。

(打撃内容)

基本的には、ボールを遠くに運ぶタイプではなく、鋭く野手の間や内野手の頭の上を超すような当たりで、はじき返す打撃が得意のようです。その証に、秋は40試合で本塁打1と言う成績でした。

スクエアスタンスで、グリップを高めに添えます。全体のバランスは平均的なのですが、少し自分のリズムを刻めないので、上体に固さを感じなくもありません。

仕掛けは「平均的な仕掛け」を採用するなど、中距離・ポイントゲッタータイプ。足を引き上げ回し込むことで「間」を作り、スピードの変化にも対応しやすいタイプです。すなわち打てるコースは限られているような固さは感じられますが、緩急などのスピードの変化には対応しうるタイプなのではないのでしょうか。それでも踏み込んだ足下は、なんとかブレを最低限に抑え、開きを我慢して外の球に対応したり、打ち損じの少ないスイングをしております。

気になるのは、打撃の準備段階である「トップ」をきっちり作れないのと、少し立ち後れ気味な点です。平均的な仕掛けを採用しているのに、ボールを遠くに飛べないのは、トップが浅い上に、それほど遊びの部分がないからだと思われます。

ただバットを上から振り下ろしてくる選手なので、インパクトまでロスなくボールを捉えることができます。またボールを捉えてからのスイング軌道もコンパクトで、鋭くしっかり振り切る腕っぷしの強さは感じさせます。ただ長打は望み難いのですが、捕手らしくはじき返す打撃には、水準を満たす技量がありそうです。

(今後に向けて)

肉体的な資質も兼ね備え・捕手としても水準を満たすだけの打力があるなど、攻守にバランスの取れたプレーヤーです。また高校生レベルの捕手としては、かなりレベルの高い選手だと言えるでしょう。

ただ気になるのは、プロの捕手に不可欠な配慮に欠ける点が、将来的にどうなのかな?と思える部分です。素材的にもそれほどスケール感じませんが、中々好い選手です。志しを高く持って、心身共に一流の領域に到達して頂きたい。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

岐阜大学リーグ

 投稿者:kimi  投稿日:2010年 4月11日(日)23時43分37秒
返信・引用
  蔵さんこんばんは、

今日は長良川球場に岐阜大学リーグを観にいってきました。
2試合とも緊迫した好ゲームでしたし、新戦力も多く確認できて充実した観戦でした。

第1試合は中京学院大が4-1で朝日大に勝ちました。
お目当ての池ノ内は最終学年になって一皮むけた感じです。150キロ投げる投手がいると聞き、2年の秋から毎シーズン観戦にいきましたが、3回とも143キロ止まりで、投球自体も単調でした。この日は球速や内容ともども格段に良くなっていました。
スカウトが1人観に来ていましたが、池ノ内目当てかと思います。
球速は長良川球場のスコアボードのものです。

池ノ内 亮介(中京学院大 新4年 投手 右/右 177/75 中京)
フォームはスリークォーターで変わっていないのですが、かなり力強い投げ方になっていました。後述しますが、3回のピンチをきっかけに球速がアップし、その後は常時144前後をマークするようになります。ストレートと同じ腕の振りで130キロ台のスライダー(曲がりは小さい)を投げますので打者は面喰います。クイックや牽制も年々上達していますし、本当にピッチャーらしくなってきました。変化球はスライダーにタテスラらしき落ちる球がありました。昨秋はフォークも投げてましたが、おそらくタテスラかと・・・。
今日の試合がきっかけなのかはわかりませんが、成長の跡が伺える投球でした。ただファールで粘られるなど絶対的な決め球が無いことや、この日も150球近く投げるなど無駄球が多いところが課題でしょうか。

投球内容はこんな感じです。
元々立ち上がりが悪く、いきなり先頭の中本健太をストレートの四球で歩かせます。次打者の送りバントを二塁で刺すと2回までは無難に抑えました。
3回に四球ヒット四球で満塁のピンチを招くと、ここで開き直ったのか急に腕を強く降るようになります。136,7だったストレートが144を計測し、2番の金をストレートだけで三球三振。続く安原にはうまくライト前に運ばれて1点を失いますが、続く4番の中本翔太のときに147キロを連発します。最後は落ちる球で三振。続く5番鎌田は初球を打ってショートゴロと、このピンチを1失点で切り抜けました。
5回にも一死一三塁で4番中本翔太を迎えますが、ここもストレートで追い込んで落ちる球で三振、続く鎌田もフルカウントから高めのスライダーを振らせて三振に打ち取ります。このとき2-2からの高めに抜けた球がこの日最速の149キロを計測しました。
6回以降は適度に抜きながらも要所では140中盤のストレートで抑えこむ投球でパーフェクト、最後は代打の2年の山田智(土岐商時代は場外ホームランを打つなどスラッガーとして名の知れた選手でした)を148キロのストレートで三振に打ち取りました。
終わってみれば強打の朝日大を4安打1失点で完投しました。四球は5、奪三振9という結果でした。

ほか気になった選手です。
岡安 剛志(朝日大 新1年 投手 大垣商)
昨年の大垣商の4番エースだった選手です。2年秋に市岐商を倒したときは投打に活躍しました。
3番手として5回から登板し、3イニングを3安打1失点という内容でした。高校時は球威・球速がそれほどなく(120後半)、ストレートにスライダーやシンカーでコースをつく投球でした。高校のときとそれほど投球内容は変わりませんでしたが、打ちにくさや制球の良さといった持ち味がよく出ていました。この日の最速は132でした。

菊池 涼介(中京学院大 新3年 遊撃 右/右 170/70 武蔵工大二)
昨春に三冠王を獲得し、全日本代表候補にも選ばれた選手です。積極的に盗塁を仕掛けてくるタイプではありませんが、足はまずまずです。バットコントロールもうまく、内角の厳しいコースもきれいにレフト前に捌いていました。守備は以前よりも堅実になっていました。

ドラフト候補として名前が挙がっている中本健太は、1番ライトでの出場でした。昨夏のオープン戦ではセンターを守っており、上級生になってからはキャッチャーで出場しているのを観たことがありません。巧打で足も速いですが、外野手としてみると失礼ですが物足りないかと思います。この日は2の0、2四球で特に目立つ活躍は無かったです。
朝日大の1年生では聖光にいた田村勝歩がショートの守備で途中出場していました。


第二試合は中部学院大が岐阜大に4-1で勝ちました。前日が10-0で6回コールド勝ちなので、この日も中部学院が楽に勝つかと思っていましたが、岐阜大が7回まで1-1と善戦し、最後まで食い下がりました。
岐阜大は国立大で毎年6位なのですが、毎年のように技巧派の好投手がいるため、一方的に負ける試合が少ないですし、1シーズンで2,3勝するときもあります。この日も1,2番が執拗にセーフティーバントを試みるなど、なんとか一丸となって食らいついていくのをみると、勝たせてあげたいなあと思うようになります。
先発の清水泰吏(新2年 右/右 182/72 大垣北)は90キロ後半のカーブと120キロ後半(最速は133)のストレートのコンビネーションで、最後まで粘り強く投げました。ストレートが外角一杯に決まるとなかなか手が出ないですし、カーブも低めに落としてきます。疲れのみえた8回に四球を出すまでは無四球で、三振は8個奪いました。170球を投げての完投勝利とほんとによく投げました。

一方の中部学院大は昨年も観た新2年の右サイド投手の大沼が8回を4安打1失点と好投しました。球速は120後半と物足りないのですが、シュートとスライダーで両サイドをついてきますし、ストレートのキレもなかなかです。
打撃では中井の活躍が光りました。重苦しい展開だった同点の7回に均衡を破るレフトオーバーのツーベース、9回にはレフトへダメ押しツーランと、ここ一番での勝負強さは健在でした。

新戦力では2番に松田(県岐商)、6番に節(岐阜城北)、8番に上西(県和歌山商)が入っていました。節は城北時代もパンチ力のある1番打者として活躍していましたし、守備のフットワークも良い選手です。
中部学院には他にも多治見幸大(光星学院)や杉島隆文(市岐商)などの有望選手が入学しているので今後が楽しみです。


すみません、ここから余談です。
7日の地元紙に岐阜の高校野球の春季大会の組み合わせがのっていましたが、大垣日大と県岐商の優勝候補は決勝まで進まないと対戦しない組み合わせになりました。謹慎中の中京は参加していませんので(秋にベスト4に残れば無条件で出場できます)、この二強でほぼ堅いです。
県岐商は大型右腕の三輪が本格化していると大垣日大に対抗できるのではと思います。
あとは下級生に中心選手が多かった帝京可児、毎年安定した強さの土岐商と大垣商がどうからむかでしょうか。
県岐商から専大に進んだ山田がいきなり開幕戦に投げており、びっくりしました。今年は中京の加藤くらいしか名前が出てきていませんが、春から夏にかけて好選手が出てくることを願ってます。山田も夏予選で観るまでは全くノーマークでしたし。
 
    (蔵建て男) 岐阜リーグのレポート有り難うございます。池ノ内は、MAX149キロですか、今年の東海地区は人材が豊富ですね。

元々東海地区の大学情報は、レベルが低かったのが上がったと言うよりは、学校数も多く人材が散って、中々情報が表に出にくかったのだと思います。愛知リーグも2部でも人材が豊富ですし、その多様さは今や近畿地区以上ではないかと思います。早く静岡・岐阜・三重の各リーグの優勝チームそれぞれに大学選手権への出場権を与えて欲しいですね。

やはり岐阜の高校球界は、中京の加藤の復活のポイントになるのでしょうね。本格派左腕としてしては、全国でも1,2を争う素材でしょうから、その成長ぶりが多いに注目されます。
 

2010年 選抜の逸材9!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月11日(日)21時26分16秒
返信・引用
  ようやく少しずつ時間が取れるようになり、更新量を増やすことが出来ております。少しずつですが、選抜の寸評も作成でき、本格的な高校野球の観戦を前に、ページの内容も充実させようと思っております。

◯前仲 正志(兵庫・神港学園3年)投手 173/72 右/右

(どんな選手?)

小柄ながら、スリークオーターから140キロを超える伸びのある球を投げ込んで来る好投手です。淡々と自分のペースを保ちながら、安定したマウンド捌きが印象的でした。

(投球内容)

テイクバックした時に、かなり肘が下がって出てくるスリークォーターです。球速は、135~MAX141キロぐらい。手元までしっかり伸びてくる速球には、見るべきものがありました。変化球は、カーブ・スライダーとオーソドックス配球でした。

牽制は平均レベルでしたが、クィックは1.15秒前後と基準以上。左右の打者相手にも、アウトコースにしっかりコントロールする制球力、洗練されたマウンド捌きの持ち主。細かいところまで神経が行く選手で、投手らしい一面を覗かせてくれました。

課題は、開きが早くボールが見やすいフォーム。そして高めに甘く浮いた球を痛打されるなど、外角中心の配球とフォームに課題を残します。ただ、けして狙って内角を投げられないわけではないので、意識的に夏に向けて、投球の幅を広げたいところです。

(今後に向けて)

将来的に、緩急系の球や縦の変化を習得しにくいフォームなのが気になります。そのため配球を工夫したり、チェンジアップやシンカー系の球を習得したりして、ピッチングの幅を広げて欲しいところです。

投手としては、ある程度「投球のできる投手」なので、大学などでも、比較的早い段階から頭角を現すタイプだと思います。けして高卒プロとかそういったスケール型ではないのですが、大学などで実績を残すことで、次の扉が開けるタイプです。ぜひ上のレベルでも通用する実戦力を身につけて、活躍していって欲しいと思います。

△筒井 太響(高知・高知3年)投手 168/75 左/左

(どんな選手?)

昨秋の時もレポート致しましたが、その時と球威・球速面はあまり変わっておりませんでした。ただもっとスリークォーター気味の、左投手独特の背中越しから来る感じの球筋に特徴があったように記憶しておりますが、選抜ではオーソドックスな投げ方に変わっていたように思えます。

(投球内容)

球速は、常時125キロ前後~MAXで130キロほどと、選抜に出場した投手の中でも、球威・球速では下位の部類でした。ただ低めに丹念にボールを集めて討ち取るのが、この投手の身上。カーブ・スライダーを織り交ぜ、粘り強い投球で、甲子園でも持ち味を発揮致しました。

特にこの投手は、追い込んでから低めのボールゾーンに切れ込む変化球で、上手く三振を奪っておりました。背中越しから来る球筋が陰を潜めた分、高低の変化に特徴が出始めた気が致します。左腕らしく牽制は上手いのですが、クィックができない投手です。試合を組み立てるセンスがあり、投球センスと安定した制球力に秀でた実戦派左腕です。

(今後に向けて)

球に凄みはないので、完全にアマチュアタイプの好投手です。ただ「投球のできる左腕」は貴重なので、球威・球速は物足りなくても、大学などに進んでも野球を続けて行ける素材です。

その投球のまとまりからも、比較的早い時期から大学でもチャンスをもらえるかもしれません。何か武器になる球を身につけ、これからの進化を期待してみたい投手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

愛知大学リーグ二部

 投稿者:kimi  投稿日:2010年 4月11日(日)00時21分31秒
返信・引用
  蔵さんこんばんは、

土日と実家に帰省しています。
今日は愛産大グラウンドに愛知大学リーグの二部を見てきましたのでレポートします。

このリーグで使われる大学のグラウンドはアクセスが不便なところが多いのですが、愛産大は名鉄の藤川駅を降りて歩いて10分くらいでした。まあ特急止まらないですし、豊川よりの岡崎なので名古屋から30分以上かかりますが・・・。名城大のグラウンドもリーグ戦で使っていますが、こちらは車を使わないと厳しいので諦めました。

グラウンドは選手との距離が近いのですが、バックネット裏に小屋があり、真後ろからは観ることができません。小屋とネットの間は各大学のスコアラーが陣取っていますので、立ち見かベンチ(20人くらい座れる)での観戦になります。カウント表示盤がキャッチャーの真後ろにあるので全く見えないなど、グラウンドは立派なのですがあまりお勧めできる観戦状況ではなかったです。
この日のお目当ては日福大の鶴田と愛産大の投手でした。愛産大の投手は高校卒業時に某球団の育成枠指名の話があったという噂があり、観ておきたかったのですがこの日は登板しなかったようです。

第一試合があまり見どころがなく、瑞穂にいくべきだったかなあと思いましたが、第二試合が日福大鶴田と東海学園田島の見ごたえのある投手戦で、十分元はとれました。鶴田は去年も2回見損ねたので・・・。
試合の方は2-0で東海学園が日福大を倒しました。2回に一死満塁からタイムリー、3回に一死三塁から野選で得点し、あとは田島が危なげなく抑えました。

鶴田 健太(日本福祉大 新4年 投手 右/左 183/85 静岡高)
社会人入社後に大学に入りなおした投手で、増井(日通に進んだほうでしたっけ?)らと甲子園でも投げています。
常時セットから投げるオーバースロー投手です。オーソドックスなフォームですが、やや開きが速いのと、踏み込む左足が結構外寄りなのが気になりました。クイックや牽制はあまり速くなかったです。
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップにシュートと多彩です。ストレートとスライダーでカウントを稼ぎ、左打者には外角に115キロ前後くらいのシュートやチェンジアップを、右打者には外のスライダーを振らせるパターンが目立ちました。抜くところは抜いて、勝負どころで力を入れてくるような感じです。6回以降は球威やキレが落ちていましたが、序盤の2点だけで抑えたのはさすがです。1球だけ140を計測しましたが、あとは抜いたときで130前半、力を入れたときで136前後でした。
内角の厳しいコースも攻めてきます。2回に先頭の4番田中の顔面付近に投げ込んだあとも、続けてインコースを攻めてきました(3球目が足に当たって死球に)。
6安打5四死球で2失点なので、強打の相手に内容的にはまずまずでした。死球2つに敬遠四球が2つあったので、四球は1つだけでした。制球はアバウトながら四球で崩れるタイプではありません。ただランナーがいないときの暴投が多く、力が入りすぎていたような感じでした。低めに投げようという意識はあるのですが、打たれた球は高かったり甘かったりと、たまにあれっというような球がきていました。

田島 慎二(東海学園大 新3年 投手 右/右 179/179 中部大第一)
去年の春に一部の試合で一度観ているのですが、その時は力任せに投げている感じでした。初回は144キロ出ていたのが4回には5キロほど落ちており、フォームも堅かったのですが、この日は見違えるようによくなっていました。
ストレートは最速で146、常時142,3を計測していました。基本スリークォーターですが、稀に腕を下げて投げることもあります。クイックや牽制はまずまずです。
変化球はスライダーとチェンジアップがあり、スライダーは精度が高いです。右打者にはスライダーで追い込んでアウトローにストレート勝負、左打者にはアウトローのシンカーぽいチェンジアップを振らせていました。特に右打者のアウトローの速球は素晴らしい伸びでした。
制球も上達しており、ほとんどが低めに決まりますし、球威があるので打球が飛びません。
序盤はストレート主体で3回までに5奪三振。2回り目はやや抜いてきて凡打の山を築く投球でした。9回にも143を計測するなど、球威は衰えませんでした。
許したランナーは死球(避けなかったため)とセンター前へのヒット1本のみ、詰まったフライに突っ込んだセンターが大きくはじいてツーベースにしてしまったものです。三振8、ゴロアウト16、フライアウト3で、中盤以降はほとんどが詰まった内野ゴロで、フライも外野の定位置よりも前のものばかりでした。

鶴田は4年生ということを考えると、今日の内容ではドラフト候補としては物足りない内容でした。対照的に田島は来年非常に楽しみです。また観戦したいと思わせる好投手でした。

ここからは余談ですが、パンフをみると四年生が既に引退したのか例年より全体的に少なかったです。一部リーグでは愛学大が3人、二部でも今日観戦した名産大は1人、日福大は3番中根、4番川端とエースの鶴田とこちらも3人のみでした。
一番驚いたのが愛学大の4年生投手がゼロで、小川の名前が名簿になかったことです。小川は3月の社会人対抗戦では投げていたようなので、また観戦できるのを楽しみにしていただけに本当に残念です。独立リーグや社会人などで続けてほしいと願っています。
 
    (蔵建て男) 貴重な愛知リーグ二部の情報ありがとうございます。鶴田投手は、思ったよりも球速が出ていないんで驚きました。高校時代からイメージだと、140キロ台連発なんて投手に育っているのかと思っておりましたが。

田島と言う投手はよく知りませんが、来年に向けて楽しみな存在ですね。全国でもトップクラスの激しい戦いが繰り広げられているリーグ戦。その激しい環境が、次から次へと人材が出現する源なのだと思います。できれば春の間に、一部のリーグ戦ぐらいは押さえたいとは思っているのすが・・・。
 

(無題)

 投稿者:よぅ  投稿日:2010年 4月10日(土)21時09分28秒
返信・引用
  たまに長崎関連の情報書きますね。
個人的に今村に負けない素材だと思ってた九共大瀬良のオープン戦、毎試合MAX140後半出たらしく、MAX148になり、大学、社会人(JR九、ホンダ熊本)相手で22回投げて33奪三振で無失点だったらしいです。
今日福大相手に初失点したみたいですが
 
    (蔵建て男) 昨夏に☆をつけた選手でしたが、九共大に進んだんですよね。早くも頭角を現しているようで、4年後が楽しみな大器です。九共大から、久々のドラ1投手誕生の日が、今から楽しみです。  

2010年 選抜の逸材8!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月10日(土)18時48分2秒
返信・引用 編集済
  皆様今晩は。選抜の逸材シリーズも、生観戦なども相まって、とてもまったりさせて頂いております。4月中にメドがつけばと思っておりますでの、どうか気長にお付き合いくださいませ。

△川部 開大(京都・立命館宇治2年)投手 180/73 左/左

(どんな選手?)

180センチ台の大型左腕ですが、バランスを重視した技巧派左腕です。球速はありませんが、キレのある球質とマウンド捌きの良さが、来年向けて楽しみな投手です。

(投球内容)

ランナーがいなくても、セットポジションから投げ込んできます。球速は、125キロ~MAX132キロ程度なのですが、球速以上に球が手元まで伸びたりする点は評価できます。左腕らしい大きなカーブに、スクリュー系の球も併せ持つと言っておりますが、試合ではよくわかりませんでした。。

ただ、この手の技巧派にしては、結構球のバラツキが顕著で、制球はアバウトです。特に速球は暴れますし、カーブも低めの地面に向かって落ちて行くので、見極められると投球が苦しくなります。そのためヒットの多くは、狙いすまされ甘く入った速球を打たれておりました。

(今後に向けて)

特に現時点では、球威・球速・制球力・フォームなど、特別特徴らしい特徴は見いだせません。ただ強豪・立命館宇治において2年春にはエースナンバーを背負うなど、投手として、ある程度の形ができている投手です。この土台を元に、最終学年までに何処まで成長するのか注目したいです。180センチ台で「投球のできる」投手ですから、球威・球速が増してくるようだと楽しみな存在です。大型左腕故に、成長もゆっくりなようなので、少し長い目で見守ってみたいと思います。

△小崎 裕之(京都・立命館宇治3年)捕手 175/80 右/右

(どんな選手?)

塁間を1.7秒台でスローイングできると言う超高校級の強肩に、ドラフト指名候補の有原(広陵)投手のストレートにも力負けしないで鋭くはじき返す強打も兼ね備える、攻守にバランスの取れた捕手です。

(ディフェンス面)

この捕手は、リズムの良いテンポを意識し、軽く返球したりして、投手を気持ち良く乗せることを重視した配慮型捕手です。ミットを投手にしっかり示すタイプではありませんが、ミットを下げることなく構えます。フットワークの流れもよく、ボールへの反応や次の動作への移行は悪くなさそうです。そのためスローイングのタイムを計測できる機会はなかったのですが、二塁への送球などを見てみると、コンパクトで噂の片鱗を覗かせてくれました。きっち生で見た場合は、投球練習後のスローイングや飛びだしたランナーにスローイングすることで、相手への威嚇を功を奏したのか?この試合では、盗塁を試みさせる気力を削いだのだと思います。

ただグラブ捌きなどは柔らかいのですが、ボールに力負けしないような押し込めるキャッチングができず、しっかり捕球すると言う点では課題を残します。またリード面には疑問が残る部分も多く、まだまだ課題の多い選手です。

ただ捕手的適正がありそうな性格なのと、なんと言っても素早いスローイングには、目を見張るものがあります。あとは、キャッチングやリード面など、しっかり指導できる環境で野球を続けられることを期待したいですね。

(打撃内容)

チームの5番打者を務め・更に有原レベルの速球にも力負けしないスイングなど、打力は想像以上のものがありました。また塁間を4.3秒前半(左打者換算で4.0秒前半に相当)する脚力は、プロレベルに混ぜても俊足レベルです。

足を軽く浮かし、真っ直ぐ踏み込むタイプです。高知高戦では、ライト線に抜ける当たりを魅せましたが、元来踏み込んだ足元が地面から離れるのが早いタイプ。そのため巻き込んで引っ張る打撃が、得意なのだと思います。

打撃の準備段階である「トップ」に関しては、かなり浅くロスのないように作ります。そのため打球強さは大したことはないのですが、コンパクトにインパクトまで無駄なく振りぬけるタイプです。それ故ボールを捉えるセンスは悪くなく、捕手らしく野手の間や頭を上を越すような、はじき返す打撃は期待できそうです。すでに有原レベルのスピードに対応できる動体視力や反射神経の持ち主であり、むしろ課題は外に逃げて行くスライダーなど、変化球への対応ではないのでしょうか。ただ打力も、捕手としては一定水準のものを持っていると思います。

(今後に向けて)

まず体格や持っているポテンシャル的なことを考えると、高卒プロと言う素材ではないように思えます。特にキャッチングレベルとリードセンスに課題があり、この点をしっかり育成できる環境で、技術を磨いて欲しいと思います。

打力も、外の捌きや変化球への対応レベルなど、高卒でプロに入るような圧倒的なスケールは感じられません。同じような体格である江村直也(大阪桐蔭)と比べても、ちょっとその辺の趣きは違うように思えます。大学などで実績を残すことで、上のレベルへの扉が開くタイプではないのでしょうか。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

無題

 投稿者:ささ君  投稿日:2010年 4月 9日(金)17時11分0秒
返信・引用
  福工大付属城東高校の練習試合を見てきました。

正直、ビックリしました。
良い選手がたくさんいて選手層が厚い
その中でもプロ注目の

キャッチャーの中谷君はホームラン2本で、守っても肩も抜群に良かったですし
前評判通りでした

そんな中ひとり気になる選手がいました

セカンドを守る川崎君です。
守備は抜群で公式戦エラー0だそうで、肩も悪くない

バッティングは
体が細い割にはしっかり振って、長打も打ててチーム1の打率を誇る
この選手が7番を打ってることが、ビックリでした

今年の夏は楽しみです
 
    (蔵建て男) 私が彼を生で見た、昨春の春季九州大会でも確か捕手として出場していたかと思います。

捕手としても地肩がしっかりした選手でしたが、パワフルな打撃も印象的でしたね。ぜひ今年も、何処かの試合で観戦したい選手です。それにしても九州の捕手は、みんな強肩揃いですね。
 

2010年 選抜の逸材7!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月 9日(金)04時41分26秒
返信・引用 編集済
  皆様今晩は。ようやく余裕ができてきたので、しばらくページの更新も積極的に行って行けるのではないかと思います。なんとか頑張って選抜のレポートを4月中に終えて、生観戦で観てきた選手を中心に、取り上げて行きたいと思います。

△長嶺 修平(宮崎・宮崎工3年)遊撃 178/70 右/右

(どんな選手?)

チームの3番・遊撃手を務める選手なのですが、その走力は、上のレベルでも通用する脚力の持ち主です。またボールを呼び込んで、思いっきり引っぱたく鋭い打球にも、観るべきものがある選手でした。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.15秒前後(左打者換算で3.85秒前後)と、プロレベルに混ぜても、上位レベルの脚力の持ち主です。実際に秋の成績をみても、36試合で31盗塁を決めており、ただ塁間を走り抜けるだけでなく、盗塁を決めるセンスも兼ね備えていると言う意味では、選抜NO.1の脚力でした。

ただその反面、遊撃手としてはイマイチでした。地肩こそ平均的なものがあるのですが、キャッチング・フットワーク・反応などは、少々上のレベルで遊撃手は厳しく、将来的には脚力を活かして中堅手あたりの方が、適正が高いのではないかと思います。走力が素晴らしいだけに、守備力の物足りなさは残念です。

(打撃内容)

バットが時々下から出るのは気になるのですが、高めの甘い球を引きつけて、思いっきり引っ張ったく打撃には、積極性と鋭さを感じさせる打撃が持ち味です。

スクエアスタンスで、身体の近くにグリップを添える、少々窮屈な構えが気になります。仕掛けは「遅めの仕掛け」を採用するなど、スラッガーと言うよりは、ギリギリまでボールを見定めてから振ってくる、2番タイプの打撃と言うのが本質的なのではないのでしょうか。その証に秋の36試合では、本塁打0と言う数字が、それを示していると思われます。

足を少しだけ浮かして、小さくアウトステップ。内角の球を上手く肘をたたんで捌ける一方、踏み込んだ足が早く地面から離れる巻き込み型なので、打球はセンターからレフト方向中心になるものと思われます。また外角球への捌きは辛く、外に逃げて行く球を如何に捌いて行けるのが、今後の課題かと思います。

あらかじめ脇を固め、トップに近い位置にグリップを添えているので、打撃の準備段階である「トップ」を作るのは早いです。スイングもコンパクトで、大きなロスは感じられません。ただいち早く腰が早く開いたり、身体が突っ込んだりする傾向があるので、外角低めへのストレートや外に逃げて行く球への対処には課題が残ります。真ん中~内角よりの甘い球を、如何に逃さず捌けるのかが、この選手の生命線となります。

(今後に向けて)

将来的には、1,2番タイプの打者になると思います。特に上のレベルでは、打撃や守備よりも、走力を全面に出したプレースタイルで、存在感を示して行けるタイプかと思います。

ただその一方、この手のタイプにしては守備力がもう一つ。外野手として考えた場合、打撃に図抜けたものや長打力がないとなると、走力・守備力で補って行けないと苦しいでしょう。走力に関しては、選抜屈指の素材です。ただ更に大学より上のレベルとなると、打撃・守備なども含めて、学ばなければ行けないことも多そうです。

△伊比井 悠嗣(宮崎・宮崎工3年)捕手 174/81 右/右

(どんな選手?)

チームの4番・捕手を務める攻守の要。選球眼に優れ、高めの甘い球を逃さない思いっきりの好いスイングと、捕手としても中々バランスの取れたプレーヤーです。

(守備面)

ミットをしっかり示すタイプではないのですが、グラブは下げないで捕球できる選手です。打球への反応なども悪くないので、ワンバウンド処理なども、素早く反応できそうです。ボールを捉える時のミットの押し込みなどもそれなりで、キャッチングなどは悪くありません。

フットワークもそれなりで、塁間を2.0前後で送球できるスローイングも、高校生としては、まずまずと言えます。投手に配慮したプレーができる選手で、リードも考えられて行っております。けして高卒プロ云々のスケール型捕手ではありませんが、センス・捕手的性格などを兼ね備えた好捕手で、将来楽しみです。

(打撃内容)

選抜の前橋工戦では、高めの甘いスライダーを、逃さずにセンター前にはじき返しておりました。そういった甘い球を逃さない「鋭さ」と、センター方向にはじき返す、基本に忠実な打撃が、この選手の持ち味です。

スクエアスタンスで、グリップを高めに添えた強打者スタイル。全体的にバランスの取れた構えであり、自分でリズムを刻むことがないのですが、好感の持てる構えです。

仕掛けは「平均的な仕掛け」を採用しており、中距離・ポイントゲッタータイプで、長打力よりも勝負強さに重点が置かれております。特に足をしっかり引き上げて、強く踏み込むことで、強烈な打球を生み出します。踏み込んだ足下はブレず、自分の打てる球は、逃さず叩くことのできるスイングです。

残念なのは、上半身の動き。打撃の準備段階である「トップ」を作るのがやや遅れ気味。更にインパクトまでのスイング軌道が少し遠回りで、ボールを捉えるまでに課題があります。ただその欠点を、鋭いヘッドスピードが補っているタイプといった感じです。

(今後に向けて)

捕手としての適正・資質、更にディフェンス力もバランスの取れた素材なので、上のレベルでも捕手として続けて行けると思います。打撃も捕手としては悪くないので、将来的に攻守にバランスの取れた選手になれるかもしれません。

まずは、ボールに立ち後れないための「トップ」作りと、インパクトまでのスイング軌道の修正などに成功すれば、甘い球を逃さない「鋭さ」や下半身の安定がある選手なので、上のレベルでも通用する打力を、身につけられるかもしれません。

まずは大学などに進んで、その技量を延ばして欲しいです。チームメイトの佐藤亮のスイングなどを参考に、夏までに更なる進化を期待したいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

(無題)

 投稿者:Mr.ストレートキャップ  投稿日:2010年 4月 7日(水)23時13分33秒
返信・引用
  帝京の二年生伊藤投手。147キロというのは素晴らしいと思います。
でも、確かに速いのですが、かつて夏の選手権全国制覇したときの
二年生エースだった白木投手のほうがもっと印象的です。
スピードでは伊藤投手なのですが球の速さでは白木投手のほうに軍配が上がります。
というのも、白木投手の夏の初戦・日南学園戦の初回の投球を見たとき「こりゃあ打てないな」と
思いましたが、伊藤投手にはそこまでは感じなかったからです。

管理人様はいかがお感じですか?
 
    (蔵建て男) 確かに今の投手は、球速表示は昔より格段に速いです。また速球に対する対応力も、遙かに今の打者は優れております。

ただストレートの質と言う意味では、私は昔よりも低下しているように思えます。

それは感覚的な問題なのではなく、下半身主導でしっかりバックスピンをかけ、指先に力を伝えられるフォームが多かった昔に比べ、今は上体で投げる投手が増え、ストレートの回転が低下したことに大きな要因があると考えます。
ですから、今のプロ野球を観ていても、これは打てないだろと思えるストレートを投げる投手は、昔に比べて少ないように思えます。

野球自体は細かくなりましたが、本当の意味でレベルが上がっているのかどうかは、私には微妙な印象を受けるのです。
 

2010年 選抜の逸材6!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月 7日(水)22時14分20秒
返信・引用
  皆様今晩は。なかなか思い通り書き込みや更新などできない日々が続いておりますが、時間を見つけて行って行きたいと思います。今回の選抜レポートの続きでも。

△平井 東(群馬・前橋工3年)投手 177/72 右/左

(どんな投手?)

オーソドックスな右上手投手なのですが、投球をしっかり組み立てることのできる好投手です。旧チームからマウンドに立つ経験豊富な投手で、チームでも絶対的な存在です。

(投球内容)

手元での球の伸びや勢いに際だつものはありませんが、球速は常時135キロ前後、MAXで138キロに到達致しました。夏には、140キロ台を意識できることまで、球速を伸ばしてきたようです。変化球も、カーブ・スライダー・フォークと一通りものがあり、これらの球種を上手く織り交ぜピッチング組み立てます。

牽制は平均的ですが、フィールディングはまずまず。クィックも1.0~1.05秒前後と素早いです。マウンド捌きなどには優れているのですが、気になるのは制球がアバウトで、球が高めに浮きやすいところです。そのため高めに甘く入った球を痛打されるケースが目立ちました。

投球フォームは、「開き」の早さが気になります。「着地」「球持ち」「体重移動」も、もう一つで、フォーム全体に「粘り」が物足りません。この辺を、いかに磨いて、投球にイヤらしさを出して行けるのかが、今後の大きな課題ではないのでしょうか。

(今後は)

まだまだ技術的にも、課題が多く改善の余地のある投手です。ただ現時点では、プロ云々と言う素材ではないので、大学などに進んで投球に特徴を見出したいところです。

フォームにも「粘り」「イヤらしさ」に欠け、投球にもこれは!と言う売りになるものが欲しいです。持っている野球センスは悪くないので、その資質をどんどん磨いて欲しいですね。

△佐藤 亮(宮崎・宮崎工3年)三塁 172/68 右/左

(どんな選手?)

ボールを手元まで引き込んで、思いっきり引っ張ったく強打と、安定した守備力を誇る選手です。またチームの一番打者を担い、タレントの多い打線の突破口を開きます。

(守備・走塁面)

打球への反応や、最初の一歩目の良さが目立つ守備範囲の広い三塁手です。また地肩もまずまず強く、俊足でもあることから、将来的には更に守備的負担の大きなポジション・外野なども担って行ける選手かもしれません。

一塁までの塁間は、4.25秒前後と、左打者としてはプロの基準を満たすか満たさないか程度で、それほど際だつ俊足ではありません。実際に一番の打者の割に盗塁数は、チームの中では、けして際だつものはありません。

(打撃内容)

外角の球でも、きっちり振り抜いて外野手の頭を越えて行くスイングは、まさに基本がしっかりしていることの証です。

前足を軽く引いて、バランスよく力みなく構えられる好い構えです。仕掛けは「平均的仕掛け」を採用するように、元来は中距離・ポイントゲッタータイプ。足を大きく引き上げ、力強く踏み込んできます。また踏み込んだ足下も、カカトを地面にめり込ませることで、ブレを最低限に抑えることができております。打てるポイントも少ないでしょうし、打ち損じもそれほど多くないタイプだと思います。

また、打撃の準備段階である「トップ」を深くきっちり作れるタイプではないのですが、ボールをよ~く引きつけつつ、上からきっちり叩き最後まで綺麗に振り抜きます。このスイング軌道の良さと捌きの好いスイングには観るべきものがあり、ヘッドスピードも非常に鋭いものがあります。頭のブレ・身体の開き・軸足の安定感もあり、技術的には非常に高いものがあります。

(今後に向けて)

走力は平均レベルですが、地肩・守備力には好いものがあります。ただ三塁手としては、長打力不足なことからも、将来的には二遊間か外野手として、適正を示すのではないかと期待します。

また秋の打率は.319厘と際だつものはなかったのですが、この選抜のスイングを見る限り、かなり高い技術の持ち主です。打つことに関しては、上のレベルでも充分通用する資質を持っていると思いますので、大学などに進んでも、どんどんと結果を残してくれるのではないのでしょうか。なかなか派手さはないのですが、これから先の成長が楽しみな選手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

沖縄・春季大会1

 投稿者:半島  投稿日:2010年 4月 7日(水)21時28分39秒
返信・引用
  蔵さん、こんばんは。
今日は糸満の2番手投手も見ることができたのでそのレポートと、前回島袋捕手の守備面について書けていなかったので補足ということで。
また今回も美里高校の選手たちを見れたのでそれも含めて投稿させていただきます。

諸見里 尚(糸満3年 174・68 右・右 投手)
糸満の2番手投手です。けっこうがっちりとした体格の投手です。
セットからノーワインドアップで、足をすっと上げてから軽くため、お尻を落としオーバーから投げ込んできます。開きはやや早いもののテイクバックは小さいほうです。少し宮国投手と似た感じのフォームですね。グラブもある程度抱えられ、軸足の蹴り上げもあり投げ終わりのバランスも悪くないです。
変化球はスライダー・カーブ・フォーク?と一通り投げれるようです。ただカーブの時に腕が緩みますね。直球は宮国投手と違って球威が感じられなかなか力感じさせます。制球はあまり良くなく荒れ球です。
クイックはいまいちですが、牽制やフィールディングは鍛えられているのかしっかりとこなしてきます。
決勝戦でも宮国投手が死球を受けたためその代りに登板しましたが、緊迫した試合展開の中しっかりと抑えることができていました。いくつかピンチがありましたが、切り抜けることができ精神的にも強さそうです。今春でも登板機会も多く2番手ですが経験はなかなか豊富な投手です。監督からの信頼も高そうです。

島袋捕手の守備面について書いていなかったので補足させていただきます。
個人的には捕手としてそれなりに能力は高い選手だと思います。キャッチングやフットワークについてはそれなりに良いと思いますし、リード面については基本的には外角の出し入れで勝負するといった感じですが、内を厳しく突いたり見せ球をうまく使ってきたりといった感じです。タイムなどを使うタイミングも悪くありませんし、投手陣に配慮したり状況を読むセンスも悪くないと思います。ただプレーを見ると、チームをがんがん引っ張っていくといった気の強さや個性がある選手ではないですね。
また新聞で見ましたが宮城知秀選手は今大会5割近く打ったみたいです。やはりそのセンスは抜けてますね。


次からは美里高校の選手たちです。
儀間 弘樹(美里3年 163・60 右・右 投手)
秋にも観戦してお伝えした選手ですが、春にも観戦することが出来ました。
ノーワインドアップから足を高く上げ、軽く2塁側へ捻りを加え、腰を落として、スリークウォーターより少し上から投げてきます。秋に比べると開きも抑えられ出どころも見づらくなってきたかなと感じました。ただ投げ終わった後体重が一塁側に流れるようになっていました。今春は島袋投手の影響か捻りを加える選手が結構増えてきたかなと思います。
変化球はスライダー・カーブ・チェンジアップがあったと思います。直球はキレ型で球威はまずまず感じさせます。近くに同校のスコアラーがいて138出たと言っていたので、もしかしたら140超えたのもあったのかもしれません。制球は荒れ気味もそこまで破綻はないと思います。変化球は3つともまずまずで上手く織り交ぜながら投球していました。
牽制やフィールディングはやはり上手いです。
打者としては、軽く開き、グリップは耳の位置で、腰を落としたとこで始動してきます。スイングは力強さには欠けるものの、それなりにキレがありました。バットコントロールは上手くミート力は高いと思います。
まぁ投手としては小柄ですし、これ以上はそこまで伸びないかなと思います。ただ野球センスは高そうなので将来的には打撃やフィールディング・肩はを活かしてショートやセカンド等を守る選手になるのかなと思います。

大城 武直(美里3年 180・82 右・右 捕手)
秋も見ましたが、この体格でそして肩も強いので注目してましたが打撃がかなり粗いなと思い、載せませんでした。一応小僧に名前が載っていたので取り上げてみたいと思います。
気持ち分開いて構え、グリップは結構高めに添え、バットを少し寝かせ気味にし、ひじを揺らしタイミングを取るタイプです。投手が腰を沈みきったとこで始動してきます。頭や足元もぶれる選手だと思います。スイングは堅いように感じ、体は大きいですが振り自体はそこまで大きくなく迫力には欠けるでしょうか。
パワーはあるでしょうが、対応力には欠けますね。やはりまだまだ打撃の粗さは改善されていないと思います。
キャッチングやフットワークはそれなりといった感じでしょうか。肩は強いですし、送球はまずまず良いです。
これから打撃面をもっと磨いて欲しいですね。

仲本 裕希(美里3年 181・72 右・右 左翼手)
秋にも見たと思いますが、全然印象に残っていませんでした。ですが、スイングを見て思い出しました。4番を任されている選手です。
スクエアスタンスで肩幅以上に開いて、グリップは後ろへ引き肩の位置、投手が腰を沈みきったとこで始動してきます。頭の位置もそこまで変わらないかと思います。スイングはキレがありますし、力強いです。しかし横から出てくるかなり平面的なスイングですね。右や左にも大きく鋭い当たりを飛ばすことが出来る選手です。
足も速いですし、守備の動きを見ても上手い方だと思います。そして球際にも強いですね。地肩に関しては良く分かりませんでした。
走攻守それなりにまとまったタイプの選手だと思います。ただ個人的にはあのスイングはあまり好きではないですね。夏に向けてもう一段成長して欲しいです。

与那覇 政(美里2年 177・60 右・右 遊撃手)
シートノックからスケール感を感じさせる動きを見せていました。周りの選手が身長低いこともあり飛びぬけて見えましたが、恐らく今では180を超えているかもしれません。
スクエアで構え、グリップは耳の位置から、投手が腰を落としたときに始動してきます。スイングはまだまだ力強さに欠け、あまり迫力はありません。またちょっと堅いかなと思います。
守備はフットワークやグラブ捌きは堅いのでこれからまだまだ鍛える必要があると思いますが、反応は悪くありませんし、何より足腰のバネと手首の強さを感じさせます。足もまずまず速いほうだと思います。肩は強いと思いますが、送球を意識してか抑えて投げているように思いました。
長身で身体能力高そうですし、ショートを守れる選手なのでこれからも注目してみたいと思います。
 
    (蔵建て男) 今回は、糸満の選手だけでなく、美里の選手達について有り難うございます。私自身美里の選手達は観ておりませんが、できれば夏に観られることを楽しみにしております。

今年も沖縄から、どんな選手が飛び出して来るのか、半島さんのレポートでイメージを膨らませながら楽しみにしたいと思います。
 

2010年 選抜の逸材5!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月 5日(月)22時14分3秒
返信・引用
  皆様こんばんは。なかなか選抜のレポートも進まないのですが、簡単な各選手の印象については、すでにブログで行っている通り。今回も、この掲示板を使って、選抜出場選手の短評を行って行きたいと思います。

△藤田 達也(和歌山・向陽3年)投手 173/67 右/右

(どんな選手?)

自分の「間」をしっかり持っている投手であり、力みなく投球できる、いわゆる「ピッチングのできる投手」です。チームのまさに、大黒柱とも言うべき存在です。

(投球内容)

特に球に凄みがあるとか、特徴があるわけではないのですが、外角で球の出し入れができるなど、安定した制球力と投球術が、この選手の持ち味です。球速は、130~135キロぐらい。カーブ・スライダー・フォークなどを織り交ぜるオーソドックスなスタイルです。

フィールディング・牽制の技術などは基準レベル。ただクィックなどが、1.3~1.4秒ぐらいかかり、上手くありません。制球は、細かいコースの投げ分けなどが、左打者にはできないのですが、四球で自滅するようなタイプではありません。

(今後に向けて)

すでに投手として、ある程度形ができている選手なので、夏までに上積みが期待できるかは微妙だと思います。地方大学レベルならば、野球を続けて行ける投手だと思いますが、現状は、まだまだ「強さ」「速さ」などに物足りないものを感じます。

ただ素材としての凄みに欠けますが、野球選手としての「センス」は感じさせる選手なので、いろいろ頭を使いながら努力することで、次のステップでも生き残る術を見出していってくれるかもしれません。そういった努力できる才能・工夫できる人間的な幅は持ち合わせていそうなので、その辺に期待して今後も見守って行ければと思います。

△出射 徹(島根・開星3年)捕手 173/84 右/右

(どんな選手?)

チームの4番を担う強打と、捕手として視野の広い、捕手センスを兼ね備えた好捕手です。大会前に急性肺炎にかかりながら、なんとか試合に出場していたそうですが、夏には万全の状態を見てみたい選手です。

(ディフェンス面)

ミットを投手に示したあと、一度軽くグラブを下げてしまう癖があり、ややワンバウンド処理に立ち遅れたり、ミットの出し方に気になったりする部分があります。ただ打球への反応は素早く、体調が悪くても一球一球に非常に集中してプレーする精神的な強さを感じさせました。

しっかりミットを構えられる選手で、ボールを押し込むような力強いキャッチングではないのですが、グラブ捌き・キャッチング自体は悪くありません。スローイングは、塁間2.05秒弱ぐらいと、高校生捕手としてはそれなり。ただ上のレベルを意識すると、平均的な地肩とスローイングです。

ただこの選手で目を惹いたのは、ピンチになっても視野の広いプレーができる点です。そして何よりタイムのタイミングなども適格で(ベンチの指示かもしれませんが)、投手への返球なども、状況に応じて強弱を付けるなど、捕手らしいセンスを持ち合わせている点に好感が持てます。

(打撃内容)

選抜では、三塁強襲の1安打に終わった打撃。しかし新チーム結成以来の秋の成績は、チームダントツの13本塁打(2位は7本)に、37四死球(2位は29個)などからも、その存在感の高さが伺われる。

前足をほんの少し引いているものの、ほぼスクエアスタンス。グリップを高く添える強打者スタイルなのだが、自分のリズムで揺らぐこともなく、少々力が入り過ぎかなと思える構えだった。

ただその長打力とは裏腹に「仕掛け」は、早めの仕掛けを採用するアベレージタイプ。体の「力」が強いのだろうが、本質的には野手の間を抜けて行くタイプの強打者のようだ。

足を早めに引き上げ、地面で「のノ字」を描くように回しこみ、真っ直ぐ踏み込んで来る。このことからも「間」を持った選手であり、打てるタイミングのポイントは多そう。気になるのは、振り下ろすグリップが、肘が下がり体から離れて遠回りに軌道するドアスイング。どうしても腰の逃げも早く、ボールを捉えるまでにはロスが大きい。この技術でも打率.448厘をマークするのだから、金属バットの恩恵が大きいだけでなく、持っている資質も高いのかもしれない。しかし、これからの上のレベルの野球を考えると、打撃では修正しないと行けない部分が多く出てくるだろう。

(今後に向けて)

打力がありながら、捕手センスも兼ね備えると言う、非常に貴重な選手。それだけに、上のレベルでも充分捕手として、野球を続けて行ける素材だろう。ただ大学などに進んでも、木製バットでは苦労しそうで、その辺もしっかり指導してくれる環境に身を置きたい。これからどんな選手に育ってゆくのか、次のステップでもその成長を見守って行きたい選手だった。夏は、ぜひ万全の形で、甲子園に戻ってきて欲しい!

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

(無題)

 投稿者:山田  投稿日:2010年 4月 5日(月)21時15分38秒
返信・引用
  早稲田大学に入学した小山田拓夢(古河三)を注目してください。
高校時代は初戦敗退で全く無名ですが、
来年は早稲田のエースになってると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=j33wHl3ZJq4
 
    (蔵建て男) この間の住友鹿島との試合を神宮でみました。MAXで148キロでしたっけね?素晴らしい球を投げ込んでおりました。

現4年生が抜けたら、中心的な存在になり得る素材ですね。まずは、春のリーグ戦でも登板があるでしょうから、期待して見守りたいと思います。
 

(無題)

 投稿者:よう  投稿日:2010年 4月 5日(月)14時05分34秒
返信・引用
  蔵さん初めまして
今日、ビッグNでの長崎日大‐長商戦見てきました。
長商竹野が二番手登板で六回に146→146→148(自己最速)だしてました。
ちなみに春九予選3試合のビッグN表示で海星戦145、創成館戦146、日大戦148です
しかし、秋から安定感も内容も抜群なんですが、何かもってない。
秋九のベスト8興南戦も島袋以上に完璧だが、投げまけ、今日も2‐0で勝ってて、まさかの9回裏、エラーに四球、死球で満塁で一本外野の頭越されて敗戦。
ケツはデカイし球は凄いんですが、、、
 
    (蔵建て男) 長崎のレポート非常に参考になりました。長崎商は破れてしまいましたか・・・。

選抜で見られると思っていて見られませんでしたし、今回の九州大会でも、長崎で一番見たいのは竹野投手だったのですが。それにしても、想像以上に速いですね。この時期に、このぐらいの球を連発できる投手は、全国広しと言えども10人いないと思います。

ぜひNHK杯ですか?(夏前の大会)などでの組み合わせとかわかったら教えてください。前回の長崎遠征(2年前の春季九州大会)では、体調が悪く長崎見学もできませんでした(持病の目の悪化で)。できれば夏前か夏の大会にでも長崎に遠征できたらと思います。これからも長崎の情報楽しみにしております。
 

糸満の選手達

 投稿者:半島  投稿日:2010年 4月 4日(日)22時11分50秒
返信・引用
  蔵さん、こんばんは。
興南優勝しましたね。智弁・帝京戦を見て優勝しそうな雰囲気とその力を持っているなと思いましたが、まさか本当に優勝するとは・・・。選手達、とくに島袋投手には感謝とそしてお疲れ様と言ってあげたいです。島袋投手を1年夏にたまたま見てその時の投球もすごい印象に残っていますし、2年経ち甲子園優勝投手になるなんて・・・と本当に感慨深いものがあります。試合も序盤ミスが目立ちましたが、それをうまく立て直し勝つわけですから、このチーム力や選手達の力は本当にすごいと思います。初戦から強豪を相手にこの優勝ですからこの価値は高いですね。本当に素晴らしい試合をしてくれた選手達に賛辞を贈りたいと思います。

そして糸満高校も九州行きが決まりましたね。蔵さんも去年から見たいと仰っていたので、ワクワクしているかと思います。僕も準決勝を見たのでそのレポートをさせていただきたいと思います。参考になるかわかりませんが頭の片隅にでもおいといてください。一応身長体重は夏のパンフレットからなので今ではだいぶ変わってると思います。

宮国椋丞(糸満3年 184・68 右・右 投手)
振りかぶってゆっくりと足を上げ、軽く一旦ためて、また少し膝を上げて、お尻をしっかりと落としオーバーから投げ込んできます。グラブもしっかり抱えられ、投げ終わりのバランスも良いです。ここまでは秋と変わりませんが、春では足を上げたときに右腕を体で隠すようにし、テイクバックを小さくし体の開きも抑えられたフォームに変わっていました。それと腰回りも大きくなり、踏み出しの幅も大きくなったのか腰高という印象はなくなりました。また足の上げ方が少し東浜投手と似ていますね。秋の時に感じた開きの早さ・腰周りの弱さ・投げる腕の位置などの部分が全て改善されていたのに驚きました。その上出どころも見えにくくなるようにしているわけですから、意識やセンスの高さが現れていると思います。
球種はスライダー・カットボール・カーブ・ツーシーム・シンカーでしょうか。直球はキレ型でやや球威には欠けるかと思います。やはり圧倒的な直球を投げ込むというタイプではなさそうです。制球は安定していて、右打者には外角に直球やスライダー・カットを集めてきます。内も厳しく突くことは出来ますが、あまりぐいぐい攻めません。スライダーのキレは良くやはりコースに決まると右打者には打てないでしょう。大きく曲がるというより鋭く曲がる高速スライダーという感じです。近くにいたスカウトが言っていましたが、おそらく球速は115~120くらいだと思います。左打者にも外角中心で、内も厳しく突けます。左打者からは逃げていくようなツーシームと直球を中心に投げてきます。そして緩急と曲がりも大きくなかなかキレのあるカーブとシンカーをたまに投げてきます。
三振の取れるピッチャーだと思いますが、あまり狙わずに上手く打ち取っているという感じです。フォームは違いますが、この投球スタイルは東浜投手にそっくりですね。本人も意識しているのかな?
牽制やフィールディングは上手いですし、クイックも上手いです。こういった部分もホントにしっかりしています。また危機察知能力というかそういった雰囲気を読むセンスもあると思います。
観戦していてまさに好投手だなと感じます。島袋投手のように打つのも崩すのも難しいというより、打てなくも無いけど崩すのが難しいって感じの投手ですね。フォームの完成度も高いと思いますし、変化球もこれという問題もないですし、投球以外の部分もしっかりと出来ているので本当にあなが無い投手だと思います。
ただ物足りないのはやはり直球の威力でしょうか。抑えて投げているのかなという印象がありますが、それでもボリューム感が物足りないです。夏までにもう2ランクくらい威力を増していて欲しいです。またそれが出来る投手だと思います。

島袋陽平(糸満3年 182・74 右・右 捕手)
守備面に関してはやはり強肩ですし、送球も早いです。個人的には実際仕掛けられたらどうかが気になってましたが、今回はそれを見ることができ、やはり全てしっかりと刺すことが出来ておりましたし、コントロールも良かったです。ただ強肩なだけでなく実戦においても刺せる肩だと思います。
打席での構えは、秋に感じた腰の落しが無くなっていました。クローズ気味に構え、トップも高めに添え、バットのヘッドを少し投手側にし、揺らしながらリズムをとる構えです。投手が沈んだとこで始動してきたかと思います。
秋に比べるとヘッドスピードも増してきて、スイング自体も柔らかくなったかなと思いました。
選球眼もまずまず良いです。また内はそこまで上手く捌けるとは思いませんでした。
ある程度芯で捉えていますし打球もそれなりに早いのですが、強烈な打球や大きい当たりを飛ばすといった場面は見られませんでした。やはり個人的にはイマイチ強打いという印象はないですね。夏までにもっと打撃を伸ばして欲しいです。

宮城 知秀(糸満2年 177・71 右・両 中堅手)
背番号は3でしたが、本来の中堅手の照屋選手が怪我したためか中堅を守っておりました。
その高い打撃センスで雑誌などでも注目されてきてるようです。
腰を落としくの字のような構えをし、スクエアで、グリップは耳の位置、バットのヘッドを少し投手側に向け、バットや足を揺らしリズムを取ります。投手が沈んだとこで始動してかと思います。右打席でも構えは変わりません。観戦していた準決勝では右に左にそして最後はセンターにと広角に打ち分け、その上しっかりと芯で捉えるなど、バットコントロールの上手さ打撃センスの高さは糸満打線だけでなく県内でもトップクラスではないかと思います。ただ外角の球はまだ強く叩けませんし、もう少しヘッドスピードの鋭さ・スイングの力強さが欲しいかなと思います。選球眼も良く、バントなども上手く出来ますし、やはりセンスは高い選手でしょうね。
足は速いですが、塁上での様子などを見るとそこまで盗塁への意識は高くないかなと思いました。守備は本来のポジションではないと思いますが、無難にこなしていました。また肩もなかなか強いと思います。
個人的にはセンスは高いですが走行守の三拍子揃った中距離タイプなのと、その持ち前のセンスの高さがこれから成長する上でどのように影響してくるか気になります。
ですがこのまま順調に伸びていけばかなり注目される存在になると思います。

金城 秀一郎(糸満3年 173・65 右・右 右翼手)
秋に肩が強いなと思ってたら投手もこなすようであの肩ならと納得といった感じでした。
守備面は特に気になる面はなく上手くこなしていたと思います。足もまずまず速いほうだと思います。
構えは、オープン気味に構え、踵を浮かし、グリップはかなり高めに置き、バットを軽く寝かせ、バットと踵を揺らしながらリズムを取ります。投手の重心が沈んだとこで指導し、バットを内へ移動させ振ってきます。ヘッドスピードもなかなか鋭く、振りも大きいので迫力を感じさせます。今大会でも2本ホームランを打ち、一本は場外まで飛ばしたそうでつぼにはまれば大きい当たりを飛ばすことができます。観戦した試合でもあわや場外ホームランかという当たりを飛ばしていました。ただしやはりこの打ち方では内を上手く捌けないようで、詰らされたりしていました。こういった部分をどう対処していくかが課題になってくると思います。

平良大吾選手は金城選手と打撃の構えはほぼ一緒で同じような印象を持ちました。またその体格はかなりがっしりとしてきてこの冬の間にだいぶ鍛えたんだろうなと感じました。守備ではグラブ捌きはまずまず良いものの、送球がやや手投げみたいな感じでコントロールや際どいタイミングではどうなのかなと思いました。
また他に背番号こそ20でしたが垣花選手が気になりました。横から出てくるようなスイングは少し気になりますが、なかなか鋭いスイングをしていました。

糸満は夏に興南対抗の一番手になると期待していますが、選手の能力的にはそこまで変わらないと思いますが、その完成度や実践している野球の質にはまだまだ差があるように感じました。
またこの選抜優勝で差は広がってるんじゃないかと思います。なので九州大会では是非とも上位進出して欲しいですね。
 
    (蔵建て男) 糸満の各選手のレポート、ありがとうございました。なんとなく現状の彼らへのイメージが持てました。実際に自分自身でも見てみて、イメージを固めてみたいと思います。春季九州大会で、彼らに出会えるのを楽しみにしたいと思います。

また沖縄からのレポート、楽しみにしております。
 

(無題)

 投稿者:はじめまして  投稿日:2010年 4月 4日(日)21時03分11秒
返信・引用
  蔵さんこんばんは。機会がありましたら、智辯和歌山西川遥輝の評価をきかせて下さい。個人的には、故障が癒えており、期待してましたが・・・攻守に逸材の片鱗は少しは見せていましたがもう少し見たかったです。  
    (蔵建て男) そうですね、印象的には近いものがあります。潜在能力の片鱗は魅せてくれましたが、まだ何か物足りないものがある。そんな感じのする選手でした。

西川選手の個別寸評は、残念ながら有料ページでの更新になってしまうと思いますが、良かったら更新したら覗いて頂けたら幸いです。
 

興南優勝!

 投稿者:白球の記憶  投稿日:2010年 4月 4日(日)19時43分8秒
返信・引用
   蔵さん、こんばんは。返信ありがとうございます。
 興南ナイン、見事にやってくれました! まさか優勝するとは思ってもみませんでした。私は昨春、昨夏、昨秋と大舞台で勝てない時期の興南を見続けてきたので、今回は一勝すればいいかなくらいの気持ちで見ていたのですが、今となっては本当に己が不明を恥じるばかりです。島袋投手の快投は十分に予想されたのですが、驚いたのは打線の成長です。コンパクトなスイングを徹底し、センターから右方向へ打ち返す。低めのボール球を見極め、甘い球を確実に捉える・・・技術的に大きな進歩を感じさせるものでした。これも我喜屋監督の指導と、選手達の日頃の練習の賜物だと思います。

 個人的に印象に残ったのは、決勝戦の十二回表、一死満塁の場面で、興南がスクイズを敢行したシーンです。満塁でのスクイズは、失敗すればダブルプレーの危険があります。しかし、相手は何球か外して様子を見ましたが、その後は警戒を解きました。その「もうスクイズはしてこないだろう」という相手の意表を突くスクイズは、本当に凄い勇気と勝負勘だと思いました。結果はファールとなって成功はなりませんでしたが、我喜屋監督の勝負師としての一面を垣間見た瞬間でした。
 思い出したのは、06年夏の決勝、駒大苫小牧が十一回表にやはり一死満塁で仕掛けたスクイズの場面です。あの時は、斎藤投手の超人的な投球に防がれはしましたが、苫小牧ベンチの1点への執念を感じました。そういえば、駒大苫小牧の香田監督は、我喜屋監督の下で野球を学んだと聞きます。受け継がれる勝負師の系譜というものを、見せてもらったような気がしました。

 来る九州大会では、沖縄の球児の活躍に注目していただけるとうれしいです。私は専門的なことは分からないので、蔵さんの分析で勉強させていただくつもりです(笑)。そして、もし沖縄に来る機会がありましたら、是非お話しさせてください。
 
    (蔵建て男) 沖縄の方々に、行く度に良くして頂き本当に有難いことです。春季九州大会に足を運ぶ予定なので、糸満などの沖縄勢をぜひ堪能してきたいと思います。興南優勝おめでとうございます。夏の沖縄勢の活躍にも期待しております。  

風張蓮投手

 投稿者:まさ  投稿日:2010年 4月 4日(日)17時33分24秒
返信・引用
  昨年の秋に紹介させて頂きました、岩手・伊保内高校の風張蓮投手、
先日の日刊スポーツの記事にも載っていましたが、今年初の練習試合に
プロ10球団のスカウトが集まったらしいですね。

伊保内高校は、実力的に東北大会とかに出てこれるようなチームでは
なさそうなので、滅多に見られる選手ではないと言う事もあって、
こんなにスカウトが集まったのかもしれませんが、センバツ開催期間
という事を考えたら凄い事ですよね?
蔵さんにも、是非ご覧になって頂きたい選手だと思います。
(チラシの裏的な書き込みですいません・・・)
 
    (蔵建て男) ぜひですね、今年は春季大会の期間か夏の予選には、岩手に遠征したいと考えております。確かに選抜の時期に、これだけのスカウトを集めるとは異例ですね。ぜひ一度、その勇姿を見てみたいものです。  

2010年選抜の逸材4!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月 3日(土)23時27分18秒
返信・引用 編集済
  皆様今晩は。選抜大会では、興南が延長戦の末、日大三高を破り優勝。興南のいない春季沖縄大会では、糸満が優勝し、春季九州大会に駒を進めました。沖縄で最も確認したいチーム・糸満の優勝により、毎年恒例の春季九州大会に足を運びたいと思います。まだ他県の出場校が定まりませんが(福岡は出場校が決まったのかな?)、今年も全国で最も観戦が楽しい九州の高校野球を観戦しに行けたらと思います。今日は、興南と決勝を戦った日大三の選手達について、触れて行きたいと思います。

△横尾 俊健(西東京・日大三2年)三塁 174/84 右/右

(どんな選手?)

2年生ながら、強打・日大三高の4番を任された強打者。選抜では、決勝戦も含めて、すべての試合で2安打以上のヒットを放つなど、その打撃が全国レベルでも通用することを証明致しました。来年に向けて、伝統の強力打線を引っ張る存在になる選手だと言えるでしょう。

(守備・走塁面)

一塁までの到達タイムは、勢いを緩めも4.85秒前後。通常勢いを緩めたような場合は、0.2秒ぐらいマイナスすると、元来の速さがあるものだと想定できるが、そう考えると塁間4.65秒前後。これを左打者換算すると、更に0.3秒引いて4.35秒前後ぐらいにが、本気で駆け抜けた時の走力だと考えられる。ただ塁間を緩めるように、走力に対する意識は低く、新チーム結成以来の22試合で、僅かに盗塁は1個。走力如何に関わらず、足を売りにするタイプではないことがわかった。

また三塁手としても、けして上手い部類の三塁手ではない。特に上から叩きつけるようなスローイングは、地肩こそ強いけれども、制球力は不安定で安定感に欠ける内容となっている。守備・走力共に、基準以下であり、まだまだこれからの成長に期待したい。

(打撃内容)

最大の売りは、新チーム結成以来・チーム最多の29打点を稼ぐ勝負強さにあるようだ。

少しクローズスタンス気味に構え、グリップを高めに添える強打者スタイル。腰の据わり・全体のバランス・両目で前を見据える姿勢などは、さほど良いとは言えない。しかし打席では、自分のリズムで立てており、リラックスして構えられているのは良いのではないのだろうか。

仕掛けは、「平均的な仕掛け」を採用するように、中距離・ポイントゲッタータイプ。足を大きく引き上げて回し込むなど、着地までの「間」が稼げていることからも、ある程度打てるポイントは多そう。ただ残念なのは、踏み込んだ足下がインパクトの際にブレてしまうなど、打ち損じの多いタイプ。打撃も引っ張って巻き込むのは良いが、外角への厳しい球には苦労しそう。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのは平均的。上からバットを振り下ろそうと言う意識があり、ボールを捉えるまでのスイング軌道には大きなロスはない。ただ長打を意識しすぎているのか?少しバットが下から出て来るなど、ロスを感じなくもないスイング。体軸の安定感もイマイチで、まだまだ自慢の打撃にも、課題が多いことがわかった。

(今後に向けて)

守備・走力などの総合力に欠け、打撃も開きが我慢できないなど、課題も少なくない。ただ強打者の割に、ボールを捉えるセンスは悪くないので、その点は今後に向けても明るい材料。守備・走力のレベルを引き上げ、来年度は、東京都を代表する強打者に育って欲しい!

△吉澤 翔吾(西東京・日大三3年)遊撃 180/79 右/右

(どんな選手?)

旧チームからのレギュラーで、昨夏は7番打者として甲子園に出場。この春も、6番打者として甲子園に戻ってきました。思いっきりの良いスイングが持ち味で、センバツの山形中央戦では、レフトスタンドに叩き込むなど、パンチ力も秘めた強打者です。父も元プロ野球選手と言う血筋の良さも魅力です。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.5秒強ぐらい。これを左打者に換算すると、4.2秒強ぐらいと、ドラフト候補として基準レベルの脚力となる。新チーム結成以来の23試合で、盗塁は5個。全く動けない選手ではないが、足を上のレベルで売りにするほどではないようだ。

また遊撃手としては、昨年よりも更に動きが良くなってきたと思います。また地肩も強く、投げても常時135~140キロぐらいを投手としても投げ込むぐらいです。守備・走力は、基準レベル~中の上レベル。売りにするほどではないにしろ、足を引っ張るレベルではないことがわかった。

(打撃内容)

スクエアスタンスで、グリップを高めに添えて構えます。腰の据わり・全体のバランス・両目で前を見据える姿勢などは平均的ですが、グリップ付近を揺らぎ、自分のリズムで打席に立てております。

仕掛けは「平均的な仕掛け」を採用する、中距離・ポイントゲッタータイプ。足を回し込み「間」を作れることからも、打てるポイントは多そうです。踏み込んだ足下もブレないで打てる選手なのですが、この大会では引っ張って巻き込む打球も目立ちました。

打撃の準備段階であるトップも遅れることなく構えられておりますし、上から叩く意識があって、ボールを捉えるまでに大きなロスはありません。またスイングの弧自体はさほど大きくなく、グリップも高い位置まで引き上がるタイプではないので、基本的には野手の間を鋭く抜くような打球が、彼の持ち味だと思われます。ヘッドスピードも基準レベルはありますし、打撃技術も低くありません。

(今後に向けて)

ドラフト候補と言うほどの凄みは感じませんが、走力・地肩は基準レベルはありますし、守備も将来的に二遊間は厳しいかもしれませんが、三塁や外野を担うだけの身体能力とセンスはありそう。

打撃も一定レベルありますので、大学などに進んでも野球を続けて行けそうな選手です。今後も末永く、その成長をアマ球界で見守る存在ではないのでしょうか。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

花咲徳栄VS嘉手納

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 4月 2日(金)20時47分41秒
返信・引用
  皆様こんばんは。少々仕事におわれてまして、中々甲子園の模様を見るだけで、短評など作成できないでおりました。ようやく仕事も片付いたので、今日から甲子園組みのレポートも再会したいと思います。

△眞謝 博哉(沖縄・嘉手納 3年)捕手 168/68 右/右

(どんな選手?)

嘉手納4番・捕手を務める攻守の要。上背ないが、パワフルな打撃を活かした強打が自慢。特にフォロースルーを活かした、打球の伸びには見るべきものがある。また昨秋の神宮大会から、どのぐらいディフェンス力が伸びているのか注目。

(ディフェンス面)

ミットのドテをしっかり投手に示すタイプではないのですが、グラブを下げることなく捕球する選手です。ミットをポンポンと叩いて、相手の意識を錯乱させながら、次の体勢にすぐ入れる姿勢で、ボールを待ちます。そのためフットワーク等は、けして悪くありませんし、打球への反応も良いです。ただワンバウンド処理の際のグラブの出し方などを観ていると、少々キャッチングに不安な面は残ります。ただボールを押し込むようなキャッチングではありませんが、ボールを捕球したあとに、ミットを動かさない点には好感が持てます。

小学生の時からバッテリーを組む池原有投手に対しても、丁寧にボールを返球致しますし、必要とあらば、鼓舞して引っ張る捕手らしい側面も魅せます。スローイングも、捕ってからコンパクトなフォームになり、二塁までの到達タイムは、2.05秒前後と昨秋とさほど数字的には変わりませんが、制球が安定してきた気が致します。プレー全体が、一冬超えてだいぶ捕手らしくなってきたのではないのでしょうか。

(打撃面)

昨秋まではスクエアスタンスだったのを、少しボールを見やすくするために前足を引いて構えるようになったようです。高めに添えていたグリップも、平均的な高さにして体の近くに添えるようにしました。ただ背中を少し後ろに傾け、腰の座りもイマイチで、全体のバランスは宜しくありません。また自分でリズムを刻むことができませんので、どうしても脆さを感じさせます。ただ打席では自然体で、力みなく構えられているのは良いと思います。

仕掛けのタイミングや下半身の動きは、秋と殆ど変わっておりません。昨秋まで気になったグリップの引込みは薄れましたが、相変わらず打ちに行くときに、肘が下がって腰が早く逃げ、ボールを捉えるまで非常にロスのあるスイングをしております。ただその恩恵としては、しっかり捉えた打球は、遠心力を活かして右中間方向に大きく伸びると思われます。またボールを捉える時に、バットの先端が下がらないように意識しており、その後のスイング軌道は、大きなロスはありません。フォロースルーのイチオシがあるので、ボールを遠くに運ぶことができるのが、この選手の持ち味です。ようは、ボールを捉えるまでには課題があるが、ボールを捉えてから運ぶ動作には優れている選手。粗さはあるが、破壊力のある打撃ができる選手だと言うことです。

(今後に向けて)

ディフェンス面では、だいぶ捕手らしくなってきましたし、スローイングもコンパクトになり精度が上がってきました。前は、打撃重視型の捕手とのイメージがありましたが、攻守のバランスは取れてきた気が致します。

また打撃の方は、癖のある粗い打撃は相変わらずですが、幾らかマイナーチェンジ行い、幾分改善されつつあるようです。「強さ」はある選手なのですが、体のキレなどの「鋭さ」や「イヤらしさ」などに欠ける部分を、夏までにその辺が改善されるのか注目したいと思います。昨秋までは、上のレベルでは辛いかなと思えましたが、地方大学レベルならば、野球を続けて行ける選手との印象を受けるようになりました。ただ昨秋から確認したかった内角の捌きについては、わからずじまい。ぜひ夏には、その辺も含めて、その成長を見届けたいと思います。

△橋本 祐樹(埼玉・花咲徳栄3年)右翼 181/81 左/左

(どんな選手?)

旧チームから活躍してきた選手で、選抜でも5番・右翼手として出場。選抜の嘉手納戦では、ライトスタンドに本塁打を放ちました。新チーム結成以来、チーム1の43打点を稼ぎ、勝負強さが光る選手です。

(守備・走塁面)

残念ながら、2試合観戦しましたが、一塁までのタイムは計測できず。新チーム結成以来の53試合で、盗塁は11個。180センチ台の大型野手だが、全く動けない選手ではなさそうです。

右翼手としての動きも悪くなく、基準~基準レベル以上の守備力はありそう。また地肩も基準レベル以上はありそうで、守備・走力に関しては、それなりのレベルにはありそうです。

(打撃内容)

選抜では、本塁打も放ちましたが、基本的には野手の間を鋭く抜くのが持ち味の強打者だと思います。前足を軽く引いて、グリップは平均的な高さ。腰の据わり・全体のバランス平均的で、両目で前を見据える姿勢は悪くありません。全体的に力みなく、リラックスして構えられているのは良いと思います。

仕掛けは「平均的な仕掛け」を採用する、中距離・ポイントゲッタータイプ。足を引き上げ回しこむことからも、ある程度打てるポイントは多そうです。真っ直ぐ踏み込んだ足元はブレないでの、どのコースで満遍なく叩けるタイプで、打ち損じも少ない万能型と言う気が致します。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのも平均的ですし、バットを寝せて出してもインパクトまでロスなくボールを捉えられます。ヘッドスピードもシャープで、フォロースルーまできっちりバットを振り抜いてきます。頭のブレも小さく、開きも抑えられ、軸足にも強さを感じます。技術的には、大きな欠点はなく、完成度の高い打者だと言えそうです。

(今後は)

走攻守いずれも、中の上レベルのバランスの取れたプレーヤーです。ただ、そうかといって上のレベルで売りにできるほどの突出したものがあるかと言われると微妙です。何か今後は、自分の色を出して行けるのかが、この選手の大きな課題ではないのでしょうか。その辺に注目して、夏までの成長を見守りたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

興南4強!

 投稿者:半島  投稿日:2010年 3月31日(水)21時41分51秒
返信・引用
  蔵さんこんばんは。
興南4強に来ましたね。初戦からきつい相手が続きましたが見事な戦いぶりを見せてもらいました。
実践している野球は秋から変わってる気はしません。しかしその質は段違いです。そして打撃がここまで良くなってるのも驚きでした。くさいとこはカットし、甘いとこは見逃さずしっかり捉えていますし、相手からしたら嫌な攻め方でしょうね。淡白に打っていた昨年の反省がいきているんじゃいかと思います。
そして何より我喜屋監督の采配が凄いですね。07興南の戦いを見たときに県内の指導者でこのような采配ができる監督がいるのかと驚嘆した思い出がありますが、改めてその凄さに驚嘆しました。そしてその采配の意図をしっかり理解して実践できる選手を育て上げたその指導力も素晴らしいと思います。選手達もこれからの人生で鍛えられた部分が活きてくるんじゃないでしょうか。
明日の相手も神宮覇者の大垣日大というこれまたきつい相手ですが、選手達が今までのように自分の仕事をきっちりこなしていけば十分勝機があるかなと思います。
個人的には砂川・川満の両投手が意地を見せて存在感を示して欲しいです。夏の為にも。
僕は明日北谷で県春季の観戦なので見ることは出来ませんが、決勝進出を願っています。
ちなみに春季4強には糸満・八重山・八重山商工・小禄となっています。明日は宮国を堪能したいと思います。
 
    (蔵建て男) 個人的には、ぜひ昨年から見たかった糸満に九州大会に来て欲しいですね。今年もぜひ、春季九州大会に足を運びたいと思っていますから。

もし糸満の観戦されていたら、レポート楽しみに待っております。
 

2010年 選抜の逸材3!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 3月30日(火)07時43分54秒
返信・引用
  皆様おはようございます。この掲示板にも、毎日書き込む季節がやって参りました。生観戦も17試合を行い、ここで取り上げようと思っている選手もいるので、楽しみにしておいてくださいませ。昨日、故障していたブレーレイも戻ってきたので、2009年度の香川大会の模様なども見て行きたいと思っております。さて今朝は、選抜のレポートの続きから。

△岩崎 亮太(奈良・天理3年)二塁 178/76 右/左

(どんな選手?)

強力打線の天理において、一番打者を務める選手です。新チーム結成以来の成績は、チーム1の5本塁打に、打率.462厘とハイアベレージをマーク。最後までしっかり振り切るスイングに特徴がある選手です。

(守備・走塁面)

残念ながら、緒戦の敦賀気比戦では、僅か2打席で交代してしまい、走力・守備力はよくわかりませんでした。ただ秋の成績を見る限り、32試合で盗塁は4個と言うことで、足を売りにするタイプではなく、むしろ打力を活かしての一番起用だったようです。

また二塁手としても、失策11個は、チーム一番のエラー数。まだまだ安定感に欠ける守備だったようです。ただ選抜では、走・守に確認できなかったので、今後の観戦ポイントにしたいと思います。

(打撃内容)

スクエアスタンで、自然体に構えます。仕掛けも「遅すぎる仕掛け」を採用しますが、その分、足をほとんど地面から浮かすことなく踏み込むので、体重移動に乏しいスタイルです。また踏み込みも、アウトステップ気味で、足が地面から離れるのが早く、基本的に引っ張り込むのが殆どだと思われます。実際に甲子園での二打席も、ライト前のポテンヒットと一塁ゴロでした。

打撃の準備段階である「トップ」(バットを振り出す位置)を作るのが遅れ気味で、実際にボールを捉えるのも遅れがちです。まだまだ技術的にも癖があり、木製バットを使って、上のレベルの投手に対峙した時には、対応に苦労しそうな印象を受けました。

(今後は)

かなり癖のあるフォームでも、結果を残している選手。それだけ打てるポイントの球を逃さない「鋭さ」はあるのだろう。守備・走力共によくわからなかった部分も多いが、ぜひ夏には、もっと詳細を詰めてみてみたいと思う。今後の更なる成長を期待してみたい。

△池原 有(沖縄・嘉手納3年)投手 171/68 右/左

(どんな選手?)

投打に秀でた選手で、嘉手納の絶対的な存在です。中学時代から有名な選手だったようですが、昨秋からの成長はあまり感じられませんでした。むしろその将来性は、その高い野球センスを活かして、野手なのではないのでしょうか。

(投球内容)

球速は、125~MAX136キロぐらいで、神宮大会の時と、殆ど変わっていないです。カーブ・スライダー・チェンジアップ・フォークなど一通りの変化球を投げ分けますが、制球力・球の威力などなど、少々上のレベルでは物足りませんし、今後の伸び代を感じさせてくれる素材ではありません。

(野手として)

投手としても135キロぐらいまで出せることから、地肩はまずまず良いはずです。フィールディングの動きもまずまずですし、何より野球センスに優れた選手です。塁間も4.25秒弱とほぼ基準レベル。

(今後は)

今度見るときは、もう野手としてチェックを入れてみたいと思います。投手としては、残念ながら、ここまでの選手なのかなと。大学などでも、野球を続けて行ける素材だと思いますが、打撃に専念した時に、どのぐらい選手になるのか期待させてくれる選手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

亜細亜大×八戸大

 投稿者:kimi  投稿日:2010年 3月30日(火)01時34分36秒
返信・引用
  蔵さんこんばんは、

忙しさのピークがなんとか過ぎ、時間が出来たので日曜に亜細亜大対八戸大とのオープン戦を観にいってきました。亜細亜のグラウンドには先週土曜にも愛工大戦を観に行ってきましたので併せてレポートします。環境の問題などでブログがまだみれず、八戸大は内容がかぶっていたらすみません。

日曜の試合は八戸大が6-0で亜細亜に勝ちました。
八戸大の先発の小林寛(新1年 右/右 178/78 光星学院)は2安打無四球で完封勝ちでした。2回と3回に一死からヒットを打たれますが、許したランナーはこの二人だけで4回以降はパーフェクト、走塁死が1つあったので打者28人で終わりました。
ストレートはMAX137、変化球はスライダー、カーブ、フォークがありました。立ち上がりはストレートを両サイドに投げ分ける投球で、最初はそれほど印象には残りませんでした。3回まではストレート8割にスライダー2割くらいだったのですが、4回からはフォークを多投します。これでタイミングをずらすと7回からはスライダーを要所で使い、最後まで的を絞らせませんでした。全体的に球がやや高かったのですが、両サイドの厳しいコースに投げ込むので右打者はインコースを打つのが窮屈そうでした。球がかなり重いのか、外野の頭を越えそうなフライは一度のみで、2本のヒットもスライダーを上手く合わされてレフト前に打たれたものでした。
がっしりした体格ですし、最初は上級生かと思っていました。オープン戦では結構投げているようです。
小林の投球もよかったのですが、捕手の上原のリードが冴えていましたし、亜細亜打線の早打ちにも助けられた感じです。スリーボールになったのは最終打者だけで、球数はほぼ100球、三振4、ゴロアウト11、フライアウト11、走塁死1という内容でした。
八戸大打線は東浜の多彩な変化球をよく捕らえていました。5番の内田は小柄ながら力強いスイングで鋭い打球を放ってましたし、9番の浅野も東浜から右中間を深々を破るツーベースを打ったりと、上位から下位までよく振れていました。

対照的に亜細亜先発の東浜は不安の残る投球でした。球自体はそれほど悪くないのですが、守備のミスもあって5回6失点でした。ほとんどがエラーがらみの失点なのですが、4回には暴投で追加点を許すなど内容が良くなかったです。
東浜が5回で降板し、左腕の大山がその後3イニングを投げました。これまでは特に印象に残りませんでしたが、この日は素晴らしい投球でした。MAX138のストレートに大きなカーブはキレがあり、3回を1安打無失点に抑えます。厳しいコースにテンポよく投げ込む投球で、4番の秋山のバットをへし折るなど球威がかなり上がった印象を受けました。
打線では中軸がブルーノ、中西、本間の並びでした。中西はポジションは異なりましたが2試合とも4番でした。脇を固める田代、青柳、中村毅、福呂、小林らが下級生ということもあり、中田中原らがいた昨年に比べると小粒になった感じがします。
愛工大との試合では新入生の嶺井(沖縄尚学)が8番ファーストで出場していました。二松学舎から入学した京屋は東都HPの選手名鑑では捕手の登録なのですが、もらった名簿では内野手登録になってます。


先週の愛工大戦も少し触れます。
愛工大が5-1で亜細亜を下しましたが、亜細亜の中村駿介、愛工大長瀬の投手戦は見ごたえがありました。中村は常時140前後でMAX144、制球が以前より良くなっていました。
愛工大の長瀬は初回に中西のツリーベースで先制され、その後も味方の守備に足を引っ張られますが、7回を4安打2死球1失点と安定した内容でした。
ここ2年くらいは愛工大の試合を観にいくと大抵彼が先発していました。両サイドにスライダーとシュートを投げて打たせてとるタイプで、毎回のようにランナーを出しながらも粘り強く投げる投手という印象だったのですが、この日はストレート、スライダーともに非常にキレがよく、過去最高の内容でした。
これまではストレートの平均が130前半でしたが、この日は平均138前後で、MAXは144を記録していました。春の活躍次第ではドラフト候補に名前が挙がってきそうです。

打者ではショートの荻野の活躍が目立ちました。元々6番あたりを打つことが多いのですがこの日は9番でした。スイングがシャープになってましたし、軽快な守備は健在でした。セーフティーバントを決めるなど持ち味がよく出ていました。去年の首位打者で、強打の1番打者の藤川はベンチに入っていませんでした。
5-1で迎えた9回には名電から入学した久野が登板しました。球速は135くらいでしたがまずまず重そうな球を投げていました。高校時代は不完全燃焼でしたので大学で開花してほしいです。

5月の連休に愛知大学リーグを観にいく予定ですが、この週は愛工大の試合がないため、観戦できてよかったです。上記の4年生3人は社会人には進むでしょうし、指名候補に名前が挙がるような活躍を期待したいです。
 
    (蔵建て男) 私の見た試合でも、先発は小林でした。私も3年生ぐらいの投手なのかと思っていたのですが・・・。常時135キロぐらいでしたが、MAXで140キロも記録しておりました。バランスの取れた良い投手だと思います。
八戸大は、神奈川大を打線で圧倒。私が見た試合では、4番・秋山が打ちまくっておりました。

愛工大の長瀬投手ですか、ぜひ見てみたいですね愛知リーグ。できれば春の間に一度遠征したいのですが、どのタイミングで行うのか、これからじっくり考えてみたいと思います。今年は、人材が集まったなあ。
 

山本・・・

 投稿者:OH MY LITTLE BOY  投稿日:2010年 3月29日(月)21時07分1秒
返信・引用
  智弁和歌山の主砲山本、キリキリ舞いでしたね・・・
近畿大会では立命館宇治戦などて豪打炸裂だったのですが・・・
やはり全国レベルの投手相手だと厳しいのですね。
夏に期待です。
 
    (蔵建て男) 島袋投手が、西川と山本の時の攻めは、徹底しておりましたね。この経験を糧にして、更に大きく成長して頂きたいと思います。  

敦賀気比VS天理2

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 3月29日(月)09時27分47秒
返信・引用
  ようやく選抜の出場全チームが出揃い、2度目からのチェックは、かなり要点を絞って観戦できそうで、大幅に時間が短縮できそうです。今日からは、寸評・個別寸評だけでなく、全国の地方大会のビデオ観戦も、再会して行きたいと思います。少し日数が開いてしまいましたが、今朝は、天理の選手たち二人ほど取り上げてみたいと思います。

△中村 奨吾(奈良・天理3年)中堅 178/72 右/右

(どんな選手?)

強力打線である天理の3番打者を務める選手です。鋭いヘッドスピードの持ち主で、三拍子バランスの取れたプレーができます。

(守備・走塁面)

新チーム結成以来の32試合で11盗塁は、チーム2位の成績。ただ一塁までの塁間を計測した時は、4.7秒ぐらい(左打者換算で4.4秒に相当)と基準レベル以下。実際もっと走り抜けることができるのかもしれないが、上のレベルで足を売りにするのは難しいかもしれない。

残念ながら、この試合では守備面・地肩に関してもよくわからず。もし他の試合で見られる機会があったら、もう少しこの辺にも注目してみてみたい。

(打撃内容)

鋭いスイングで、野手の間を抜けて行くのが、この選手の元来の持ち味なのだろう。実際気になるのは、構えた時に、少し猫背気味で力感が感じられない。もう少し背筋を伸ばし構えたい。

仕掛けは、「平均的な仕掛け」を採用するなど、中距離・ポイントゲッタータイプ。彼のような野手の間を抜けてゆくのが持ち味ならば、更に始動を早めて余裕を持たせた方が良いのかもしれない。

足を軽く引き上げ、真っ直ぐ踏み込むオーソドックスなスタイル。真っ直ぐ踏み込んだ足元がブレないのは良いのだが、打撃の準備段階である「トップ」を作るのが遅れ気味で、インパクトの瞬間にもバットの先端が下がってしまい、ボールを捉える面積が小さいので、ヒットの確率が低い。その辺の欠点を、鋭いヘッドスピードと金属バットの反発力で誤魔化すことはできるが、木製バットでは厳しいのではないのだろうか。

ただ、頭の動きは小さく目線はブレないのは良い。体の開きも我慢でき、軸足もソコソコ安定するなど、波の少ない打撃は期待できそう。選抜で結果が残せなかったことを糧に、ぜひ夏に向けて取り組んで欲しい。

(今後は)

これだけの打線の中軸を任されている実績からも、地元関西の大学などに進んで、野球を続けて行ける素材だとは思います。ただ、まだまだ技術的にも課題がありますし、守備・走塁などでもアピールできるレベルまで引き上げて欲しいですね。特にビシッとした体作りを行い「強さ」を磨いて欲しいと思います。

△内野 聡(奈良・天理3年)左翼 178/78 右/左

(どんな選手?)

昨年選抜に出場した選手の中で、NO.1の長打力を残して挑んだ選抜。その後、大きな不調に入り、復活し始めたのは、新チーム結成以後だった。そんな中、粗かった打撃も、随分と対応力を増すことに成功。選抜に向け、一皮むけた成長を魅せてくれた。

(守備・走塁面)

残念ながら、この試合では走力は計測できず。昨年計測した時は、4.35~4.45秒前後と左打者としても基準以下のタイム。選抜の敦賀気比戦でも果敢に盗塁を試みるも、失敗に終わっている。残念ながら、上のレベルで足を売りにするタイプではなさそうだ。

また左翼手としても、平均からそれ以下で、アピールするほどではない。地肩も弱く、打撃重視で左翼を任されていることがわかる。守備・走力に関しては、上のレベルでもやや劣る能力であるようだ。

(打撃内容)

昨春までは、スイングは力強い代わりに、ボールを捉える能力に課題がありました。しかしこの春には、対応力を大幅に増し、長打力よりも勝負強さが目立つ選手に変貌。

グリップを高めに添えた強打者スタイルで、全体のバランス・両目で前を見据える姿勢も良く、打席での雰囲気も出てきました。

仕掛けは「平均的な仕掛け」を採用しており、中距離・ポイントゲッタータイプ。まさに、今の彼のプレースタイルと合致していて、良いと思います。

足をしっかり引き上げ、真っ直ぐからややインステップ気味、力強く踏み込んできます。インパクトの際にも足元がブレないなど、上半身と下半身のバランスの取れたスイングができます。

また打撃の準備段階である「トップ」(バットを振り出すところ)を作るのも遅くなく、インパクトの際にもバットの先端が下がらず、コンパクトにしっかり振り切ることができております。打球も力強いですし、体軸も安定しており、技術的にも理にかなったフォームになってきました。

(今後は)

打つことに関しては、非常に技術的に、肉体的にも素晴らしいものがあります。昨春までは、長打力が目立っていた選手ですが、今は技術・勝負強さが光るタイプは、大きくモデルチェンジをしております。

ただ残念なのは、打撃重視型の選手で、守備・走力との兼ね合いで、物足りない面があるところ。そこに目をつむって起用してくれる環境に進んで、野球を続けて欲しいですね。昨年の伸び悩みを見てきただけに、この大きな成長も、感激がひとしおでした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

敦賀気比VS天理1

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 3月25日(木)06時59分43秒
返信・引用 編集済
  本当に、この掲示板に書き込むのは久々です。今日から少しずつ、こちらの掲示板で書き込みたいと思います。天理の打者達は、わからなかった部分も多いので、2回戦で取り上げようかなと思います。この試合の個別寸評候補は、安田遊撃手と西浦健太投手を予定しております。また吉田(敦賀気比)・西口(天理)の2年生に関しては「迷スカウト」上での、個別寸評を考えておりますので、楽しみにしておいてください。

△高原 悠介(福井・敦賀気比 3年)投手 172/64 左/左

(どんな投手?)

いわゆる「ピッチングが出来る投手」といった感じで、高低・コーナーワークを活かし、球の微妙な出し入れができる投球術が自慢の左腕です。

(投球内容)

球速は、130キロ前後ぐらいですが、ビシッとミットに突き刺さるなど悪くありません。カーブは曲がりきらいないことも序盤多かったのですが、しっかり曲がった時には、左腕らしい大きなカーブを投げ込みます。スライダーなど緩い球を投げると、思わず打者のタイミングが崩れるようなチェンジアップ的な効果を期待できるところも、この投手の良さになります。

ただ、左腕の割には牽制は並。特にクィックが1.4~1.5秒ぐらいかかるなど、クィックになっていない点が気になります。また両コーナーに球を散らせている割に、高めに浮いた球を痛打されるなど、ボールが意外に見やすい・タイミングが図られやすい傾向にあるのではないのでしょうか。

(今後は)

もう少し実戦派左腕を目指すのならば、ストレートの球威・球速を増すよりも、手元でキレる体のキレ・腕の振りの「鋭さ」を磨いて欲しいですね。この投手に必要なのは、「強さ」「鋭さ」などの肉体的な部分の改善がまだまだ求められます。元来は、もっと球の出し入れで微妙な投球ができる投手なのだと思うので、今後の更なる成長を期待してみたいと思います。何より、投球のできる左腕は貴重ですから。

△沼田 優雅(奈良・天理3年)投手 171/73 左/左

(どんな投手?)

いわゆる「左腕の好投手」といった感じの投手で、投球テンポ・マウンド捌きの良さが目立ちます。特に、右打者外角に逃げるスクリューの威力が目を惹きました。

(投球内容)

球速は、125キロ前後ぐらいのストレートで、球威・球速・キレ共に、やや物足りない印象は否めません。昨夏は、確か130~MAXで136キロまで出ていたので、球威・球速が落ちているのが気になります。また変化球も、左腕らしいカーブが陰を潜め、左打者の外角低めに切れ込むスライダー・右打者の外角へ落ちてゆくスクリューが、大きな武器となります。昨夏からの成長は、スクリューと言う大きな武器を身につけ、投球の大幅が大きく広がった点です。

この選手の素晴らしいのは、投球の上手さだけでなく、牽制・フィールディング・それに1.15秒前後のクィックなど、投げる以外の部分がきっちりできるので、大学などに進んでも、比較的早く起用できる力を身につけている点です。制球もしっかりしているので、安心して首脳陣が起用できるタイプの投手です。

(今後は)

昨年課題だった、変化球が全体的に高い欠点や、シュート系の球がなかったのを改善できたことは大きいです。ただその分、ストレートが劣化し、カーブがなくなっていたのは残念。夏までに、それを取り戻しつつ、新たな覚えた球を織りまぜられると楽しみです。体に「強さ」「鋭さ」を磨き、ボールにも「速さ」などを意識して、パワーアップに取り組んで欲しいところです。「制球の良い左腕は買い」と言うことで、確かな土台に上乗せを期待してみたいと思います。大学・社会人などで続けて行ける投手に、育って欲しいですね。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

完敗でした・・・

 投稿者:白球の記憶  投稿日:2010年 3月22日(月)05時13分36秒
返信・引用
   蔵さん、こんばんは。お久しぶりです。
 昨日は私の地元の嘉手納高校が初戦だったのですが、花咲徳栄の前に0-4と敗れました。正直、完敗でした。嘉手納もバッテリー中心によく守ってはいたのですが、相手の五明投手の前に打線が抑えられ、チャンスを作らせてもらえませんでした。
 気になったのは、嘉手納のスイングです。全体的に引っ張りにかかっているので、外角の球をことごとく引っかけたり、打ち上げてしまっていました。もう少しコンパクトなスイングで、センター返しを徹底した方が、攻略の糸口をつかめたのではないかと思います。
 残念ですか、今日は全てにおいて相手が上回っていました。嘉手納は全国で勝ち進むには、色々な部分で力不足だったと思います。それでも、池原投手の小気味よいピッチング、バックの好守で見せ場は作りました。再度鍛え直して、夏の興南との対決に臨んでほしいと思います。

 三日後には興南の試合があるので、期待します。蔵さん、今後ともよろしくお願いします。
 
    (蔵建て男) 嘉手納残念な結果に終わりましたが、興南は勝ち上がっていますね。今年もまだまだ沖縄旋風が吹き荒れそうです。  

駒大×仙台大

 投稿者:kimi  投稿日:2010年 3月14日(日)23時56分50秒
返信・引用
  蔵さんこんばんは、
オフシーズンということもあってすっかりご無沙汰しております。あまり大したことは書けませんが、本年度も宜しくお願い致します。

昨日は駒大のグラウンドに足を運び、仙台大とのオープン戦を観てきました。仙台大はこれまで観戦縁がなかったですし、矢島と雨宮の帝京コンビが最終学年なので、観られるときにみておこうと思いました。
昨年は自己最多の207試合を観戦できたのですが、今年は土日出勤が多くて全然休みが取れず、まともに試合を観戦できたのは今期初でした。

試合は序盤から得点を重ねた駒大が13-7で勝ちました。駒大は三者凡退だったのが8回ウラのみで7回までは毎回安打、6回以降はベンチ入りの選手が全員出てきますが出てきた下級生もヒットを重ねるなど、打者はよく振れていました。1年生の宇賀神(青藍泰斗)、石崎(PL)、藤原(寒川)もそれぞれ結果を残しました。

駒大先発の白崎勇気は7回を4安打2四球6奪三振と好投しました。6回に2点を失いますが、失策がらみなので自責点ゼロでした。入学当初から何度か観てきましたが、先発して長い回を投げるのを観るのは初めてでした。インローの厳しいコースに投げ込む速球は角度があるので打ちづらく、スタメンに左打者が6人並ぶ相手打線に対して序盤は面白いように決まっていました。アウトローに落とすフォークも制球がよく、内野ゴロの山を築きました。球速は130前半から中盤です。5回あたりからはキレが無くなってきましたが、それでも危なげない投球でした。

駒大の打者では上村、白崎浩之、山本が目立ちました。上村は守備・リードともに冴えてましたし、ホームランを含む2安打と打撃でも活躍しました。
白崎は8番サードでの出場でした。ショートの岡は外せないでしょうし、サードで使っていくのかと思います。守備ではどんどん前に突っ込んできますし、肩も強いのでこのままサードで起用しても面白いかと。打撃では内角に詰まりながらもきっちり振り切ってレフト前に落とすなど、引っ張り中心ながら3打席で2安打でした。
4番で出場していた山本(4年 右/右 松山商)はこれまで注目してみてなかったのですが、ボールを呼び込んで鋭い打球を連発しており、非常に印象に残りました。1打席目は崩されながらも外角の変化球をフェンス前までライナーで運ぶレフトライナー、2打席目は同じような外角の球を風にのせてホームラン、3打席目は完全に泳がされながらもサード正面への痛烈な打球と、鋭い打球を連発していました。

一方の仙台大は1番から高島、雨宮、須山、矢島と並ぶ尽誠、帝京コンビに下位には大型捕手の関口(2年、東北)と選手は揃っていましたが、打線にまとまりがないように感じました。
4番の矢島はバットを立てて大きく構え、大きく足を上げるスラッガータイプでした。ランナーの有無に関わらず大きいのを狙いすぎで、ミスショットが目立ちました。
守備では内野の連携ミスが失点につながりました。3回はゲッツーでチェンジのはずがランナーを残して続く山本にツーラン、4回は一死一三塁でゲッツーがとれずに失点と、先発の圷が打たせて取るタイプなので細かい守備のミスは痛かったです。
マイナス面ばかり目立ってしまいましたが、関東遠征の最終日だったので疲れもあったかと思います。チーム全体が精彩を欠いていた感じでした。
東北地方の強豪校以外にも帝京など東北以外からも有望選手が集まってきてますし、また見てみたいチームでした。1年の野手では聖光学院の斉藤が唯一ベンチ入りしてました。

今日も別の試合を観にいったのですが、余力あるときにでも。。。
 
    (蔵建て男) ご無沙汰しております。今年未確認の駒大と仙台大の情報アリガトウございます。
いろいろ環境が変わり、観戦も大変でしょうが、どうか余裕のある時にでも書き込んでください。楽しみにお待ちしております。
 

広島経済大・柳田悠岐中堅手

 投稿者:hiroshijin  投稿日:2010年 3月12日(金)22時45分44秒
返信・引用
  お久しぶりです。先日広島経済大Gで広島経済大対吉備国際大のOP戦を見てきました。目的は今回あげる柳田選手を見るためです。なかなかこちらで紹介する機会のなかった選手なので、今回紹介したいと思います。

柳田 悠岐外野手(広島経済大4年) 187/85 右投げ左打ち

3季連続で首位打者を獲得するなど、広島六大学リーグでは頭ひとつ抜けた存在の選手です。また、打撃だけでなく俊足・強肩も備えており、1つ1つのプレーに迫力があります。

打撃面に関しては、バットを左耳の横で引き絞るように構え、そこから縦に切るようなスイングをしてきます。そのため強い打球は放てるのですが、基本的にはライナー打球の多いタイプです。上級生になってパワーを意識しているのか、全体的に硬い印象があるのが気になります。特に打球方向が引っ張り一辺倒になってしまったのはかなり残念です。以前のように外角の変化球を長い腕を利用して左中間にポーンとおっつけるような打球を見てみたいです。基本的な打球スピードは速いのですが、甘い球の打ち損じも多く、課題は山積みでしょう。
現状でのこの選手のアピールポイントは、守備・走塁面です。守備面では目を見張る強肩で、センターの低位置からほとんど山なりにならずにホームベースまで送球することができます。こと肩だけに関しては、中国地方では1番ではないでしょうか。守備範囲も広く、かなり積極的な守備をする印象があります。
50m6秒3といわれる俊足選手で、リーグ戦でも5個前後の盗塁を決めています。ただ、俊足が最大に生かされるのは、1塁から2塁、または3塁へと回るベースランニングの加速力です。外野手の間を抜ければほとんど3塁打にしてしまうくらいです。
しかし現状は、昨秋からの疲労性の腰痛のため、守備につけないでいます。この怪我は、打撃面においても成績を頭打ちにさせている原因にも思えます。ポテンシャルだけならばえげつないだけに、かなりもったいないですね。
今年に求められることは、全国大会での結果です。ここまでは選手権・神宮計4回出ているはずですが、1安打くらいしか打っていません。技術的に粗いので、全国レベルでは簡単にひねられてしまいます。
このリーグでは、巨人の隠善以来のプロを目指せる選手だと思います。そしてこの選手以降はそういった存在はしばらく出てこないでしょう。それだけに、この1年の結果が気になるところです。まずは、十分に動けるコンディションを作ってほしいところです。
 
    (蔵建て男) いつも詳しいレポートアリガトウございます。隠善以来の素材なんですね、大いに期待して今年一年注目してみたいと思います。  

お久しぶりです。

 投稿者:半島  投稿日:2010年 3月11日(木)22時55分12秒
返信・引用
  蔵さん、こんばんは。もう3月で今更なんですが今年も宜しくお願いします。
沖縄の春季大会の組み合わせが決まりました。
http://www.kouyaren-okinawa.jp/3haru/H22haru0308.pdf
こちらから確認できますが、字が小さいので見えにくいですね。
シードは沖水、浦商、浦添、糸満になったようです。沖水ブロックの対抗は久米島・沖尚かと思いますが総合力では沖水が上だと思うので順当に来る気がします。沖尚はそろそろ復活して欲しいですね。浦商ブロックは地力のあるチームが集り激戦ですね。打力に勝る浦商が来そうな感じがしますが、本当に分からないですね。贅沢なブロックだと思います。浦添ブックは西原・豊見城のどちらかが勝ちあがってくると思います。総合力が高い西原が有力でしょうか。糸満ブロックは糸満の一強だと思います。糸満はこの組み合わせを見る限り九州行きはほぼ確実だと思います。まぁ正直これで逃すなんてことはあってはならないと思います。
春は今のところ、22日のコザー美里、本部ー南風原、前原ー中部商業の試合を観戦しに行こうと思っています。また八重山農林の多宇投手が好投手との噂なのでタイミングが合えば見に行きたいですね。

そしてもう一つ、嘉手納と龍谷大平安の練習試合を見に行きました。結果は18-0と嘉手納の圧勝で順調な仕上がり具合が目に付きました。平安は谷投手という長身左腕が登板しなかなか角度と球威を感じさせました。嘉手納の打者は小柄ですがスイングは非常に力強く谷投手の直球にもぜんぜん力負けしていませんでした。またしっかり振り切ってくるので内野の頭を越えていました。
投手は池原投手と山城投手が登板しました。被安打は少なかったですがやや四死球が多くそこらへんは選抜までの課題でしょうか。守備などをみても試合感は鈍っていませんでしたし、エラーもなく、走塁もそつが無かったです。本当にここまで順調にきているなと感じました。開幕まで怪我だけはしないようそれだけは本当に気をつけて欲しいですね。

沖縄リストで以前書いた文章を見ましたが、なかなか酷いですね(笑)今年は時間をかけ、ちゃんと練って投稿したいと思います。ちょっと自分で読んで恥ずかしかったです。
 
    (蔵建て男) いつも熱心な活動、頭が下がります。九州各県は、春季大会真っ盛りですね。沖縄大会も進んでいるようで、糸満の九州大会進出を楽しみにしております。  

東西南北

 投稿者:たか  投稿日:2010年 3月 7日(日)01時00分0秒
返信・引用
  東西南北をパソコンがないので携帯から見たいのですが、何か方法はないのでしょうか?  
    (蔵建て男) パソコンでご確認できるようになりましたでしょうか?  

愛媛北条高校 二神投手

 投稿者:JAひがしうわ  投稿日:2010年 3月 5日(金)19時41分23秒
返信・引用
  残念ながら暴力事件を起こし、チームは対外試合6ヶ月禁止、本人は退学処分になったようです。
現愛媛MPの篠原投手(川之江高校退学)と同じで残念です。
 
    (蔵建て男) そうなんですか、誠に残念ですね。  

2009年 愛媛大会3

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 3月 1日(月)05時18分14秒
返信・引用
  もう2月も終わって3月なのですね。なんとか2月中にと思っていた四国の逸材シリーズも、しばらく終わりそうもありません。なんとか選抜までに、愛媛の残り、香川大会・高知大会を終えて、選抜を迎えたいと思います。しばらく選抜のレポートに追われたあとは、春季の関東大会と平行して、恐らく関東・東海地区へと入って行けると思います・・・。

△中越 広基(愛媛・野村2年)一塁 左打ち

(どんな選手?)

夏の大会では、一番・ファーストで出場。秋山 拓巳(西条-阪神4位)投手の球にも、力負けしないしっかりしたスイングができる選手でした。

(守備・走塁面)

一塁手と言うことで、あまり守備面は目立つところはなし。一塁までの塁間は、4.25秒前後と左打者の基準である4.2秒と比べると、基準レベルから少し遅いぐらいでしょうか。現状は、高校生としては遅くありませんが、上のレベルで足を売りにするほどではありませんでした。

(打撃内容)

対応力にそれほど光るものはありませんでしたが、しっかりとインパクトの際に、エネルギーを集約できるスイングができます。

スクエアスタンスで、グリップを下げ気味に、猫背で構えます。構えだけ観ていると弱々しいのですが、実はヘッドスピードは鋭く・インパクトに強いスイングができます。仕掛けは「早めの仕掛け」を採用し、アベレージ傾向が強いようです。

足を引き上げ、真っ直ぐ踏み込みます。「間」を取れる選手なので、打てるポイントは少なくなさそうです。真っ直ぐ踏み出した足が、インパクトの際に少しブレるのですが、それをカカトを地面にめり込ませることで、ロスを最小限に防ぐことができております。

あらかじめ捕手方向にグリップを置いている選手なので、打撃の準備段階である「トップ」を作るのが遅れることはありません。ヘッド下がって遠回りに出てくる感じなのですが、鋭いヘッドスピードと、バットの先端が下がらないでスイングできるので、意外に大きなロスは感じられません。スイングの弧も小さくないですし、最後までしっかり振り抜くことができます。もう少しミートポイントまでにロスなく振れれば、更に対応力を増しそうです。

(今後は)

新チームでも、一塁を守っているようです。けして動けない選手ないですし、長打で勝負するタイプではないので、上のレベルを意識するのであれば、別のポジションを担える方が有利であるように思えます。

しっかりしたスイングできる選手なので、あとは対応力・状況に応じた打撃などができるようになると好いですね。2010年度の愛媛を代表する打者に、ぜひ育って欲しい選手でした。

○岡田 譲二(愛媛・野村2年)右翼 左打ち

(どんな選手?)

夏の大会では、三番・右翼手として出場。秋季愛媛大会では、チームをベスト4に押し上げる活躍の原動力になった1人です。ボールを捉えるセンスを持った、打撃には非凡な才能を持った選手です。

(守備・走塁面)

残念ながら、走力に関してはよくわからず。ただ右翼手としての動き・反応などを見ていると、まだまだといった感じで、けして上手い選手ではないと思います。また返球を観ていると、それほど肩の強い選手には見えませんでした。守備面では、もう少し成長が欲しいかなと言う印象です。

(打撃内容)

秋山 拓巳(西条-阪神4位)投手レベルの球でも、的確にミートポイントで捉えられるセンスは、この試合でも光っておりました。秋山の外角低めのツーシームを綺麗に捉えてレフト前に振り抜いたり、完全にムキになって力任せで抑えに来る秋山の渾身のストレートを、あわやライトオーバーと言う強打で打ち返すなど、その打撃能力は、すでに全国級です。

スクエアスタンスで、実にバランスよくリラックスして構えられております。仕掛けは「平均的な仕掛け」を採用するなど、中距離・ポイントゲッタータイプ。足を軽くあげてから、ベースから離れた方向に踏み出すアウトステップを採用。その足下が、インパクトの際にブレないのが好いです。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのは平均的で、バットのヘッドを立てながら、上から叩きに行きます。ミートポイントまでのロスは感じさせず、しっかり低めの球でもすくう
ことができます。この選手の良さは、ボールを捉える非凡なバットコントロールがありながら、しっかりと振り抜く鋭いスイングもできる点です。

(今後は)

守備・走塁が、どのレベルになるのかも重要だと思います。ただ打撃に関しては、すでに昨夏の時点で、秋山をモノともしないレベルにあったので、全国レベルの好投手でも充分対応できるはずです。打つことに関しては、上のレベルを充分意識できるだけに、総合力を引き上げて、志しを高く持って取り組んで欲しい選手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年 愛媛大会2

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月28日(日)08時58分35秒
返信・引用
  皆様おはようございます。今朝も、愛媛大会のレポートの続きから。

○上田 晃平(愛媛・南宇和2年)投手 175/66 右/左

(どんな選手?)

140キロ近い速球を投げ込む投手として、プロからも注目されている投手です。投打に非凡な才能を秘めた、四国のドラフト候補になりえる存在です。

(投球内容)

中背から淡々と投げ込んで来る投手なのですが、ビシッとミットに突き刺さります。球速は、昨夏の時点で常時135~140キロ弱ぐらいでしょうか。ただMAXは、136キロとのことなので、球速表示以上に、手元で来ているのかもしれません。

変化球は、縦に割れるカーブと、あまり投げないのですがスライダーがあるように思えます。多少アバウトですが、右打者には両サイドに投げ分けられます。内角を厳しく突きつつ、外角低めのボールゾーンに落ちて行くカーブで空振りを誘うこともあります。ただ左打者に対しては、かなりアバウトな印象です。

フィールディングの動きはまずまずですが、クィックは1.3秒弱と、それほど鋭くありません。ただマウンド捌きも悪くないですし、将来的には打者かもと思わせるぐらいの、打撃能力もあり、野球センスは好い選手です。

(投球フォーム)

あまり力感のあるフォームではありません。お尻は、ある程度一塁側に落とせるので、縦のカーブを武器にするようにカーブ・縦系の修得は、将来的に可能かと思います。もう少しグラブを後ろに抜けないように、しっかり抱えられると、もっと制球が安定しそうです。

投球の4大動作においては、「球持ち」「着地」は、平均的ですが、身体の「開き」が早いのが最大の課題。また「体重移動」がもう一つで、ボールにキレは生まれますが、前へグ~ンと乗るような勢いが物足りません。

(今後は)

現状は、中背の体格に物足りなさを感じますので、一冬超えて、身体が一回り、二回り大きくなることを期待したいです。またフォームに躍動感がないので、もっと腕を強く振ったり、体重が前に乗って来るようだと、躍動感が出てきて良いかなと思います。ただ秋には、フォームを崩したそうなので、なかなか微妙な投手なのかもしれません。

恐らく2010年度において、四国を代表する投手になろうかと思います。ただ高卒プロまでのぼりつめられるような、圧倒的な存在感を示すには、少々物足りないかもしれませんね。大学・社会人とステップアップして行くことで、徐々にその力量を増して、プロを意識できる選手に育って欲しいと思います。

△中川 大輔(愛媛・宇和島東3年)投手 172/58 右/左

(どんな投手?)

昨夏も取り上げた投手で、最終学年ではMAX137キロまで伸ばしてきたと聞いております。5月に上手投げからスリークオーターに転向。球速を、10キロ近く伸ばすことに成功したそうです。ただ最大の武器は、右打者内角に食い込んで来るシュート系の球であるように思えます。

(投球内容)

スリークオーターから繰り出す速球は、常時130~135キロぐらい。手元までの伸び・勢いは、まずまず。変化球は、カーブ・スライダー・シンカー・シュートなどがあるようでした。それほど凄みはありませんでしたが、順調に力量をのばしてきた感じがします。


やや左打者にはアバウトでしたが、右打者には内外角に、きっちり投げ分ける制球力があります。クィックも1.05秒前後と素早く、フィールディングは平均的で、マウンド捌きには破綻がありません。

(投球フォーム)

ランナーがいなくても、セットポジションから投げ込んできます。しかしながら、足を勢いよく引き上げて来るので、とても躍動感のあるタイプです。重心を深く沈めて投げ込むスリークオーター。グラブもしっかり抱え、フォームの隅々まで意識がいったレベルの高いフォームになっております。

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」も、いずれも平均~それ以上になっており、スリークオーターに多く観られる開きの早いフォームではないのが良いです。中々実戦的なフォームだと、言えるのではないのでしょうか。

(今後は)

技術+躍動感のあるフォームで、もう少し早くフォームが固められていたら、また違った結果になったかもしれませんね。ただ、大学などでも野球を続けられる素材だと思うので、これからも、日々精進して進化を続けて行って欲しいと思います。

野球を深く探求できそうな選手なので、今後の成長も期待が持てます。ぜひまた、何処かの球場で、その成長した姿を見られることを、今から楽しみにしております。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年 愛媛大会

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月27日(土)10時45分17秒
返信・引用
  皆様おはようございます。このところ、女子フィギュアスケートを見ていたら、ページの更新がおろそかになってしまった管理人。今日から、夏の愛媛大会から、注目の選手たちについて触れて行きたいと思います。

△二神 光祐(愛媛・北条2年)投手 左/左

(どんな選手?)

腕を縦に強く振れるのが特徴です。それでいて落ち着いたマウンド捌きと、球威のある球を投げ込むサウスポーです。

(投球内容)

ワインドアップで振りかぶり、その球速は125~130キロぐらいだと思うのですが、カーブ(スライダー)とのコンビネーションで投げ込んできます。この投手、別段制球力が良いわけではないのですが、自分のペースに引き込むのが上手く、自分のテンポで投げ込んできます。右打者には、アウトコース中心に球を集めることができますが、左打者には、対象アバウトな印象です。

2年生としては、ストレートで、変化球も悪くありません。フィールディング・クィックなども悪くなく、大きな破綻はないタイプです。

(投球フォーム)

お尻を上手く落とせない投手なので、将来的に縦の変化を望めるタイプではありません。それでも曲がりながら落ちるカーブだか、スライダーのキレは悪くありませんが、無理に腕を高い位置から振り下ろそうとしているので、体への負担は少なくないように思えます。

投球の4大動作である「着地」「球持ち」には、まだまだ粘りがないです。ただ「体重移動」は、思ったほど悪くありませんし、球の出所「開き」に関しては、それまでボールを隠せておりますし、悪くないと思います。

(今後は)

夏には、常時130~135キロ級の投手に育っているのではないかと言う期待はあります。2010年度の愛媛を代表する左腕への期待が高まります。マウンドセンス・球威・変化球もそれなりなので、あとは制球力・実戦的なフォームなどの課題をクリアして、一冬超えた成長を期待したいですね。ただ高卒プロと言うよりは、大学などに進んで野球を続けて行くことを期待したいタイプでした。

△豊田 健朗(愛媛・松山商3年)投手 174/68 右/右

(どんな選手?)

夏は、2回戦で破れてしまいましたが、名門・松山商の2009年度のエースです。洗練された野球をするイメージのある松山商にあって、結構力投派の投手でした。その球速は、MAXで140キロに到達したと言われます。

(投球内容)

一見大人しそうな投手に見えるのですが、結構体を振って投げ込む力投派です。そのため球速も、常時135~MAX140キロぐらいまで出ている感じでした。ただ球の勢いはそれなりでしたが、ボールの伸び・球威は、それほど際立つものは感じません。

変化球も、カーブ・スライダー・シュート系の球などありますが、縦の変化はないように思えます。球が暴れるタイプなので、細かい制球力はなく枠の中に、投げ込んで来るタイプです。マウンド捌きなどは悪くなく、クィックも1.1秒台前半でまとめるなど、野球センスはそれなりです。投手として、大きな破綻は感じられません。

(投球フォーム)

足をニ塁側に送り込み、体に巻き付くような感じのフォームです。お尻を一塁側に落とせるタイプではないので、将来的に緩急・縦系の習得には疑問が残りますが、グラブをしっかり内に抱えられているところには好感が持てます。投げ終わった後のバランスが良くなると、もっと制球が安定してくるのではないのでしょうか。

投球の4大動作のうち「開き」「体重移動」「球持ち」は、平均的だと思います。しいて課題をあげれば「着地」があっさりしていて、フォームに粘りが物足りません。せっかく足を絡ませるようなフォームなのですから、着地までの時間が稼げるようになると、もっと嫌らしい粘っこい投球ができるようになりそうです。

(今後は)

何処に進むかは存じませんが、地方大学などに進んでも、野球を続けて欲しい選手ですね。資質・センスなどは悪くありませんし、まだ伸びる余地もありそうです。また何処かの球場で、出会える日を楽しみにしたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

Re: 2009年 佐賀の逸材3!

 投稿者:BBS  投稿日:2010年 2月27日(土)10時40分31秒
返信・引用
  > No.9868[元記事へ]

蔵建て男さんへのお返事です。

> ◯田中 崇大(佐賀・鳥栖 2年)三塁 176/73 右/右

田中は新チームから捕手にコンバートされています。
元々キャッチャーが本職らしく、強肩(1.9切るくらい)捕手としては高校生の中でもトップクラスだと思います。
 
    (蔵建て男) へぇ~、捕手ですか。ますます楽しみになってきましたね。ぜひ今年も確認したいところです。  

リーグのレベル

 投稿者:福岡6大学リーグ  投稿日:2010年 2月26日(金)00時02分18秒
返信・引用
  いろんなところでドラフト候補の選手に関する寸評を見ているのですが

大学生の候補の成績や寸評を見てすごい成績を残した選手がドラフトで結構下位だったり
入団後大した活躍をせずに退団したりする選手がいて

大学時代の成績をどう判断してよいものか悩むことがあります
ここでなく別の機会でもいいので

全国の大学野球のリーグのレベルについて解説して貰えるとありがたいのですが
もし時間がありましたらお願いします
 
    (蔵建て男) 私も各リーグを比較できるほど、常に観ているわけではないので、なんともいえません。

むしろ我々の場合、現時点での力もありますが、プロ入り後伸びる要素・野球への取り組みなどにより、プロの環境で資質を伸ばすことができるのかの方が問題になります。

ですから大学生が即戦力と殆どなりえなくなった今、それほど各リーグのレベルの差も大きな要素ではなくなりつつあります。
 

2009年 佐賀の逸材9!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月24日(水)07時37分59秒
返信・引用
  皆様おはようございます。今日ご紹介する、佐賀大会の逸材は、非常に将来楽しみな一人です。ぜひ、覚えておいて頂きたい選手たちです。

◯堤 裕貴(佐賀・龍谷1年)遊撃 右/左

(どんな選手?)

1年生ながら、4番・遊撃手として出場した将来楽しみな選手。この選手の素晴らしいのは、選球眼抜群の動体視力の高さと一年生離れした遊撃守備。その潜在能力は、2年後全国で話題になるだろう、極めて有望な選手です。

(守備・走塁面)

少々緩めてしまったセカンドゴロのタイムしか計測できませんでしたが、塁間4.6秒ぐらいと、左打者としては遅いタイムでした。恐らく本気で走り抜けても、塁間4.3秒ぐらいでしょうから、足を売りにするタイプではなさそうです。

ただ遊撃守備は、一年生ながら、かなり上手いです。打球への判断力に優れ、前へのダッシュ力も素晴らしいです。更に地肩もかなり強く、守備に関しては3年生と混ぜても、上位級です。更に、その精度を高めて行けば、全国を代表する遊撃手になると思います。

(打撃内容)

その守備だけでもアピールできる素材ですが、打撃も1年生離れしております。けして長距離打者ではないのですが、ボールの見極めに関しては、極めて高いものがあります。あとは、ヘッドスピード鋭さ・スイングの強さを磨いて行けば、最終学年では非常に楽しみな存在だと思います。

打撃フォームは、スクエアスタンスで、グリップを高い位置に添えます。グリップを捕手方向に、かなり引いた癖のある独特の構えです。仕掛けも、投手の重心が下がって来る時にベース側に足を持ってゆき、本格的な始動はリリース後と言う「遅すぎる仕掛け」を採用。そういった意味では、一定レベル以上のスピード・キレに対し、どう対処するのか見てみたい気が致します。

足を少しだけ浮かして、真っ直ぐ踏み込むのですが、足をあげている「間」が殆どないので、打てるポイントは限られます。その球を如何に逃さず叩くのかが、この選手のポイントになります。ただ天性の選球眼があるので、その点には大きな心配はありません。真っ直ぐ踏み込んだ足元は、インパクトの際にブレないので、打ち損じは少ないと思います。

打撃の準備段階をいち早く作れておりますが、そこからバットを寝せてだし、インパクトの際にはバットの先端が下がらずに、広い面でボールを捉えられます。スイングの弧も大きく、フォロースルーまできっちりバットを振り切ることができています。ただ、フォロースルーの時に、グリップを高い位置まで引き上げるタイプではないので、けして長距離タイプの打者ではありません。スイング軌道にも大きなロスはなく、あとはヘッドスピード・スイングの強さに磨きがかかれば、将来楽しみです。

癖のある構え、仕掛けの遅すぎなどの癖はあるのですが、動作自体は極めてシンプルにまとめられております。そのため頭のブレ・体の開き・軸足の強さも感じられるなど、素材としての奥行きが感じれます。

(今後は)

2年後は、恐らく全国でも指折りの遊撃手として注目されると思います。特にその守備力は、全国級。ただ打つだけの選手ではないところが素晴らしいですし、持っている動体視力の良さからも、その可能性は広がります。ぜひ志しを高く持って、高卒でプロに行くのだと言う気構えで、日々練習に挑んで欲しいと思います。願わくば、体がもう一回り、二回り大きくなって欲しいと思います。

◯宮島 勇ニ(佐賀・多久2年)投手 178/71 左/左

(どんな選手?)

2010年度の九州を代表する左腕になると思われる投手で、すでにMAX142キロに到達していると言われます。角度のあるストレートを投げ下ろし、切れ味鋭いカーブとのコンビネーションで、三振の山を築きます。

(投球内容)

夏の大会では、常時135キロ前後ぐらいだと思いますが、時々指にかかった時の球は、確かに140キロ近く出ていそうな球があります。そういった球が、まだまだ少ないのが、今後の課題かと思います。投球の多くは、キレや伸びと言うよりは、球威で押すストレートとストライクゾーンからボールゾーンに切れ込むカーブ(スライダー?)とのコンビネーションです。

左腕の割には、それほどけん制も上手くなく、クィックも1.25秒前後と、もうワンランク鋭さが欲しいところ。試合をまとめるセンス・マウンド捌きも平均的で、野球センスに優れたタイプと言う感じは致しません。それでいて、素材型と言うほどでもありません。制球も細かいコントロールはなく、枠の中にどんどん投げ込んで来るといったタイプ。まあ、破綻のない投球ができるタイプと言う感じでしょうか。

(投球フォーム)

ノーワインドアップで投げ込む投手なのですが、足をピンと伸ばすことなく、抱え込んだまま少し前屈みで体重を落として行くタイプです。そのため、お尻を三塁側(左投手の場合)に落とすことができないので、将来的に縦の鋭い変化は望めないタイプかなと思います。

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「体重移動」「開き」の観点からみても、球の出所こそ見にくく「開き」は遅いのですが、あとの「着地」「球持ち」「体重移動」には課題が残ります。そのため技術的にはまだまだの、素材型と言う事になってしまいます。

(今後は)

指にかかった時の球を、かなりの確率で投げ込めるようになっていると、2010年度の不足する左腕の中では、全国でも指折りの存在として注目されるかもしれません。逆に2年時のレベルのまま伸び悩むようであれば、高卒での指名はないと思います。

ただ体には力もありますので、一冬超えて更にパワーアップしている可能性は充分ありそうです。あとは、もう少しマウンドではリラックスして、気持ちに余裕を持って投げ込んで欲しいですね。なんだか投球が息苦しいと言うか、窮屈に感じれます。期待半分、不安半分と言う素材ですが、春に更に評判が上がって来るようならば、夏にはぜひ確認してみたい投手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

神奈川大学リーグの逸材

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月22日(月)09時18分41秒
返信・引用 編集済
  皆様おはようございます。昨日は、桐蔭横浜大の試合を観たので、その試合でチェックした唐谷捕手のプレーを昨秋のリーグ戦と合わせてみてみたいと思います。またもう1人は、昨秋のリーグ戦の模様から。

毎年神奈川大学リーグは、オープン戦を観に行き、あとはTVKで放送される2試合をチェックするだけで済ましてしまい、あまりリーグ戦に足を運びません。そのため、どうしても観る選手が偏ってしまうのが難点です。今年は、もう少し幅広く観てみられればと思います。

△木村 佳吾(神奈川大 3年)投手 187/70 右/右 (九州国際大附)

(どんな選手?)

昨秋のリーグ戦で、防御率0.46を記録し最優秀防御率のタイトルを獲得。長身を活かし、MAX144キロを記録するまでに成長。2010年度の神奈川リーグを代表する右腕です。

(投球内容)

私の観た試合では、常時135~140キロぐらい。それほどストレートに、特徴・威力を感じさせるものはなく、むしろスライダーやチェンジアップなどの変化球の割合が多い投手との印象が強いです。

右打者へのアウトコースへの制球は安定しておりますが、左打者には変化球が高めに浮くのが気になります。牽制鋭く・クィックも1.1秒台でまとめるなど、大型の割に動作は機敏です。ただマウンド捌き・制球力・球の威力などは、それほど際だつものは感じませんでした。

(投球フォーム)

お尻を一塁側に落とせるタイプではないので、将来的にもカーブなどの緩急系やフォークなどの縦系の修得は厳しいと思われます。また足の甲の押しつけが、つま先のみで浮いてしまっているので、どうしても球が高めに浮いてしまいます。

投球の4大動作である「着地」「体重移動」などは平均的。フォームが直線的で球がみやすく、「開き」もやや早い傾向にありますが、「球持ち」はよく、ボールを前で離せているのは良いのではないのでしょうか。

(今後は)

この選手は大型ですが、けして球威・球速でねじ伏せるタイプではないように思えます。球持ち良く、粘っこく・辛抱強く投げ込むのが身上なのでしょう。そのためにも、スライダーのコントロールに気をつけ、「開き」の早いフォームの改善が、今後一つポイントになるのではないのでしょうか。

2010年度の神奈川リーグを代表する投手だと思いますが、ドラフト候補云々と言われると微妙だと思います。近いうちに確認ができ、大きく成長が感じられましたら、また取り上げてみたい選手でした。

△唐谷 良磨(桐蔭横浜大 3年)捕手 178/70 右/右 (東亜学園出身)

(どんな選手?)

打っては、昨春のリーグ戦で首位打者を獲得。守っても、すべてにバランスの取れたリーグを代表する捕手です。「野球小僧」などでも名前が挙がっていたので、チェックを入れてみました。

(ディフェンス面)

グラブを軽く示した後、ミットを下げないで捕球できる選手です。キャッチング自体しっかりしている選手で、どちらかと言うとフットワークを活かした動くタイプの捕手です。ただ昨秋のリーグ戦では、結構ちょこまかしていたのですが、この春のオープン戦では、それほどそういった捕手には見えませんでした。最大の持ち味は、リード面と言うことですが、結構強気に内角を使い痛打を浴びる場面が昨秋は観られました。しかし春のオープン戦では、かなりオーソドックスなリードをしていたように思えます。

スローイングに関しては、捕ってから素早く返球できるタイプです。ただ地肩に関しては平均的で、それほど際だつものはありませんでした。どちらかと言うと、身体能力で圧倒すると言うよりは、野球センスで試合を作るタイプ捕手です。

(打撃内容)

チームでも下位打線を打つように、元々ディフェンスに集中したいタイプなのか、打撃にウエートが置かれている選手ではありません。それでも昨春には、首位打者を獲得。甘い球なら逃さない「鋭さ」がある選手で、けして打力がない選手ではありません。

打撃フォームは昨秋のものですが、前足を軽く引いて、グリップを高めに添える強打者スタイルです。仕掛けも、「遅めの仕掛け」を採用するなど、長距離・強打者タイプの仕掛けを行います。

足をあげて、真っ直ぐ踏み込みます。仕掛け~着地までの「間」は短い選手なので、狙い済ました球を逃さず叩くタイプです。インパクトの際に足下がブレるのですが、カカトを地面にめり込ませることで、そのロスを最終現に済ませるタイプです。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのが遅いのが気になります。バットを寝せて出して来るのですが、バットの先端が下がりません。ミート力にそれほど光るものはありませんが、ボールを捉える面積が大きいので、当たればヒットゾーンに落とせる可能性は高そうです。スイングも、フォロースルーまできっちり振り抜くことができるスイングです。

(今後は)

攻守に破綻のない、バランスの取れた選手です。ただ地肩・打力などに凄みがあるわけではないので、素材としてはドラフト候補と言うタイプではないように思えます。ただ今後も、社会人などに進んでも、野球を続けて行ける素材で、今後の活躍も期待できる選手です。ぜひリーグ戦で、じっくりみてみたい選手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

徳島ラストと六大学ラスト

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月21日(日)08時25分42秒
返信・引用
  皆様おはようございます。今日から、いよいよ2010年度の生観戦をスタートさせます。いろいろ考えるところはあるのですが、実際に頭で考えていることを、如何に実戦してこられるのか試してきたいと思います。

さて今回は、徳島の最後の1人と六大学の3年で(今年4年)選手の最後の特集でも。ただ六大学に関しては、観ていない試合もあるので、それらをチェックするうちに、別の選手も取り上げるかもしれません。ただできれば、高校生のレポートの方を、どんどん進めて参りたいと思います。

△谷口 龍馬(徳島・生光学園3年)投手 175/76 右/左

(どんな選手?)

渡辺啓太と並ぶ、生光学園の2枚看板。両コーナーを突く投球が身上の渡辺と比べると、こちらは、力で抑え込むリリーフ型。

(投球内容)

オーソドックスな右上手投手で、球速は常時130~135キロぐらいの球威のある力のある球を投げ込んでくる。変化球は、カーブ・スライダー・フォークなどがあるが、大半はスライダーとのコンビネーション。追い込むと時々縦の変化で空振りを誘う。

とりあえずストライクゾーンの枠の中に投げ込むといったスタイルで、制球はかなりアバウト。球全体が高く、高めのボールゾーンに抜けることも少なくない。また、身体にキレがなく、もう少し鋭い身のこなしを覚えたい。

牽制も鋭いし、クィックも1.15秒前後とまずまず。しかし、マウンド捌きや制球力からも、投球を組み立てると言うよりは、力で押すタイプの投手だと言えよう。

(投球フォーム)

ノーワインドアップから投げ込んで来る投手なのですが、軸足の折れが早いのが気になります。もう少し体重をしっかり軸足に乗せてから投げ込んだ方が、良いのではないのでしょうか。

お尻の一塁側への落としも良いので、将来的にも見分けの難しいカーブの修得や縦の変化を磨くことができると思います。ただ残念なのは、足の甲の押しつけが甘いので、どうしても球が上吊る傾向にあります。

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」に関しては、「着地」と「球持ち」は悪くありません。あとは、もう少し「開き」を我慢して、もっと前に「体重移動」ができるようになると、球がグッと手元まで来るようになるのではないのでしょうか。

(今後は)

身体も強いですし、将来的に更に縦の変化を武器に期待できるものがあります。球に、もう少しキレが出てきたり、球速を増して来るようだと将来的に面白いと思います。現状、制球・マウンド捌きなど、まだまだ課題は多いですが、今後も、ぜひ野球を続けて行って欲しい選手でした。

△前田 雄気(立教大 3年)捕手 182/84 右/右 (米子西出身)

(どんな選手?)

米子西時代から、攻守に荒削りもスケールの大きな捕手として注目されていた選手です。この秋は、下級生にスタメンを奪われることも多かったのですが、刺すと言うことに関しては、六大学でも屈指の強肩捕手です。

(ディフェンス面)

どっしりとしたタイプで、フットワークを使って動きまわるタイプではありません。軽くミットを示し、そのまま下げないで捕球に行くので、ワンバウンド処理など低めの球への対応に立ち後れることは少ないようです。まった、ボールをきっちり押し込んで捕球できるキャッチングの持ち主です。

また大型で動きが鈍そうに見えますが、動く必要がある時にはきっちり反応しますし、けして動かたがらない選手ではありません。その証拠に、ボールを返球する時には、必ず立って投手に戻す丁寧なプレースタイルです。リードも、前の打席に打たれた反省を活かしたリードができる選手で、その辺もある程度考えてプレーはできております。

何より最大の自慢は、1.85~1.95秒でまとめられる安定したスローイングにあります。地肩・捕ってからの動作も悪くありませんが、何より球筋が安定しているのが好感です。刺すと言うことでは、六大学でも屈指の存在であり、2010年度の大学・社会人捕手でもトップクラスの存在だと思います。

(打撃内容)

身体も大きく強いので、当たれば強烈ですが、実際かなり脆い印象は否めません。スクエアスタンスで構えるのですが、もう少し自分のリズムで打席に入りたいですね。仕掛けは「遅めの仕掛け」を採用。長距離・強打者タイプの始動となっております。

足を少しだけ地面から浮かし、少し回し込んで真っ直ぐ踏み込みます。足を上げてから降ろすまでの「間」が短いタイプなので、打てるポイントは限られており、狙った球を逃さない「鋭さ」を磨いて欲しいと思います。ただ真っ直ぐ踏み込んだ足下は、インパクトの際にブレないので、打ち損じは少なそうなタイプです。

打撃の準備段階である「トップ」も早めに作れているのですが、少しグリップが内に入り込んで、バットの出がスムーズではありません。それでも上から振り下ろす意識はあるので、インパクトまでは、大きなロスはありません。ただ打撃全体の動作が遅れがちで、ポイントが差し込まれがちなのが気になります。スイング自体はコンパクトですし、スイングの弧こそ小さめですが、フォロースルーまでしっかり振り切れております。動作全体が、受け身にならない意識を持ちたいですね。

(今後は)

すべてに関して、少々プレーが「受け身」なのが気になります。もっと攻守にガンガン自己主張し、積極的にアピールして欲しいかなと思います。最終学年にもなり、その辺の意識に変化が出てくることを期待したいです。

打撃に関しては、やはり全体的に動作が立ち後れ気味です。幾分早めに始動して、動作に余裕を持つのも、一つの手かもしれません。打撃でアピールできるようになれば、プロをも意識できる素材だと思いますので、今後の成長に期待したいです。2010年度は、大学・社会人に、捕手の人材が不足しております。逆に言えば、彼にとって大変なチャンスです。ぜひ春のリーグ戦での活躍を、期待して見守りたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年 徳島大会の逸材4!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月20日(土)12時28分32秒
返信・引用
  皆様おはようございます。昨日は、この掲示板に書き込めませんでしたが、ネタはまだまだありますので、時間を見つけて書き込んで行きたいと思います。今朝も、徳島大会の続きから。徳島大会は、明日一人書き込んで、最終回。明後日からは、愛媛大会の模様に入って行きたいと思います。ちょっと香川大会の模様は、ブルーレイでの録画なので、修理から戻って来るまで見られません・・・。

△原 一輝(徳島・徳島商3年)捕手 180/77 右/右

(どんな選手?)

元々内野手だと聞いていたのですが、最後の夏は、5番・捕手として出場しておりました。恵まれた体格の大型捕手でしたが、丁寧なキャッチングに心がけていたのが印象的です。

(ディフェンス面)

ミットを示し、グラブを下げないで捕球できる選手です。一球・一球ミットを押し込むように、しっかり捕球しますし、投手へも丁寧に返球する姿勢が観られます。試合では、経験の浅さからなのか、ワンバウンド処理をミスする場面も観られましたが、ボールを体で止めようと言う意思は感じられました。けして上手い選手ではありませんが、気持ちが伝わって来る選手です。地肩は、よくわかりませんでしたが、一塁などの返球の際の球筋などを観ていると、それなりの強さはあるようでした。捕手として本格的に鍛えれば、ソコソコの選手に育つかもしれません。

(打撃内容)

ショートゴロ・サードゴロ・四球・送りバント失敗など、試合では良いところは見られませんでした。一塁までの塁間は、4.7秒前後。左打者換算でも4.4秒前後と遅く、足を売りにするタイプではないようです。打撃も、当たれば破壊力があるのだと思いますが、かなり脆い印象は否めません。

打撃フォームは、スクエアスタンスでバランス良く構えられております。特に力みも感じられず、良い構えだと思います。仕掛けは、「早めの仕掛け」を採用するなど、アベレージ傾向が強いタイプです。

足を引き上げ、真っ直ぐ降ろすタイプなのですが、足を引き上げた時に、少し内側に膝を閉めてしまうのと、踏み込んだ足元が、インパクトの際にブレてしまうのが残念です。そのため打ち損じは、少ないと思います。

また、打撃の準備段階である「トップ」は早く作れておりますし、上からバットを振り下ろすので、インパクトまでにはロスは感じません。そのためボールに当てるのは、下手ではないと思われます。ただ脆く感じられるのは、下半身の不安定さと共に、インパクトの瞬間にバットの先端が下がってしまい、ボールを広い面で捉えられないので、しっかりエネルギーが伝わりません。そういったボールを捉えてからの動作に、課題がある選手です。

(今後は)

ディフェス面・打撃技術などにも、まだまだ課題の多い選手です。しかし、野球への姿勢・持っている資質は悪くありません。もし今後も野球を続けられるのであれば、辛抱強く努力を重ねて行ければ、その花開くかもしれませんので期待しております。

△渡辺 啓太(徳島・生光学園3年)投手 182/84 右/右

(どんな選手?)

ガッチリした体格の投手で、地に足の着いた落ち着いたマウンド捌きが印象的でした。

(投球内容)

ノーワインドアップから、常時130~135キロ強ぐらいの球を投げ込んできます。球に伸びは感じられませんが、球威のある球質、MAX140キロまで到達したと言われます。

変化球は、カーブとのコンビネーション。たまに、スライダーだか、カットボール気味な球もあるようにみえました。右打者には、内外角に投げ分け、左打者には外角中心。制球に不安はなく、落ち着いたマウンド捌きで安定しております。

鋭いけん制を魅せることはなく、フィールディングは平均的。クィックは、1.2秒弱と、体格の割には動ける選手です。ただ動作全体に、もう少しキレが欲しいかなと言う、もっさりしたタイプです。

投球フォームは、お尻は結構一塁側に落とせますので、将来的にカーブだけでなく、縦の変化も期待できるかもしれません。グラブも抱えられているので、両サイドの制球も良いです。もう少し足の甲を長く押し付けられる粘りが出てくると、もっと低めにボールが集まるかもしれませんね。

投球の4大動作である「着地」「球持ち」などは悪くありません。ただ、体の「開き」が早いですし、前にしっかり体重が乗っていないので、どうしてもボールに勢いが出てきません。この辺が、まだまだかなと思います。

(今後は)

今後爆発的に球の速さで勝負すると言うよりは、コースを丹念に突いて打たせてとるのが身上の、粘っこい投球が持ち味になってきそうです。まずは、体のキレを追求し、投球フォームの課題にも取り組んで欲しいですね。息の長い活躍を期待したいタイプで、ぜひ上のレベルでも野球を続けて頂きたい投手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年秋・六大学の逸材5

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月18日(木)07時35分10秒
返信・引用
  皆様おはようございます。なかなか余裕のモテなかったここ数日ですが、ようやく時間が取れそうなので、今日の夜あたりから、少しずつ更新ペースを戻して行きたいと思います。非常に寒い日が続いておりますが、もうすぐ春も間近です。

△原 寛信(早稲田大 3年)一塁 184/80 右/右 (桐蔭学園出身)

(どんな選手?)

1年生の時からリーグ戦で、早稲田の主軸として活躍してきた強打者。通算8本塁打の実績は、六大学でも屈指のスラッガーでもある。ただ昨秋内容は、1割台。復活を期す、最終学年のプレーが注目される。

(守備・走塁面)

残念ながら、走力は計測できず。そのプレーぶりを観ていると、足を売りにするような打者には見えてこない。ただ一塁手としての動きは悪くなく、けして動けない選手ではないだろう。

(打撃内容)

スクエアスタンスで、グリップを高めに添えつつ、バランス良く構えます。ただ、もう少し自分のリズムを打席で刻めると、脆さと言うか柔らかさが出てくるのではないのでしょうか。

仕掛けは、「遅めの仕掛け」を採用。仕掛けの観点で言えば、長距離タイプの選手です。足を少しだけ上げてステップします。足を上げてから地面まで降ろす「間」短いので、どうしても打てるポイントは限られます。ただ仕掛けの遅さからも、狙いすました球を、如何に逃さないかで勝負するタイプだけに、そうした術を磨くべきかと思います。ただその割に、ベース側にインステップするのですが、インパクトの際に足元がブレてしまいます。これでは、体の開きが抑えられないだけでなく、打ち損じも少なくないと思います。

少しバットを引き切れず、打撃の準備段階である「トップ」を作るのが遅れ気味です。上からバットを降ろして来るタイプで、インパクトまでのロスは感じられません。ただインパクトの時に、バットの先端が下がってしまっているので、ボールを捉える面積が小さくなり、的確にミートしにくいはずです。ただフォロースルーまでは、しっかりバットを振ることができておりますし、ヘッドスピードも鋭いのは好感です。彼のような長距離タイプならば、バットを寝かせても、インパクトの際にバットの先端が下がらなければ、もっとしなり効かせたスイングで、ボールを遠くに運べる気が致します。こういったスイングを観ていると、あまり長距離砲には見えてきません。

(今後は)

課題は、上半身と下半身のバランスの取れたスイングができるのかが、一つ大きな課題だと思います。トップを早めに作ったり、バットの先端が下がらない意識などは、それほど技術的に改善できないポイントではないと思います。

ただ、打撃重視型の選手であるので、よほど撃ちまくらない限りは、プロと言うのは厳しいと思います。上のレベルで活躍して行くためには、対応力・確実性を増して行くことが求められるのではないのでしょうか。

◯田中 宗一郎(立教大 3年)左翼 175/85 右/左 (佐賀西出身)

(どんな選手?)

2010年の大学生野手の中でも、その技術・対応力は、トップクラスを争う強打者です。ただ守備・走力の特徴に欠け、長距離砲でもないだけに、やや特徴に欠ける嫌いがあるのが難点です。

(守備・走力)

残念ながら、一塁までの到達タイムなどは計測できませんでした。ただ秋などは、チームの1番打者を担っていたので、全く走力がないとは思いませんが、14試合で盗塁0個。少なくても、足を売りにして行くタイプではありません。

また左翼手とのしての、守備力も可も不可もなしといった感じで破綻はありません。ただ左翼を務めているのは、地肩があまり強くない点。この辺が、イマイチプロのスカウトのテンションが上がってこない可能性があります。

(打撃内容)

基本は、右に左に広角に打てる中距離タイプだと思います。スクエアスタンスで、背筋を真っ直ぐ伸ばして構えます。仕掛けは、投手が足を引き上げるのと、一緒に始動する「早すぎる仕掛け」を採用。かなり長い間、足をあげている独特のスタイルです。生粋のアベレージタイプの傾向が強いです。

その足を、変化に応じて踏み込むタイミングを変えているために、打てるポイントは非常に多いタイプです。それでいて踏み込んだ足元もブレないでスイングできているので、打ち損じも少ないはず。左打者にしては、ベース側にインステップして来るなど、外の球を強く叩きたいと言う意思が感じられます。この辺が、彼がアベレージ傾向が強いながら、強打者タイプでいられる理由かもしれません。

打撃の準備段階である「トップ」をいち早く作り、上からバットを振り下ろしてきます。スイングの弧も大きく、フォロースルーまでしっかりバットを振り切ります。技術的には、ほとんど完成されている選手で、すでに上のレベルでも充分通用する選手だと思います。

(今後は)

守備・走塁の特徴に欠ける上に、打撃もアベレージ傾向が強い選手。そう考えると、プロに混ぜてしまうと売りにできるものがないのが厳しいところです。しかし対応力のある打撃・その技術は確かで、打つだけならばプロでも2年目ぐらいからは、頭角を現して来るかと思います。

ただそんな時にカベになるのが、守・走を合わせた総合力。あえて、そこに目をつぶってポイントゲッターが欲しい球団には、面白い選手だと思います。現状は、その力を認めるものの、プロの触手が伸びにくいタイプかと思います。ぜひ、最終学年では、ガンガンアピールして欲しい選手です。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

ベストナイン

 投稿者:匿名  投稿日:2010年 2月17日(水)15時37分27秒
返信・引用
  高校、大学、社会人のベストナインに関する最新情報があれば教えてください。  
    (蔵建て男) うちは、あまりそういった情報には疎いので、よそを探された方がよろしいかと思います。  

2009年夏 徳島大会の逸材3

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月17日(水)07時54分37秒
返信・引用
  皆様おはようございます。昨日は、少々忙しくて、書き込む余裕がありませんでした。今日は、早めに戻って書き込めればとは思っているのですが・・・。

◯緒方 悠(徳島・鳴門第一3年)投手 173/78 右/右

(どんな選手?)

MAX148キロと言われる選手で、小柄ながらガッチリした体格から、角度の良い速球を投げ込む投手です。特に糸を引くような球筋の良さと縦に切れ込む縦スラだかフォークを武器にする投手です。2009年度の徳島大会屈指の投手でした。

(投球内容)

かつての水野雄仁(池田高校-巨人)を少し彷彿させるようなフォームですが、もう少しコンパクトにまとまった感じです。球速は、常時135キロ前後~140キロぐらいではないかと思います。綺麗な糸を引くような球筋の速球が、キャッチャーミットにビシッと突き刺さります。変化球は、スライダーと縦スラの二種類。

けん制などは、それほど鋭いものは観せませんが、クィックは、1.1秒台などでまとめるなど、かなり運動能力は高そうな選手です。マウンド捌き・度胸もよく、野球センスの高い選手だと思います。ただ細かい制球力はなく、ストライクゾーンの枠の中に、ポンポンと投げ込むのを身上とした投球でした。

投球フォームは、お尻を一塁側には落とせるタイプなので、カーブや縦系の習得には苦労しないと思います。ただ手は体格からして、あまり大きくないでしょうから、ボールをしっかり挟んで投げるフォークには少々苦労するかもしれません。

投球フォームは、「球持ち」は悪くなく「体重移動」は平均的。ただ「着地」までの粘りと体の「開き」に課題を抱えます。

(今後は)

すでに、ある程度のレベルまで来ている投手なので、大学や社会人に進んでも、比較的早い段階から活躍できる力がある選手です。ただ、今後爆発的に伸びるかと言われると微妙であり、また投手としての引き出しも結構使っているので、あとはフォームなどの改善に取り組み技量を伸ばして欲しいですね。今後も、上のレベルでの活躍が期待される投手だけに、また何処かで、その元気な姿に出会うことになると思います。

△宮本 大輔(徳島・徳島商3年)右翼 184/76 右/右

(どんな選手?)

非常に大型の選手で、最後の夏は4番・右翼手として出場しておりました。大型ですが、俊足で、動ける身体能力と強打が自慢の選手です。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.4秒台前半。これを左打者換算すると4.1秒台前半と、プロの基準である4.2秒を上回る脚力の持ち主です。足を売りにするほどのスピードはありませんが、ソコソコのスピードがある選手です。

右翼手としても、その動きを見る限り、基準~それ以上の守備力も兼ね備えているように思えます。ただ、地肩に関してはよくわかりませんでしたが、右翼をやっていることからも、弱いとは言うことはないと思うのですが・・・。別の試合で、チェックできる機会があればと思います。

(打撃内容)

私の見た鳴門第一戦では、左翼スタンドに本塁打を放つように、それほど対応力に光るものはありませんでしたが、体のポテンシャルの高さは感じさせてくれる打球でした。

ベース側にスクエアスタンスで、バランス良く構えます。仕掛けは、「早めの仕掛け」を採用するなど、意外に対応型の打撃を本質的に秘めているようです。足を早めに大きく引き上げ、回し込んで着地します。「間」が作れる選手なので、打てるポイントは多そうなのですが、真っ直ぐ踏み込んだ足元が、地面から離れるのが早い巻き込み型です。そのため外角の真ん中~低めの球に対しては、サード・ショートゴロに引っ掛けるケースが目立ちました。

打撃の準備段階である「トップ」を早めに作ることができ、上から叩ける選手なので、スイングに大きなロスはありません。スイングの弧はそれほど大きくないのですが、フォロースルーを上手く使って運びます。

(今後は)

守備・走力は、破綻のないレベルにあるので、上のレベルでも問題はないと思います。ただ打撃に関しては、引っ張り専門なので、右方向への打撃が身につくかどうかが、一つポイントではないのでしょうか。

大型の割に動けますし、器用さもソコソコあると思います。あとは、何か図抜けた特徴を見いだせると面白いと思います。野球人としてのポテンシャルは秘めているので、上のレベルでの成長を期待したいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年夏 徳島の逸材2!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月15日(月)23時26分20秒
返信・引用
  皆様こんばんは。少々ここ数字、時間ができたのですが、ページの更新などに関しては、正直あまり進まない日々でした。週末から生観戦を控えているのに、全然ページ作りが進んでいないので、そろそろ焦っている管理人です。2月中に、四国の逸材は終わるのでしょうか?今日も、徳島の逸材の続きから。

◯植木 貴裕(徳島・鳴門工3年)中堅 177/68 左/左

(どんな選手?)

三拍子バランスの取れた好打者で、2009年度の徳島大会の中でも、印象深い選手でした。鋭さと対応力を兼ね備えた打撃などにも特徴があり、大学など上のレベルでの活躍が期待される好打者です。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.15秒前後と、プロの基準である4.2秒を上回る脚力の持ち主です。上のレベルで足を売りにできるほどではありませんが、まずまずのスピード感を感じさせる選手で、もっと早いタイムもたたき出せる選手かもしれません。

中堅手としても、中々打球への反応・守備範囲・キャッチングなども良さそうです。残念ながら地肩に関してはよくわかりませんが、守備に関しては安心して見ていられる選手でした。

(打撃内容)

冒頭に述べたように「鋭さ」と「対応力」を兼ね備えた選手です。前足を引いて、後ろ足に重心をかけて立ちます。あらかじめ捕手側に、めいいっぱいグリップを引いて構える、かなり癖のある構えです。仕掛けは「早めの仕掛け」を採用しており、本質的には生粋のアベレージタイプと言う事になります。

足を早めに上げ、空中で降ろさずにキープしてから真っ直ぐ踏み込んできます。この「間」を長く取れるので、かなり打てるポイントは多く、高い対応力を可能にします。また踏み込んだ足元も、インパクトの際にブレないので、体の開きも我慢でき、インパクトの際にロスがないので、打ち損じが少ないタイプです。

グリップを引きすぎているので、リストワークに遊びがないのは気になりますが、トップの位置からそのまま振り下ろして来るので、無駄がありません。また上からミートポイントまで振り下ろして来るタイプで、大きなロスは感じられないタイプです。スイングの弧自体はそれほど大きくないのですが、フォロースルーを大きく取ってボールを運びます。体軸も安定しており、技術的には極めて無駄を削ぎ落したスタイルです。

(今後は)

すでに技術的には、かなりの完成度なので、爆発的に伸びる余力は少なそうです。ただ、その分、大学レベルのスピード・キレにでも対応しうる技術を兼ね備えております。守備・走力も、ある程度のところまで来ているので、上のレベルでも比較的早く頭角を現すのではないかと思います。進路先はわかりませんが、今後も楽しみな選手だと言えるのではないのでしょうか。

△杉本 裕太郎(徳島・徳島商業3年)投手 187/74 右/右

(どんな選手?)

長身でスラッとした体型の投手です。球速は、MAX142キロと言われる速球と縦に落ちるフォークを武器にします。その体型・投球内容からも、高校の先輩・牛田成樹(ベイスターズ)の高校時代を彷彿させる投手です。

(投球内容)

上背は感じさせますが、まだ体がビシッとできあがっていない投手です。角度こそ感じさせますが、その球速は常時130~135キロ程度に見え、それほど球威・球速は感じません。変化球は、カットボール気味なスライダー・カーブ・それに落差のあるフォークが最大の武器です。

それほど球筋が安定しているようには見えませんが、ある程度外角に集められるコントロールあります。またマウンド捌き・制球などには大きな破綻はない選手です。大型ですが、けん制もまずまずで、クィックも1.1秒前後と高速。フィールディングも、思ったより動ける選手です。また打っても、チームの3番を担う強打者で、投球以外のセンス・能力もある程度兼ね備えた選手でした。

ランナーがいなくても、セットポジションから投げ込んできます。引き上げた足を空中でピンと伸ばす動作がないので、お尻の落としが少し甘いのと、「着地」までの粘りがないので、まだまだフォークの鋭さが物足りなく、ドロンとしています。ただグラブはしっかり内に抱えられるので、サイドへの制球力にも優れ、足の甲の押し付けもしっかりしているので、ボールが上吊ることはありません。

「開き」「着地」「体重移動」と大きな課題を抱えておりますが、「球持ち」に関しては良い選手です。またもう少し腕を強く振る「鋭さ」や地面を強く蹴り上げるような躍動感がでてくると良いですね。

(今後は)

まだまだ、筋力が圧倒的に不足しておりますし、体ができていない選手です。また、投球フォームの技術も未熟で、未完成な部分が目立ちます。それでもある程度の投球ができてしまう才能とセンスがある選手だけに、体ができた時に、どんな投手に育つのか楽しみではあります。

体の芯に、ビシッとした「強さ」が欲しいので、背筋なども鍛え、体をいじめ抜いて欲しいものです。ぜひ環境の整ったところで、野球を続けていって欲しい選手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年秋 六大学の逸材4!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月15日(月)09時54分17秒
返信・引用 編集済
  皆様おはようございます。今朝も、六大学レポートの続きから。

△後藤 貴司(早稲田大 3年)二塁 180/79 右/右 (早稲田実出身)


(どんな選手?)

早稲田実業時代は、強肩・強打の遊撃手として注目された選手です。早稲田進学後も、結構試合に出ておりますが、粗さが解消されず、伸び悩んでいる印象は否めません。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.6秒前後で、左打者換算だと4.3秒前後と、やや遅いです。実際リーグ戦では2盗塁を決めているように、動けない選手ではありませんが、売りにするほどではありません。

早稲田では、二塁手として出場しております。やや下半身が流れるところに、難しい体勢からのスローイングに不安を感じます。元々グラブ捌き・守備範囲にはそれほど光るものがありませんでしたので、強打の三塁手が適任だと思っておりました。二塁ができる付加価値はありますが、上のレベルでは三塁ではないのでしょうか。ただ、けして守れない選手でありませんし、肩も基準以上で悪くありません。

(打撃内容)

スクエアスタンスで構える選手なのですが、少し前傾になっているのが気になります。背筋を伸ばす意識で、視野を広げて構えて欲しいですね。仕掛けは、「遅めの仕掛け」を採用。仕掛け的には、長距離系です。ただ、実際のスイングの弧・フォロースルーなどを観ているとパワフルですが、ボールを遠くに運ぶタイプには見えません。

足を小さく浮かす程度の踏み込みなので、打てるポイントは限られていると思います。あとは、それを如何に逃がさないかが鍵になります。しかし彼の場合、インステップに踏み出した足が、インパクトの際にブレるのが早く、身体の開きを誘発したり、打ち損じの多いタイプだと思います。元々足下が地面から離れるのが早い、巻き込むスイングを得意にしております。

また気になるのは、バットが身体から離れて出てくるので、どうしてもインパクトまでのロスは避けられません。それでいて、スイングの弧が大きいわけでも、フォロースルーまできっちり振り抜けているわけではないのが残念です。

(今後は)

現状は、すべてに中途半端な印象は否めません。足下がブレない開きの抑制と、スイング軌道の改善が、大きな課題になると思います。ポテンシャルには、高いものがあると思いますので、社会人なので、守備・打撃共に鍛え直して欲しいと思います。今のままだと、社会人での活躍も厳しいかなと言う印象です。

△宇高 幸治(早稲田大 3年)三塁 174/78 右/右 (今治西出身)

(どんな選手?)

今治西時代は、強打・俊足の遊撃手として、甲子園でも注目された選手です。ただ、個人的には、あまり良さがわからない選手で、特徴が見出せませんでした。実際に、早稲田でも、何が売りかは、よくわかりません。しいて言えば、ヘッドスピードの鋭さには、なかなか光るものがあります。

(守備・走力)

一塁までの塁間は、4.5秒弱ぐらいで、左打者換算で4.2秒弱ぐらいに相当し、中~中の上レベルの脚力があります。ただ動けない選手ではないのですが、足を売りにするほどではありません。

秋は、三塁を守っておりました。三塁手としての動きは、まずまず良いです。高校時代不安だった肩の弱さも気にならなくなり、三塁手としてならば基準レベルを満たす守備力・地肩はあるように思えます。

(打撃内容)

後藤のように粗い・脆いと言うよりは、特徴が見出しにくいのが課題だと思います。スクエアスタンスで、前足のカカトを浮かしバランス良く構えます。仕掛けは、「早めの仕掛け」を採用するなど、アベレージ傾向が強い選手です。

ただ残念なのは、せっかく早めに始動しても、あげた足を早く地面に降ろしてしまい、下半身が固定され、かなり限定されたスイングになってしまっている点。右打者ながら、かなり強烈なアウトステップを採用し、腰の逃げが早いです。それでも足下がブレないので、真ん中~高めの外角球ならば、ある程度は対処できるかもしれません。

やや打撃の準備段階である「トップ」を作るのが遅れ気味です。ただこの選手、上からバットが出てくるので、インパクトまでのロスは感じられません。それでいて、フォロースルーまで振り切れており、ヘッドスピードの鋭さと相まって、無駄の少ないスイングができます。

(今後は)

対応力型の選手なので、二塁あたりができる付加価値がでて言いように思えます。守備・走力のレベルも基準以上ですし、打撃も悪くはありません。ただ、プロとなると、売りにできるほどのものがなく、現状は社会人タイプの選手だと思います。かなり特殊なフォームですが、独特の感性が光る選手です。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年秋 六大学の逸材3!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月14日(日)12時52分21秒
返信・引用
  皆様こんにちは。今日は、これから巨人や阪神絡みの試合が、昨日同様にあるようなので、録画して、後でじっくり観てみたいと思います。昨日などは、アマ時代センターカメラから観たことがなかった選手などが観戦できて、貴重な観戦となりました。今日も、六大学のレポートから。

△謝敷 正吾(明治大 3年)一塁 178/80 右/左 (大阪桐蔭出身)

(どんな選手?)

大阪桐蔭時代は、強打の内野手として活躍。高校の先輩である西岡剛(ロッテ)と比較されるぐらい期待されていた選手だが、明大入学後は、まだまだ持ち得る才能を発揮仕切れていない印象だ。それでも昨春は、11試合に出場して打率.333厘をマーク。昨秋は、チームの4番に座るも、打率1割台と低迷した。非常に気持ちの強さが、プレーの端々から感じられるナイスガイではあるのだが・・・。

(守備・走塁面)

高校時代は、けして図抜けて上手かったわけではなかったが、打球への反応良く、踏ん張りの効くスローイング・広い守備範囲を誇る選手であった。そのため遊撃手としては厳しくても、上のレベルでも二塁あたりならば充分務められる素材だと評価していたが、現在は一塁手として試合に出場している。さすがに、一塁手としては判断力に優れ、非常に軽快な動きを魅せている。最終学年では、三塁あたりができると面白い存在になるのだが・・・。

一塁までの塁間は、4.3秒前後。左打者としてはけして早くはないが、最後まで勢いを緩めないで走り抜けるプレースタイルには好感が持てる。走力だけでなく、すべてに関してこの選手は、意識の高さ・気持ちの強さを感じさせるプレースタイルだ。

(打撃内容)

前足を軽く引いた構えで、背筋をしっかり伸ばしバランス良く立てている。高校時代よりも、身体に重量感を増し、強打者としての雰囲気がプンプンと漂ってくる。仕掛けは、「平均的な仕掛け」を採用するなど、ある程度の対応力と長打力をバランス良く併せ持つ中距離・ポイントゲッタータイプと言うのが、この選手の本質なのだろう。

足を高く引き上げて、回し込んでから踏み込んで来る。この「間」があることからも、打てるポイントは少なくないはず。少しインステップ気味に踏み込んで来るのだが、インパクトの瞬間に足下がブレてしまうところが最大の欠点。これにより、身体の開き我慢仕切れなかったり、打ち損じの多いスイングになったりしてしまう。上半身と下半身のバランスの取れたスイングに心がける必要があるだろう。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのも遅くはないし、インパクトまでのスイング軌道も大きなロスは感じられない。スイングの弧も大きく、最後までしっかり振り切れており、力強い打球が飛んで行く。

秋の映像を見ている限り、少し身体が突っ込んでいるので、もう少しボールを呼び込む意識がもてれば、打撃に関しては復活して来るはずだ。打撃に関しての資質には、六大学でもトップクラスの強打者だと言えよう。

(今後は)

大卒プロとなると、実績不足なのと、一塁と言うポジションがネックとなる。まずは、最低でも三塁ぐらいを担うような守備的アピールが欲しいのと、とくに春のリーグ戦あたりに、図抜けた成績を残したい。打撃の潜在能力は高いだけに、最終学年でも、ぜひ注目してみたいプレーヤーだ。

△山田 敏貴(早稲田大 3年)左翼 178/77 右/右 (早稲田実出身)

(どんな選手?)

正直、これまで殆ど気にしたことのない選手でした。しかし春のシーズンでは、打率.385厘をマーク、秋のシーズンも.310厘をマークし、チームの4番に座っている選手です。通算でも3割を遙かに超える実績を残している選手です。この選手の良さは、打席での集中力の高さ、「鋭さ」に集約されます。

(守備・走塁面)

走力に関しては、よくわかりませんでした。ただ秋のシーズンでも盗塁3個を残しているように、けして動けない選手ではないようです。守備に関しては、広い守備範囲を誇り、キャッチング・判断力なども悪くない、結構上手い外野手です。彼が、左翼を守っているのは、守備力が低いからではなく、地肩がよくないからだと思われます。

(打撃内容)

グリップを身体の近くに固めながら、スクエアスタンスで構えます。あまり観てくれの良い構えではないのですが、ボールを逃さず叩いてやろうと言う、彼の鋭い眼光が光ります。

仕掛けは、「早めの仕掛け」を採用しているように、アベレージ傾向の強い打者です。そのため4番を務めているのも、長打力よりもチームで絶対的な対応力の高さを評価していたからだと思われます。

足を早めに引き上げ、ゆっくりと足を降ろしてきます。この「間」があるので、かなり打てるポイントは多そうです。軽くアウトステップして踏み込むのですが、踏み込んだ足下がブレると言うよりも、いち早く地面から離れるタイプで、基本的にセンターからレフト方向に引っ張る打撃が身上です。

あらかじめ捕手方向にグリップを引いている選手なので、「トップ」を作るのは早いです。またボールを上から叩ける選手なので、インパクトまでのロスは殆ど感じられません。それでも、スイングの弧・フォロースルーまでしっかりバットを振り切れているので、ヘッドスピードも鋭く、打足も速いものがあります。けして遠くにボールを運ぶタイプの選手ではなく、内野手の間や頭の上を、鋭く抜けて行くタイプの選手です。

(今後は)

地肩・走力などに、絶対的なものはないですし、打撃に関しても長距離打者ではないので、プロ云々では評価されにくいタイプです。もしこの打力で、二遊間を高いレベルで担えるような付加価値があれば、ドラフト候補云々と言うことになりますが、外野手で肩・走力のアピールに欠けるとなると、どうしても社会人タイプと言う評価になりがちです。

しかしながら、打撃レベル・プレーへの集中力には素晴らしいものがあり、そういった観点で見てみると、この選手の実績が素晴らしいのも頷けます。最終学年でも、どんなプレーを魅せてくれるのか、非常に楽しみな選手ではないのでしょうか。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年秋・六大学の逸材2!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月13日(土)09時55分22秒
返信・引用
  皆様おはようございます。来週から、生観戦を予定しておりますので、そのための最終準備を行うために、東京六大学の3年生達の特集をしたいと思います。2010年度のシーズンを前に、昨秋のプレーを確認して、観戦に備えたいと思います。今回からしばらくは、早稲田と明大の野手達です。

△松永 弘樹(早大 3年)遊撃 172/74 右/右 (広陵出身)

(どんな選手?)

広陵高校時代から、遊撃手として活躍。早稲田入学後は、試合には出場していたが、際だつ数字は残しておりませんでした。しかしこの秋に、打率.318厘でベストナインを獲得。今や六大学を代表する遊撃手に成長致しました。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.45秒前後。これを左打者換算すると、4.15秒前後となり、プロの基準である4.2秒を上回る、中の上レベルの脚力です。リーグ戦でも、秋のシーズンに5盗塁と盗塁を決め、更に一塁まで勢いを落とさないで駆け抜けるなど、走塁技術・意欲の高い選手です。

また遊撃手としても、際だつ上手さはないのですが、非常に安定している印象です。特に秋のシーズンでも、遊撃と言う難しいポジションを担いながら、失策0は見事です。地肩は基準レベルぐらいですが、キャッチング・フットワーク・ハンドリングなどには、安定感を感じさせます。そういった意味では、高校時代よりもワンランク、成長した印象を受けます。

走力・守備力に派手さはありませんが、基準を上回るものがあり、それなりに評価できる選手です。

(打撃内容)

チームでは、2番打者として活躍しておりました。送りバントをきっちり成功させるなど、自分の役割をしっかりこなす選手です。

スクエアスタンスで、バランス良く構えます。グリップの高さは平均的なのですが、バットを長く持つのが、2番打者としては異色。仕掛けは、投手の重心が下がる時に、ベース側につま先立ちして、本格的な始動はリリース直前と言う「遅すぎる仕掛け」を採用。これだと、一定レベル以上の投手のスピードに、立ち後れる可能性があります。

小さくステップする選手なので、打てるポイントは限られており、その球を逃さないで叩くのが身上です。ただベース側にインステップした足が、インパクトの際にブレるので、打ち損じも少なくないのではないのでしょうか。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのは平均的で、バットを上から出すので、インパクトまでのロスは大きく感じられません。ただ残念なのは、インパクトの際にバットの先端が下がってしまっていて、ボールとの接地面が少なく、的確にエネルギーを伝えにくい、効率の悪いスイングをしております。それでもヘッドスピードはシャープですし、フォロースルーまで、きっちり振り切れるスイングは好感です。

(今後は)

守備・走力に関しては、派手さはないのですが、悪くありません。ただ打撃は、上のレベルを意識すると、かなり課題も少なくありません。タイプとしては玄人受けするタイプで、プロと言う感じはしません。ただ意識も高い選手なので、社会人などでアピールできると、将来的には、なんて可能性も捨てきれません。今後も、注目して行きたい好選手でした。

△山口 将司(明治大 3年)中堅 160/64 右/左 (春日部共栄出身)

(どんな選手?)

元々内野手だったと思うのですが、秋のリーグ戦では2番・中堅手として出場しておりました。基本的には、揺さぶり型の巧打者です。これまでは打撃が課題でしたが、秋のリーグ戦では、打率.286厘をマークしました。

(守備・走塁面)

中堅手としても、守備範囲も広く、打球への勘やキャッチングなども上手い部類だと思いました。更にこの選手、好打者タイプにしては、地肩もまずまず強いものがあるのが特徴です。守備に関しては、将来的にはかなり期待できるのではないのでしょうか。

また一塁までの塁間は、4.15秒弱ぐらいと、基準を上回る俊足です。秋のリーグ戦でも4盗塁とそれなりで、売りにできるほどの絶対的なものはありませんが、守備・走力共に基準を上回るものがあります。

(打撃内容)

相手投手を揺さぶりつつも、右に左へとボールを転がす意識のある巧打者です。ベース側にスクエアスタンスで立ちます。腰をしっかり屈め、バットを寝せながら、短く持って当てにきます。仕掛けは、「平均的な仕掛け」を採用。巧打者の割には、若干始動が遅いタイプです。

足を引き上げ、左打者らしくアウトステップします。足下も、なんとか踏ん張れておりますし、「間」もある程度あるので、対応力は悪くないはずです。あらかじめ捕手側にグリップを添えているので、打撃の準備段階である「トップ」もできており、立ち後れることはありません。また上からバットが出てくるので、ミートポイントまで無駄がなく、スイングもコンパクトです。やや非力な印象は受けますが、ヘッドスピードは基準レベルはありそうです。頭のブレも小さく、開きも我慢し、軸足にも粘りを感じます。無駄を省いた、完成度の高いスイングをします。

(今後は)

守備・走力でアピールしつつ、自分の仕事はしっかりこなすことで、信頼を得るタイプですね。すでにプレーヤーとしては、完成形に入りつつあり、今後爆発的に伸びるタイプには思えません。またその体格からも、ドラフト候補云々と言うタイプではありません。

ただ、社会人レベルでも、すでにある程度やれるであろう技術の持ち主だけに、ぜひ上のレベルでも、野球を続けて欲しい選手です。派手さはないのですが、最終学年では彼の渋いプレーに注目して頂きたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年 徳島の逸材1!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月12日(金)15時10分26秒
返信・引用
  皆様、こんにちは。香川大会は、ファイナライズを行って準決勝二試合の模様を観られればと思います。したがって徳島大会の方を、先にご詳解したいと思います。

△安岡 瑞葵(徳島・鳴門工3年)遊撃 177/78 右/右

(どんな選手?)

2年夏の時点で、甲子園で4番を務めた強打・強肩の遊撃手です。あれから一年が経ち、どのぐらいスケールを増してきたのか注目される選手でした。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.6秒前後(左打者換算で4.3秒前後)と、ドラフト候補としては中の下レベルです。そのため、将来的にも足を売りにするタイプではありませんでした。

最終学年でも遊撃手を努めておりましたが、この一年で随分と守備力は向上したように思えます。細やかな動きやスピード感は感じられませんが、かなり安定感は増してきており、スローイングにも強さを感じられます。将来的には、強肩の三塁手あたりで期待できそうなタイプでした。

(打撃内容)

前足を大きく引いて、グリップを高めに添えます。小刻みにゆらぎ、癖のある構えではありますが、悪くはありません。仕掛けは「早めの仕掛け」を採用し、引いていた足をベース側に持って行きます。その際に、地面まで中々足を降ろさないなど、長い「間」があり、打てるポイントは広そうです。ただ残念なのは、足元がインパクトの際にブレるなど、打ち損じの多い、粗いタイプの打撃をしていることでしょうか。

あらかじめ捕手方向にグリップを引いているので、打撃の準備段階である「トップ」は早めに深く添えられております。ただ体から離れからバットがでるので、インパクトまでにはロスが感じられます。それでもスイングはコンパクトでありながら、グリップは高い位置まで引き上げる強引なスイングで、荒削りな印象は否めません。そのため上手くボールを捉えられれば、甲子園でバックスクリーンに叩き込んだような豪快な打撃が観られますが、上のレベルを意識すると、課題も多い選手でした。

(今後は)

大学などでも、野球やって行ける素材だと思います。強打の三塁手としてあたりならば、守備も上手い部類に育つかもしれません。打撃はかなり癖のある独特のメカニズムなので、その辺を、もう少しシンプルにまとめられると良いと思います。スイングの思いっきりの良いので、無駄をそぎ落とすことで、対応力を増して行けると思います。ポテンシャルは高い選手だけに、本人の努力と周りの指導者に恵まれれば、大きく化ける選手かもしれません。今後も期待して見守りたい選手でした。

△大橋 直也(徳島・鳴門工2年)投手 175/70 左/左

(どんな選手?)

左のスリークオーターと言うよりも、サイドに近い感じのフォームです。そのため左サイド独特の、背中越しから来るような独特の球筋を売りにするタイプの投手です。

(投球内容)

球速は、常時120~125キロ程度だったと思いますが、速い球では130キロ近い球もあるかもしれません。この秋までのMAXは、136キロと言われる選手です。カーブ・スライダーを併せ持ちますが、カウントを稼ぐ意味はあっても、それほど絶対的な威力はありません。

基本は、打者の外角に球を集める投手。速球が真ん中~高めに、変化球は低めに集めて、打たせて取る投球が身上です。制球・マウンド捌きに破綻はありませんが、クィックなど投球以外の部分は、まだまだ出来ませんでした。

投球フォームとしては、前に倒れこむ感じのフォームなので、縦系の習得は厳しいです。また足の甲の押し付けはつま先のみなので、どうしても球は上吊ります。最大の持ち味は、左サイドから出てくる、球の見にくさあります。その一方で「着地」までの粘りがないので、打者には意外に苦にならないのと、前に乗って行くような「体重移動」がないので、ボールにあまり勢いが感じられないところにあります。

(今後は)

高卒プロとか、そういったタイプの投手ではありません。左打者の背中越しから来る独特の球筋と低めに集めて打たせてとる投球が身上。ただ球速はないのは仕方ないのですが、もう少し腕を振ったりして、球にキレなどを生んで欲しいかなと思います。

「体重移動」「着地」までの粘りなど、フォームに関しても、まだまだ改善の余地があります。本人が、何処まで野球を追求して行けるのかで、上のレベルでも活躍できるのか決まって来ると思います。2010年度の徳島を代表する左腕ですが、まだまだ全国レベルでは物足りない印象がありました。最終学年では、ぜひその投球を高めて、全国でも通用する投球を身につけて欲しいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

マニアック

 投稿者:埼玉から  投稿日:2010年 2月11日(木)21時57分53秒
返信・引用
  富士見高校編
樋口(国士舘大学4年)や太田(東洋大学3年)に次ぐ投手が育った。

清水一樹 180 74 左140キロ近い速球投げる。前橋工業戦は2失点も二安打で自責点0だった。
 
    (蔵建て男) もうすぐ春季大会も始まりますから、その活躍が楽しみですね。左腕でその体格、その球速話題になりそうです。  

2009年 香川の逸材2!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月11日(木)07時36分26秒
返信・引用
  皆様おはようございます。今朝は、香川大会のレポートの続きから。もうすぐ、私自身のオフシーズンも終わってしまいますが、それまでに、幾つか終えておきたことがあります。そんな中の一つが、なんとか2月中に四国の逸材までは、終えられたらといいなと思っておりますが、どうなることやら。

△大森 寛之(香川・高松商3年)投手 179/70 右/右

(どんな選手?)

背番号7を付けている選手ですが、同校の主力投手として名前があがっていた選手です。

(投球内容)

オーソドックスな上手投げ投手で、球速は常時130~135キロぐらいだと思いますが、MAXでは138キロまで記録したと言われている選手です。しかし球威・球の勢いはもうひとつで、もう少し投手として専念していたら、違っていたかなと思える内容でした。

リリーフでの登板と言うこともあったのかもしれませんが、変化球はスライダーとのコンビネーション。右打者には、アウトコースにしっかり球を集められますが、左打者には多少制球が悪くなるように思えます。けん制は鋭いですが、クィックは1.3秒前後。マウンド捌きなどには、それほど光るものは感じませんでしたが、大きな破綻はなさそうでした。

投球フォームは、お尻を一塁側に落とせるタイプではないので、スライダー・チェンジアップ系の投球だと思います。ただグラブはしっかり抱えられますし、足の甲の押し付けも深く粘りがありますから、両コーナー・低めに球が集められる可能性は高いです。

「着地」「球持ち」「開き」などもよく、強いて言えば「体重移動」が、もう少し上手くなれば、もっと勢いのある球を投げられそうです。投手としての土台はしっかりしているので、筋力が伴えば、かなり変わってきそうな期待は持てます。

(今後は)

将来的には、投手としての才能を推します。ただ、まだ全体的に筋力が弱く、体ができておりません。そのため体が出きてきた時に、どんな球を投げ込んで来るのか気になりますね。ぜひ腕を強く振ることを意識して、上のレベルでも野球を続けて欲しい選手でした。

△田村 洋介(香川・高松商2年)三塁 178/75 右/右

(どんな選手?)

旧チームから主軸を任されている強打者で、下級生の時から四国では名前のあがっている注目株です。

(守備・走塁面)

残念ながら、この試合では走力についてはわからず。ただプレースタイルを見る限り、それほど足を売りにするタイプには見えませんでした。

三塁手としては、地肩に関しては平均的。ただキャッチング・フットワーク・スローイングは、ややぎこちなく見ていて不安を感じなくはありませんでした。この一年間で、どのぐらい成長するか注目したいです。

(打撃内容)

少しクローズ気味に構え、バット倒したり、あげたりを繰り返し構える癖のあるフォームです。仕掛けは「遅すぎる仕掛け」を採用し、投手のリリース前後。これでは、一定レベル以上のスピードに、充分対応しきれません。

足は、ベース側につま先立ちし、小さくベース側にインステップします。ただ、インパクトの際には、ブレないでスイングできる選手です。基本的に、センターからレフト方向にはじき返す打撃が身上のように思えます。

あらかじめ「トップ」の位置にグリップを置いているので、打撃の準備段階である「トップ」を作るのは立ち遅れません。ただ肘が下がり、インパクトまでロスのあるスイング軌道で、対応力は低そうです。それでもバットの先端が下がらないような意識はあるようで、ボールを捉える時はレベルスイングに。スイングの弧・フォロースルーなどを観ていると、それほどボールを遠くに運ぶタイプには見えませんでした。

(今後は)

まだまだ、すべてにおいて粗いと言うか力不足です。スイングにもキレ・強さもさほどではありませんし、対応力には課題を残します。それでいて守備にも不安を残すなど、これからの選手だと思います。一冬超えてどんな選手に育つのか、期待して見守りたいと思います。ぜひ2010年度の四国を代表する選手に、育って欲しいですね。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年 香川の逸材1!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月11日(木)01時41分51秒
返信・引用
  皆様こんばんは。ち~と忙しくなってしまいましたが、なんとか書き込める余裕が生まれました。今回から、秋季大会ではなく、夏の四国各県の模様から。ちょっと香川大会のDVDの再生が上手く行かず、週末にでもファイナライズ作業ができたら、決勝以外の試合の模様からのレポート出きると思います。今回は、香川大会決勝から、決勝で敗れた高松商の選手たちを2回に渡って取り上げたいと思います。

△川西 翔太(香川・高松商3年)右翼 180/71 右/左

(どんな選手?)

高校通算30本塁打以上と言われる、2009年度の香川を代表する強打者の一人です。ただ、実際試合を見てみると、結構低めの球に対応できる、アベレージ傾向の強い打者であるように思えました。

(守備・走塁面)

一塁まで塁間を、4.25秒強ぐらいと、左打者としては基準よりやや遅いぐらいで、それほど際立つ走力はありません。少なくても、上のレベルで足を売りにして行くタイプではないと思います。

また右翼手としても、それほど守備が上手いようには見えませんでしたし、肩も中の下ぐらいかなと、正直あまり強く見えませんでした。そういった意味では、やはり打撃勝負の選手ように思えます。

(打撃内容)

スクエアスタンスで構え、グリップの高さは平均的に構えます。少し自分のリズムを取らないので、構えに固さを感じますね。ただそれでも、膝の使い方が柔らかいので、低めの球には上手く対応しているように思えます。強打者よりも、むしろ好打者の傾向が強いように感じました。

仕掛けは、リリース直前に行う「遅すぎる仕掛け」を採用。そのため一定レベル以上の投手の球には、苦労するかもしれません。足の運びは、小さく足元でステップするだけの選手なので、打てるポイントは極限られているように思えます。それをリストワークや膝の柔らかさで補うタイプではないのでしょうか。少しインステップ気味に踏み込みますが、インパクトの際に、少し足元がブレるのが気になります。

スイングも、打撃の準備段階である「トップ」を作るのは早いのですが、肘が下がってでてくるので、インパクトまでのスイング軌道にはロスを感じます。ただそれでも、ヘッドを立ててスイングしているので、ドアスイングにはならず、コンパクトには振り抜けております。

頭のブレは並ですが、開きも我慢でき、軸足にも粘りを感じます。そのため低めの球にも、上手く食らいつくことができております。ただ強打者と言われる割には、ヘッドスピードの鋭さ・スイングの強さは、あまり感じられませんでした。

(今後は)

上のレベルでは、より長打よりも対応力を売りにして行くタイプかと思います。ただ、その割に、守備・走力でアピールできるものがないので、総合力を引き上げていって欲しいですね。

△榎内 和也(香川・高松商2年)投手 176/62 右/右

(どんな選手?)

夏の大会では、背番号20番を付けておりましたが、早くから注目されてきた投手です。MAX137キロを武器に、最終学年では常時140キロ級を期待される楽しみな速球派です。

(投球内容)

中背で、オーソドックス本格派右腕です。球速は、常時130~135キロぐらいな感じで、球にはそれなりに力を感じます。変化球は、スライダー・チェンジアップなどを併せ持ちます。特に右打者には、スライダーを多投しますが、それほど変化球に特徴は感じませんでした。

マウンド度胸・マウンドセンスなどは、それなりで、けして力任せで投げるだけの投手ではありません。右打者には、アウトコースにきっちり球を集めてきますが、左打者には制球がアバウトになる傾向があります。そのため、左打者対策が、一つ課題ではないのでしょうか。

投球フォームは、お尻を落とせるタイプではないので、将来的にもスライダー・チェンジアップ系の球を武器にするタイプだと思います。ただグラブはしっかり最後まで抱えますし、足の甲の押し付けも悪くないので、制球に大きな破綻はないはずです。

投球の4大動作である「着地」「開き」などは平均的ですが、「球持ち」「体重移動」などはよく、そういった意味では、かなり実戦的なフォームだと思います。これから、素直に肉付けできれば、面白いと思います。

(今後は)

もう一回り、二回り、体が大きくなってくると楽しみです。ボールにも力がありますし、更にフォームの土台も悪くありません。あとは、しっかり自分で体をいじめ抜いて精進すれば、2010年度の四国を代表する速球派として注目されると思います。3年連続決勝で敗れた悔しさを、ぜひ彼の世代には打ち破ってもらいたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年 佐賀の逸材8!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月 9日(火)07時34分52秒
返信・引用
  皆様おはようございます。今朝も、佐賀大会のレポートの続きから。今回は、ほとんどまだ話題になっておりませんが、2010年度のドラフト戦線でも、非常に楽しみな選手などをご紹介して行きたいと思います。

◎江島 達也(佐賀・敬徳2年)投手 178/70 右/右

(どんな選手?)

すでに、2年夏の時点で、エースで4番の中心選手です。骨格のしっかりした大会の持ち主で、体に力がある選手です。実に堂々として、すでに風格と言うか、独特の雰囲気がある選手です。

(投球内容)

少し下半身が使えていない部分はあるのですが、腕の振りが強く、常時135キロ前後~MAXなら140キロぐらい出ていたのではないのでしょうか。実に、力強い速球を投げ込みます。変化球は、カーブ・スライダー・シュート・チェンジアップ・フォーク・など実に多彩です。自分からマウンドを外したり、けん制を入れて危険を回避する嗅覚を持つ選手なのですが、少々投球にムラッ気のある部分があります。

けん制・フィールディングなどはまずまずで、クィックも1.15~1.2秒ぐらいと素早く、多少球は暴れますが、アバウトに両コーナーに投げ分けられます。ただ開きが早いのか、それほど甘くない球をヒットされる部分が気になります。それでも佐賀屈指の面子の揃っていた佐賀商打線を、力でねじ伏せる球威・球速が2年生の時点でありました。

投球フォームは、お尻は一塁側に落とせる投手で、将来的に見分けの難しいカーブや縦の変化が期待できるフォームです。グラブはしっかり抱えられているのですが、足の甲の押し付けが浅めなので、少し腰高のフォームで球が浮きます。それでも押し付けている時間は長いのには、好感が持てます。

投球フォームの4大動作でみると、「着地」「球持ち」はそれなりで、「開き」が少し早いかなとは思いますが、思ったほどではありませんでした。ただ「体重移動」が、まだまだ上手く行っていない気が致します。

(最後に)

腕を強く振れる選手で、体にも力があり、想像以上に土台となるフォームも悪くありませんでした。資質的には、一冬超えれば140キロ台を連発できるぐらいの才能があると思いますが、どこまで自分をこの冬の間にいじめ抜いているかだと思います。

佐賀の右腕では、2010年度でNO.1の素材ではないのでしょうか。順調に伸びていれば、佐賀のみならず九州を代表する右腕として、ドラフト候補に浮上して来ることが期待されます。打ってもスピードに対応できる能力が高く、あとは変化球への脆さが課題です。

野球選手としてのポテンシャルの高さは、非常に光るものがありました。これから、夏に向けて大いにクローズアップされることを期待します。

△黒岩 龍一(佐賀・北陵3年)投手 左/左

(どんな選手?)

正確なサイズはわからなかったのですが、160センチ台の小柄な左腕です。ただ、体つきはガッチリしており、勢いのある球を投げ込む左腕です。

(投球内容)

常時130~135キロ級の、勢いのある球を投げ込んできます。細かいコースの投げ分けはできないのですが、ストライクゾーンにポンポンとリズムの良い投手です。変化球は、カーブ・スライダーなどがありますが、武器はストレート。

左腕ですが、けん制は並。クィックは、1.1秒台前半~1.2秒台前半ぐらいと、まずまず早いです。マウンド捌きもよく、経験も豊富な印象を受けます。球速以上に、球の勢いも感じますし、無名ですが良い投手だと思います。

(今後は)

九州の地方リーグなら、野球を続けて行ける素材だと思います。上背はないですが、骨格はしっかりしており、体に「強さ」も感じます。更にストレートに磨きをかけ、変化球レベルをあげると、更に上のレベルも見えて来るかもしれません。何処かでまた会いたい、力投派左腕でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年 佐賀の逸材7!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月 8日(月)08時45分12秒
返信・引用
  皆様おはようございます。今回は、久々に佐賀大会の逸材の続きでも。今日、明日で更新する予定には、非常に今年、来年楽しみな佐賀の逸材をご紹介できそうです。

△百田 龍平(佐賀・敬徳2年)投手 左/左

(どんな選手?)

スラッとした投手体系の左腕で、控え投手ながら、ピュッとキレのある球を投げ込んでおりました。この冬の成長次第では、可能性を秘めた左腕として注目してみました。

(投球内容)

球速は、夏の時点で恐らく、常時120~力を入れて投げた球は130キロ近く記録していたと思います。特に力を入れて投げる時の球には、ピュッと手元でのキレがあり、打者は思わず差し込まれてしまうキレがあります。

変化球は、カーブ・スライダー。特に制球・マウンド捌きなどに光るものはありませんが、体が出来てくると楽しみです。フィールディングの動きは悪くないのですが、左投手にしてはけん制が上手くないのと、クィックも1.3~1.45秒ぐらいと遅いので、そういった部分でも、まだまだ課題の多い投手です。

投球フォームは、長身ですがスリークオーター気味のフォームです。やや腰高で、足の甲で地面を押し付けられないフォームなので、球が高めに浮きがちです。投球の4大動作で言えば、球の出所が見にくいフォームが特徴で「開き」が遅いのが売りです。しかしながら、「着地」までの粘りがなく、また「体重移動」が不十分ため、ボールに勢いが乗ってゆきません。まだまだ、課題の多いフォームだと言えそうです。

(今後は)

まだまだ、圧倒的に筋力が不足している印象です。そのため体の「強さ」を中心に、追求していって欲しいですね。体に力がついてくれば、長身左腕として、面白い素材だとは思いますが、どこまで自分を追求して行けるのかに、かかっている選手だと思います。

◎久保 皓史(佐賀・佐賀商1年)三塁 179/71 右/左

(どんな選手?)

佐賀屈指の選手層を誇る佐賀商において、1年夏には、5番・三塁手として出場していた選手です。左の好打者タイプで、柔らかいリストワークを活かした、対応力のある打撃が光ります。それでいて、140キロ級のストレートにもしっかり対応できる動体視力・外野の頭をオーバーできるパワーも身につけているなど、極めてその将来性が楽しみな存在です。

(守備・走塁面)

身体がゴツイタイプの選手ではなく、しなやかな身のこなしが光るタイプの選手です。三塁手としての反応・キャッチングは悪くないのですが、ややスローイングの精度に不安を感じました。地肩に関しては、基準以上のものがありますが、制球力を如何に高めて行くのかが、課題だと思います。ただ将来的には、センターラインを担うような役割を任されるかもしれません。

走力は、この試合ではよくわかりませんでしたが、その身のこなしからしても、動けない選手ではないはずです。夏の大会でも、決勝まで勝ち上がったチームなので、もう少し他の試合の模様もみて、サンプルを集めたいと思います。

(打撃内容)

難しい球をカットしたり、インコースの厳しい球でも、なんとか内野の頭を越してみたりと、柔らかいハンドリングを活かして食らいつきます。また綺麗にレフト方向に流したりしたかと思えば、140キロ近い球威のある球でも、外野の頭を完全に越える長打を放つなど、ひ弱さがありそうでないのも良いところです。対応力の高さは、すでに1年生離れしており、佐賀を代表する野手だった先輩の古賀翔也以上の内容を、すでに1年生で示しておりました。

左オープンスタンスで、背筋を伸ばして構えます。打席でもリラックスして構えられ、悪くないと思います。ただ残念なのは、仕掛けが「遅すぎる仕掛け」を採用。一度ベース側につま先立ちしてから、リリース前後に始動するので、一定レベル以上の球威・球速に立ち後れる心配があります。その辺が、将来に向けて改善できてくると、もっと打撃に余裕が出てくると思います。

小さくアウトステップした足下はブレないので、打てるポイントは限られていそうですが、甘い球を逃しません。バットを寝せて出すも、ヘッドを残してスイングできるので、左方向に上手く流すことができます。頭のブレ・身体の開きも我慢でき、軸足にも強い粘りを感じさせます。

(今後は)

典型的なアベレージ・対応型の選手です。非凡な対応力がある選手ですから、更に「強さ」「鋭さ」磨いて欲しいですね。仕掛けの問題を解決できるようだと、2年後は九州を代表する打者として、ドラフト候補にあがってくると思います。

タイプ的には、アベレージヒッターなので、センターラインが担えるような、守備・走力などのアピールポイントがあるようだと、高卒指名の可能性も秘めていると考えられます。その辺はよくわからなかったのですが、打撃に関しては、1年生ながら非凡なものを持っている選手です。ぜひ、その名前を覚えて欲しい好打者でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年秋 秋季四国大会3

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月 6日(土)10時11分30秒
返信・引用
  皆様おはようございます。四国大会レポートは、これが最終回。また次回からは、夏の大会レポートに戻ります。

△鈴木 貴也(愛媛・済美2年)投手 179/69 右/右

(どんな投手?)

1年夏から公式戦で登板しており、現在MAX141キロまで記録するようになったと評判です。右打者の外角低めに集める、スライダーが武器の投手です。何やら大病を患って、8月に復帰したばかりだったと言いますから、まだ完全復調とは、言い難かったのかもしれません。

(投球内容)

球速は、130~速い球でも140キロ近い球もあったように思えます。キレ型の球質なので、それほど球威はありません。気になったのは、上背は伸びているのですが、体重が減ったこと。やはり、これは、病気の影響が大きかったのでしょうか?

右打者には、外角一杯に速球とスライダーを集めてきます。特にアウトローのボールゾーンに切れ込むスライダーが、最大の武器。内角胸元にも、速球を投げ込みます。また左打者には、外角に速球・カーブ・チェンジアップなどを集めますが、内角への配球が見られません。以前武器にしていた、鋭く縦に落ちるフォークが、陰を潜めたのが気になります。

フィールディングは、いち早くマウンドを降りて来るのですが悪送球をしたり、クィックも以前は1.1秒弱で出来ていたものが、できなくなっているなど、まだまだ病み上がりだったのだなあと言うのは、この辺の投球以外の部分から垣間見られます。

両サイドへの制球・マウンド捌きなどはまずまずですが、まだ球に凄みは感じません。スーパー一年生だったことを考えると、やはり期待ほどの成長曲線は描けていないのは、致し方ないところか。

投球フォームは、土台の良さが光ります。お尻は一塁側に落とせるフォームなので、見分けの難しいカーブやフォークなどの縦系を無理なく習得できるものがあります。グラブもしっかり抱えられているので、両サイドの投げ分けも良いですし、足の甲の押し付けもできているので、低めにも球が集まります。

投球フォームの4大動作の観点からも「球持ち」が良いフォームです。「着地」「開き」も平均的で、もう少し「体重移動」を上手く行い、前にグッと乗って来るようなフォームにしたいですね。あと、もっと腕を鋭く・強く振れると、変化球も生きてきそうです。

(今後は)

この冬の間に、体を大きくできると、最終学年では土台が良いだけに楽しみです。投球ができるセンスがありますし、フォームの土台も良い選手。あとは、体に「強さ」などが出てきて、凄みが出てくるようだと、最終学年ではドラフト候補としてマークできそうです。ただ現状は、センスの良い大学・社会人タイプの好投手かなと言う印象ではありましたが。

△岩田 修治(香川・寒川2年)中堅 164/62 右/左

(どんな選手?)

旧チームからレギュラーで、甲子園に出場していた選手だと思います。小柄ですが、非常に足の速い選手で気になりました。

(守備・走塁面)

残念ながら、今回の観戦では、守備・地肩についてはよくわからず。ただ塁間・4.0秒を切るような俊足が持ち味で、セーフティバントで相手を揺さぶったりする、嫌らしいプレーが持ち味です。

(打撃内容)

外角の低めの球でも、ポンとバットを出し打ってしまう対応力のある打撃ができる選手です。またセンターからレフト方向に打ち返そうと言う意識があるのも良いですね。

スクエアスタンスで、グリップを常に動かしながら、バランスの良い構えが印象的です。仕掛けは、「遅めの仕掛け」を採用しておりますが、彼の場合は長距離タイプなのではなく、ボールをギリギリまで見分けてから打ちに行く、天性の二番タイプの打者なのだと思います。

足をしっかり引き上げ、アウトステップに踏み込みます。ただ仕掛けが遅い割に動作が大きいので、もう少し足の動きを小さなものに変えるか、仕掛け自体を早めて対応力を増すかする必要があるかと思います。しかし踏み込んだ足元が、インパクトの際にブレないので、しっかり粘って、左中間方向に転がすことができます。

打撃の準備段階である「トップ」を早く作る意識もありますし、バットも上から叩けております。そのためインパクトまでのロスも少なく、スイングの弧もコンパクトで、典型的な巧打者タイプです。あとは非力なので、スイングに「強さ」「鋭さ」を追求して行って欲しいですね。

頭のブレも少ないですし、開きも我慢でき、軸足にも粘りを感じます。技術的には、非常に高いものがある選手です。

(今後は)

三拍子バランスの取れたプレーヤーとして、すべての面でパワーアップ・レベルアップを期待したいです。小柄ですが、技術的な裏打ちや、考えてプレーができる選手のように思えます。今後も長く、上の世界でも野球を続けて行って欲しい楽しみな選手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年秋・秋季四国大会2

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月 6日(土)04時47分57秒
返信・引用
  皆様こんばんは。小瀬選手ショックが心を引き釣りますが、今回は彼の出身校・尽誠学園と同じ香川の学校の選手などもご詳解して行きたいと思います。秋季四国大会レポートは、第三弾まで。そのあとは、夏の香川大会・徳島大会・愛媛大会・高知大会の順でご詳解して行きたいと思います。できれば、2月中に四国各県を終わらせて、3月は、関東に入って行きたいと考えます。

△高橋 涼平(香川・藤井学園寒川2年)投手 175/61 右/右

(どんな選手?)

夏の甲子園に出場していた投手で、その頃よりも線の細さが薄れてきた印象です。内角を厳しく突きつつ、外角に変化球を投げて討ち取るのが身上です。

(投球内容)

夏の時点でも、常時135キロ(MAX136キロ)を記録しておりましたが、この秋も大きく球速を伸ばしてきた印象はありません。ただ、右打者には外角にしっかり速球とスライダーを集める制球力があり、それでいて、胸元に厳しい球を投げ込みます。同用に左打者にも、内角に食い込むスライダーを魅せつつ、外にチェンジアップを落とす配球です。

けん制も鋭いですし、クィックも1.05~1.25秒ぐらいとまずまず。特別マウンド捌きなどにセンスは感じませんでしたが、大きな破綻はありません。また両サイドの制球力は確かな投手です。

投球フォームは、全体にバランスの取れたフォームだと思います。投球フォームの4大動作の観点からすれば、「着地」「球持ち」と言う部分は良く「体重移動」も平均的です。大きく取りすぎるステップを研究して、良い「体重移動」が見つかると、もっとボールが前に乗って来るのではないのでしょうか。一番の課題は、「開き」の早いフォームです。これを如何に改善して行けるのかが、今後の最大の課題だと思います。

(今後は)

中背の投手で、高卒プロとかそういったタイプではありません。ただ、すでに球速も135キロ前後出ますので、一冬超えて体が一回り、二回り大きくなるようだと、常時130キロ台後半~MAX140キロ台まで到達して来るかもしれません。

投球の土台はできている投手なので、あとは、体や球自体に「強さ」みたいなものが出てくると、だいぶ印象が変わって来るのではないのでしょうか。現時点では、ピッチングのできる好投手との印象が強いです。2010年度の香川を代表する投手に、育って欲しいですね。

△喜井 達郎(愛媛・済美2年)捕手 178/68 右/右

(どんな選手?)

素早いスローイング自慢の選手で、打っても中軸を務める攻守の中心選手です。売りは、気持ちの強さが溢れるプレーではないのでしょうか。

(ディフェンス面)

グラブを示したまま動かさないのには好感で、常に投手にゼスチャーなどで指示を送る、捕手らしい捕手です。キャッチングなどに光るところはありませんでしたが、素早く動いたり、反応する機敏さ・フットワークの良さがある選手です。

ただランナーを出すと、神経質なぐらい気にする選手で、正直そこまで気にしなくても良いのかなと思います。試合中に何度も、一塁ランナーを威圧するために、鋭いスローイングを投げるポーズを取ったり(実際投げる時もありますが)、2球連続でウエストしたりするので、投手は投球に集中しにくいですよね。この辺は、投球間練習などで、自慢のスローイングをしっかりアピールしておけば、それだけで相手チームには充分に抑止力になるはず。むしろ走ってくれた方がラッキーと言うぐらいに思って、確かな技術を積んでいれば良いのだと思います。もう少しその辺は、投手への配慮もあって良いのかなと思います。地肩も悪くないでしょうし、スローイング動作は非常に捕ってから素早いのが印象的でした。

(打撃内容)

基本的には、スイングはシンプルです。ベース側にスクエアスタンスで構える選手で、グリップは平均的に添えます。全体にバランスの取れた良いフォームなのですが、自分のリズムで打席に立てていないので、どうしても受身で脆い印象は否めません。また捕手としては、線が細いのが気になりました。

仕掛けも、投手のリリース前後に始動する「遅すぎる仕掛け」を採用。そのため、動作全体が遅すぎます。足を軽く、ベースと反対方向に踏み出すアウトステップを採用。早くから腰が開くフォームで、基本的に巻き込む打撃が得意なのだと思います。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのが少し遅く、せっかく上から叩けるスイングなのですが、打つ時に腋が開いて、スイングが波打つのが残念です。ボールを捉えるまでロスはなく、スイングの弧は平均的、フォローまで振れているので、この点が改善できると、しっかりボールにエネルギーが伝えられ、強い打球も打てるのではないのでしょうか。

頭のブレも小さいですし、軸足の形も崩れません。もう少し体の開きを我慢して、内に力を貯めることのできるフォームを心がけたいですね。

(最後に)

塁間4.5秒強(左打者換算で4.2秒強)と基準レベルの脚力に強肩を併せ持つなど、身体能力は、上のレベルでも野球を続けられる素材です。ただ、まだまだ体に「強さ」がありませんし、守備も打力も発展途上の選手との印象を受けました。

2010年度の香川のみならず、四国を代表する捕手への可能性も秘めた捕手だけに、志を高く持って頑張って欲しいですね。一冬超えて、その評判が聞かれることを、楽しみに待ちたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

六大学の逸材1!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月 5日(金)11時41分11秒
返信・引用
  今日から、何回かに分けて、2010年度のドラフト対象選手となる選手を中心に、六大学の逸材をご詳解して行きたいと思います。

△山口 尚記(慶応大 3年)右翼 170/68 右/右 (慶応高出身)

(どんな選手?)

小柄ながら、パンチの効いた打撃と、俊足を誇る身体能力を兼ね備えた強打者。特に打ち出すと止まらない選手との印象が強いが、その反面、打てない時は全然と言う印象が強く、波が激しい気がする選手。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.2秒台(左打者換算で3.9秒台に相当)するような俊足選手で、この秋のシーズンでも6盗塁を記録するなど、それなりに動ける選手。

ただ、その守備範囲を活かした守備は悪くないが、地肩は何処か痛めていたのか?あまり強い返球が観られ無い。あるいは、肩が元々強くないのかのいずれかだろう。

(打撃内容)

スクエアスタンスで構える選手で、グリップをあらかじめ捕手側に引き、更に体の近くに添えて構える選手。腰の据わりなどバランスは悪くないのだが、もう少しリラックスして打撃に入った方が良いのではないのだろうか。

「平均的な仕掛け」を採用するように、中距離・ポイントゲッタータイプの強打者。地面をなぞるように足を運び、少しアウトステップで踏み込んで来る。ただ気になるのは、足が地面から離れるのが早く、外角への対応はどうなのだろう?と言う疑問は残る。

打撃の準備である「トップ」をいち早く作れており、ボールを捉えるまでのスイングも、平均的。スイングのヘッドスピードもシャープで・弧の大きさ・フォロースルーも平均的で、最後までしっかり振り切っている。

頭の動きが小さいのは良いのだが、体の開きが我慢できないのと、軸足が前に突っ込むなど、体軸の安定感がもう一つなのは気になるところ。

(今後は)

今年の慶応打線の中では、目立つ存在。ただ走力などもあるが、体格・ポテンシャルなどを考えると、プロと言うよりは、社会人タイプなのではないのだろうか。

△廣本 拓也(法政大 3年)捕手 181/80 右/右 (浪速高出身)

(どんな選手?)

浪速高時代から、プロ注目の強肩捕手。毎年、きっちり捕手を育てあげて来る法大の中において、2010年度では、この選手の活躍が期待されている。強肩に加え、打力もある選手で、攻守にバランスの取れたプレーヤーだ。

(ディフェンス面)

グラブを示したあとは、ミットを地面に降ろさない選手で、低めの球への対応は悪くない。ゆっくり返球するあたりに、投手への配慮するタイプの捕手との印象。180センチ台の大型捕手だが、打球への反応・フットワークなどは重くない。

ただボールを押し込むようなキャッチングではなく、グラブ捌きに自信があるのか、それほど体でボールを受け止めようとするタイプではないので、雑な印象も拭えない。地肩・スローイングは、法大髄一と言われるだけあって、ドラフト候補としても、中の上レベルぐらいのレベルはありそうだ。リードや各所作を見ていると、個人的にはあまり捕手センスは感じられないのが、気になるが・・・。

(打撃内容)

昨秋までは、不動の正捕手ではなかったので、規定打席には乗らなかったが、打率.333厘をマークするように、派手さはないが打力のある選手。右に左にはじき返す、広角打者との印象が強い。

軽く前足を引いて、グリップを高めに添える選手。仕掛けは「平均的な仕掛け」を採用する、中距離・ポイントゲッタータイプ。足を引き上げ、少し真っ直ぐからアウトステップ気味に踏み込むが、インパクトの際に足元がブレるのが惜しい。

打撃の準備段階である「トップ」を早めに作り、上からバットを振り下ろして来るので、インパクトまでのロスは感じられない。スイングの弧もコンパクトで、スイングスピードも基準レベル。ただ少しダウンスイングなのに、最後グリップを引き上げる忙しい軌道で、ボールを打ち上げるケースも少なくなさそうだ。もう少し、体の開きをしっかり我慢できるようになるといいだろう。


(今後は)

技量的には、石川修平(JR東日本へ内定)と、それほど攻守に差がないのではないかと思われる。ただ石川以上に強肩であることは、一つアピールポイントになるかも。ただ個人的には、好みで言えば石川の方かなと思えるのだが・・・。

いずれにしても、バリバリのドラフト候補かと言われると微妙な感じで、東京六大学屈指の素材として、今後もその成り行きを注目してみたい。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

野球さんへ

 投稿者:大原  投稿日:2010年 2月 4日(木)22時33分16秒
返信・引用
  初芝立命館田前君の情報ありがとうございます。大学でも観戦できる機会がありましたらぜひみてみたいと思います。  

今年の神奈川

 投稿者:神奈川二  投稿日:2010年 2月 2日(火)22時51分40秒
返信・引用
  例年神奈川は横浜・東海・桐蔭などチームが偏りがちですが今年目玉になるチームはずばり向上高校平田監督、武相高校桑元監督だと思われます。選手をうまく使い秋もそれなりの成績を収めました。選手の引き出しを上手く出来る期待の監督です。選手のことはフォローいただけたらと思います。  
    (蔵建て男) 向上には、今年楽しみな選手が多いので期待しております。また武相高校は、毎年練習試合の日程を発表してくれている学校なので、機会があればぜひグランドの方にお邪魔させて頂きたいと思います。大いに神奈川の中では、期待している学校です。  

2009年秋 四国大会の逸材2!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 2月 1日(月)07時39分52秒
返信・引用 編集済
  皆様おはようございます。なかなかレポートも進みませんが、今日から2月。2月も後半になると、実際にオープン戦の観戦予定も何試合か考えております。まさに球春到来は、すぐそこまで来ております。

△東谷 祐希(徳島・川島2年)投手 167/62 右/右

(どんな選手?)

小柄な右サイドハンド。球威・球速はないのですが、低め、コーナーを丹念に突く制球力の確かさが自慢です。

(投球内容)

足を引き上げてから、降ろすまでの「間」を作ることができる投手で、右サイドからキレのある球を投げ込みます。球速こそ、120~125キロ程度でしょうが、右打者には、外角低め中心に速球とスライダー、左打者には、両内外角低めに速球とスライダー・シンカーを集められる制球力・粘っこさには光るものがあります。

けん制も鋭く、クィックも1.2秒台と基準レベル。マウンド捌きも良く、投球センスに優れた好投手です。

その一方で、左打者から痛打を浴びる傾向もあり、更に球威・球速がないので、目が馴れてくる中盤以降の投球に工夫が欲しいところです。投球フォームにも、もう少し腕の振り・上体の振りが鋭くなると、球にもっとキレが出てくるのではないのでしょうか。その辺は、一冬超えた成長を期待してみたいところです。

(今後は)

21世紀枠でのセンバツ出場が決まり、何処までその投球が通用するか注目されます。ここでの内容次第では、更に今後への可能性も広がって来ることでしょう。期待して、センバツを待ちたいと思います。

△川原 央(徳島・小松島2年)捕手 174/83 右/右

(どんな選手?)

小松島の攻守の中心的存在です。少し太めの体格ですが、意外に俊敏に動ける選手です。また打っても、思いっきりの良いスイングが魅力です。

(ディフェンス面)

グラブを示したあと、いったん地面に降ろす癖があるのが気になります。しかし打球への反応もよく、フットワーク・グラブ捌きも悪くありません。球を押し込めるようなキャッチングではないのですが、難しい球でも上手く捕れる技術はあるようです。

塁間も、2秒強ぐらいで送球できる能力はあるようで、地肩は悪くないように思えます。ただ制球力に不安を感じましたので、安定感を求めたいところです。

(打撃内容)

元来は、早めに腰が開いて逃げるフォームなので、巻き込むのが得意なのではないかと思います。しかし右方向にも、打球が飛ばせる柔軟性のある打撃が魅力です。

外角を強く意識しているのか、ベース側にクローズ気味に構えます。腰の座っているのには好感が持てますのですが、両目で前を見据える姿勢には課題があり、更に少しアゴを引いて構えたいですね。

仕掛けは、「早めの仕掛け」を採用するなど、バリバリの強打者に見えるのですが、実は結構対応力型の選手のようです。足を引き上げ回しこむタイプで「間」が取れており、ボールを捉えるポイントは多そうです。アウトステップで踏み込みますが、インパクトの際に足元がブレないので、真ん中~高めの外角球ならば、右方向に捌けます。

ただ残念なのは、上半身の使い方。打撃の準備段階である「トップ」を早く作れているのは良いのですが、ボールを捉えるまでに非常にスイングが大回りに外まわりに軌道し、ロスを感じさせるスイングです。大きなフォロースルーでボールを運ぶタイプです。

(今後は)

体に「強さ」もありますが、もう少し体重を絞って「キレ」を出して欲しいですね。打撃もインパクトまでのスイングに課題がありますから、上からミートポイントまで叩けるスイングを身につけられれば、対応力も更に増しそうです。

現状、上のレベルで捕手を続けられるかは微妙かなと思いましたし、打撃レベルも更にワンランク・ツーランク磨いて行かないと、大学あたりでは苦労すると思います。良いものは持っているので、あとは如何に自分がそれを伸ばして行けるのかではないのでしょうか。その成長を期待してみたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年秋 四国大会1!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月30日(土)18時30分50秒
返信・引用
  皆様こんにちは。今日は、朝書き込めなかった、秋季四国大会の模様から。21世紀枠で選ばれた川島(徳島)の模様も拝見致しました。

△南 優希(徳島・川島2年)捕手 173/71 右/右

(どんな選手?)

旧チームから4番に座る選手で、チームの攻守の要です。徳島県の体力・技術向上委員会で、33校250人以上が参加した中で、ロングティー部門で1位になった徳島屈指の長打力の持ち主であります。

(ディフェンス面)

ミットを示したあと、下に降ろすことなく構えられる選手です。ボールを捕球する時も、ミットを動かさないですし、グラブの出し方なども上手い選手です。小柄な選手なのですが、フットワークを活かして動くタイプではなく、必要に応じて動くタイプの捕手でしょうか。

どちらかと言うと、投手に身振り手振りで促し、返球も少し強めの叱咤激励タイプ。ハンドリングの良さが逆に仇となり、体でボールを止めに行くタイプではないので、プレーが雑になるのには気をつけたいですね。地肩に関してはよくわかりませんでしたが、捕手としてのセンスも悪くない選手でした。

(打撃内容)

チーム1の長打力に加え、抜群の勝負強さが自慢です。結構プルヒッターなのかと思いきや、センターから右方向にもきっちり打ち返す技術が勝負強さにつながっているのでしょう。

この選手の良さは、打席での集中力でしょうね。気持ちも強いのでしょうが、それ以上に集中力だと思います。スクエアスタンスで、腰を深く屈め、グリップを高めに添えているのですが、バットを寝せて構えます。

仕掛けは、「遅めの仕掛け」を採用。ボールをよ~く引きつけて、自分のポイントまで呼び込んで打つ、天性の長距離砲です。体が小さくても、ボールを飛ばすことができるのは、この仕掛とフォロースルーの取り方に秘密がありそうです。

足を軽く引き上げて、アウトステップで踏み込みます。腰が非常に早く開いてしまうのですが、それを踏み込んだ足元がブレで踏ん張れているのと、軸足の強い粘りが支えます。打てるポイントは限られていると思いますが、その球を逃さず叩く「鋭さ」があるのだと思います。

早くから肘が下がって、インパクトまで遠回りのスイング軌道が、対応力の低さにつながっているようです。スイングの弧はそれほど大きいとは思いませんが、スイングの最後にグリップを高い位置まで引き上げ、ボールを遠くに運びます。これが、非凡な長打力を支える一つの要因になっていると考えられます。

体軸も、頭のブレの小ささと軸足の強さがあり、早めに体が開いてボールに食らいつくことが可能になります。技術的には欠点も多いのですが、それを長所と気持ちの強さで押し返す逞しさがある選手です。

(今後は)

センバツ出場が決まり、全国の舞台を経験できるチャンスを得ました。中々の好捕手ですから、どんなプレーをするのか注目して頂きたいと思います。粗い打撃技術が、全国レベルの投手に対し通用するのかも、個人的には興味があります。ぜひセンバツでは、地肩の強さも含めて、もう少し突っ込んでみてみたい選手でした。

△西口 元気(徳島・小松島2年)投手 177/76 左/左

(どんな選手?)

テイクバックを小さめなフォームですが、しっかりした体格の選手で、ボールに勢いのあるサウスポーです。2年秋の時点では、合格点が与えられる球の勢いがあります。

(投球内容)

ノーワインドアップから、125~130キロ前半ぐらいの速球を投げ込みます。テイクバックを小さくしてピュッと腕を振れるので、その球速以上に、打者は差し込まれるのかもしれません。変化球は、カーブだかスライダーに、どうも右打者外角に小さく逃げるスクリュー系の球もあるように思えます。

制球は、結構バラツキがあるように見えますが、両サイドに上手く球が散っておりました。ただ左投手なのですが、左打者には球が浮いてしまいコントロールがつかないのが気になる材料。またクィックもできず、フィールディングの動きも緩慢など、まだまだ総合力では課題を抱える選手です。

制球に課題があると聞いていたのですが、フォーム分析をしても大きな欠点がありません。グラブもしっかり抱えられておりますし、足の押し付けも時間は短いですが、甲で押し付けることもできております。

「着地」「体重移動」「球持ち」も悪く無いですし、「開き」も早くなく、中々実戦的な技術の持ち主です。上体や腕も鋭く振ることで、球にキレも出せております。方向性・土台はしっかりしているので、これを損なわないようにパワーアップに努めれば、将来有望なのではないのでしょうか。

(今後は)

骨格・体格も悪くありません。一冬しっかり体をいじめ抜き精進すれば、夏ごろには常時130キロ以上~MAXで135キロ以上を期待できる県内を代表する左腕になるのではないのでしょうか。更にそうすれば、上のレベルも見えてくると思います。現在さほど騒がれておりませんが、春季大会でも徳島・四国の方には、その成長を注目して欲しい左腕でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

大原さんへ

 投稿者:野球メール  投稿日:2010年 1月30日(土)17時13分17秒
返信・引用
  > No.9885[元記事へ]

初芝立命館の田前君は大阪産業大学で野球をやる予定です。
 
    (蔵建て男) フォロー有り難うございます。  

2009年秋 高知の逸材6!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月29日(金)10時07分21秒
返信・引用
  皆様おはようございます。今回で、この秋の高知の逸材シリーズは最終回。今日は、高知高校の1年生投手たちをご紹介。今日センバツに選手が濃厚な高知高校だけに、センバツでも、彼らの勇姿が観られるかもしれません。

△宮本 嘉生(高知・高知高 1年)投手 172/61 左/左

(どんな選手?)

左のスリークオーターで、右打者の内角を厳しく突く投球が身上の、実戦型左腕です。センバツでも、試合展開次第では登板の機会に恵まれるかもしれません。

(投球内容)

テンポ良く、打者の内外角に投げ分けるのが、この投手の持ち味です。球速は、125~130キロ程度ですが、キレのある球質に厳しく内を突く投球で、球速以上の威力を感じさせます。

変化球は、少々少し押しだけ感じの腕の振りが気になるカーブとのコンビネーション。フィールディングも基準レベルですし、クィックも1.2秒前後と合格点。マウンド捌き・制球・野球センスに優れたタイプです。

最大の特徴は、ボールの出所が見にくい「開き」の遅さと、地面に着きそうなところまで足を降ろしてからの一伸があり、「着地」を遅らせることができている点です。

その一方で、腕が体の遠くをまわって、ブンと振って上体を鋭く振ることでキレを出すタイプ。そのため微妙な指先の感覚に欠け「球持ち」が良くないタイプです。また「着地」を遅らせるために、前への大きなステップが逆に仇になり、前足が突っ張って「体重移動」を阻害しているところがあります。「着地」を遅らせることを取るのか、「体重移動」を重視するのかは難しい選択ですが、もう少しステップの位置・足の降ろし方などには研究の余地がありそうです。

(今後は)

けしてスケールとか、高い将来性を売りにするタイプではありません。それでもまだ体つきにも余裕がありますし、あと2年あれば、まだまだ球速を増すことも期待出来そうです。

少しずつ経験を積んで、投手としての総合力を高めていってもらいたい投手です。秋ぐらいからは、高知を代表する左腕として、注目される投手になるのではないのでしょうか。

◯西川 大地(高知・高知高1年)投手 177/65 右投げ

(どんな投手?)

均整の取れた体格と、腕の振りが柔らかく、高い将来性を感じさせる投手です。まだまだリリースが不安定で、投げるのが精一杯といった感じでしたが、元来は投球術に長けた投球が持ち味だと言う話がありました。個人的には、素材としての面白みもある楽しみな投手だと思います。

(投球内容)

バランスの取れたフォーム・柔らかい腕の振り、均整の取れた体格からも、高い将来性を感じさせます。私がみた宿毛戦では、この秋・公式戦初登板と言うことで緊張していたようですが、2イニング目からは随分腕が振れ、球速も増していたように思えます。球速は、すでに125~指にかかった時の球は135キロ近く出ているのではないのでしょうか。

変化球は、カーブ・スライダー。武器は、低めに決めるスライダーにあるのだと思います。ただカーブが高めに浮くケースが多く、また指先の感覚がまだまだで、制球が不安です。この辺が、体が出きてくると安定してくるのか注目したいと思います。

けん制は、平均レベル。クィックも1.2秒台と基準レベルです。元来、カーブ・スライダーを交えたコンビネーションが冴えるタイプとのことで、もう少し実戦的なのだと思いますが、私が見た試合では、素材型なのかと思える内容でした。落ち着いて、自分の力をマウンドで出せるようになると、見違えるような投球を魅せてくれるかもしれません。

投球フォームは、ゆったりと足を引き上げる「間」を大切にしているタイプ。「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」にも欠点はなく、バランスの取れたフォームは、ほぼ理想的です。お尻も一塁側に落とせますので、将来的にもっと見分けの難しいカーブや縦の変化を習得することも可能かと思います。しいて欠点をあげるのならば、投げ終わったあとに、一縷側に体が流れ気味になる点。もう少し下半身を安定させ、上半身の振りに負けない土台を築いて欲しいですね。

(今後は)

恐らく、今最も投手の人材が充実している高知高校が、この選手を育てられるのかが注目されます。体つきも1年生と言うこともあり、最終学年までには一回りも、二回りも大きくなることでしょう。フォームのバランス・技術など土台になるものは素晴らしいので、素直に肉付けして行けば、順調な成長曲線が描けると期待しております。一冬超えて、体が出きてきた時に、どんな投球を魅せてくれるのか?素材としては、近年の高知球児の中でも、トップクラスだと思います。現状はまだまだですが、志を高く持って野球に打ち込んでもらいたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年秋 高知大会の逸材5!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月29日(金)01時34分59秒
返信・引用
  皆様こんばんは。ようやく、こちらにも書きこめる余裕ができました。2009年秋の高知大会の逸材は、第6弾まで。これが終わったあとは、一体高知を離れて、秋の四国大会の模様を行って行きたいと思います。

△谷川 匠(高知・高知高 2年)投手 172/68 右/右

(どんな選手?)

旧チームから、ベンチ入りしていた投手です。ワインドアップで、ゆったりと足を引き上げ投げ込む速球派です。一冬超えて更に力強さを増すと、なかなか楽しみです。

(投球内容)

悲観するほどひどくはありませんが、肘が突っ張って体からも遠回り気味に投げるフォームで、アーム式っぽくなっているのが気になります。球速は、常時130~135キロぐらい、ストレートが売りと言うだけあって、なかなか勢いのある球を投げ込みます。

右打者の外角に決まる球筋はビシッとミットに収まりますが、少し内側に来る球は、真ん中低めに少し沈むクセ球になります。曲がりながら落ちるスライダーに、カーブとのコンビネーション。現状、これといった空振りを誘える球種はありません。

クィックは、1.15秒弱と、まずまず。球にバラツキはあり甘い球もありますが、四球で自滅するといったほどの破綻はありません。マウンド捌き・試合をまとめる能力は平均的。投球センスに関しては、可も不可もないといった感じでしょうか。

少し「開き」は早いのですが、「着地」「球持ち」は並ぐらいで、あとは「体重移動」をもう少し上手くすると、前にグッと体重が乗った球が行くと思います。グラブもしっかり内に抱えられ、足の甲の押し付けも良い投手なので、体ができて、リリースも安定して来ると、制球も良い投手になれそうです。

(今後は)

一冬超えて、体がビシッとしてきた時に、どのぐらいの投球ができるのか注目です。上手く成長できれば、常時135キロ級~MAXで140キロ台を記録し、更に制球なども悪くない投手に育っているかもしれません。センバツで、ぜひその成長した姿を見てみたいですね。

△岡林 淳一(高知・宿毛2年)三塁 165/69 右/右

(どんな選手?)

上背はないのですが、しっかりした骨格の選手です。チームの4番を務め、きっちりとボールを捉えた打球には、見るべきものがあります。

(守備・走塁面)

残念ながら、一塁までのタイムは計測できず。ただ、そのプレースタイルからは、それほど足を売りにするタイプには見えませんでした。

しかしながら、三塁守備では動きの良さが目立ちました。物凄くうまい三塁手ではありませんが、地肩も基準以上で、上のレベルでは二塁あたりができるようになると、付加価値がでて良いと思います。

(打撃内容)

腰が座った構えで、バランスは悪くありません。やや仕掛けが遅い気も致しますので、少しだけ早く始動することを心がけた方が、動作に余裕がでそうです。

足をほんの少しだけ小さくステップするタイプなので、打てるポイントは限られます。ベース側にインステップするのですが、踏み込んだ足元が早く地面を離れるタイプなので、基本的に引っ張り専門のプルヒッッターと言う印象です。踏み込む分、甘めの外角球を巻き込むのが得意だと思われます。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのは並ぐらいのですが、それほど深く・きっちり作れる選手ではありません。それでもバットを上からミートポイントまでロスなく持ってこられる貴重な選手であり、それでいてスイングの弧・フォロースルーも悪くなく、最後まできっちり振り抜けます。

頭のブレも極めて小さく、軸足にも強さを感じます。ただ少し軸足が前に傾きがちなので、体の突っ込みには注意したいです。

(今後は)

上のレベルを意識するのであれば、二塁のできる強打者と言う方が、付加価値がついて魅力を感じます。強い打球も打てますし、ある程度動ける選手です。現状は、地方大学レベルの選手ですが、更に一冬超えて資質が伸ばしてこれそうだと、高知を代表する打者の一人として注目されるかもしれません。今後の更なる成長を、期待してみたい選手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

秋季関東大会

 投稿者:D.O  投稿日:2010年 1月25日(月)20時18分0秒
返信・引用
  今頃、恐縮ですが・・・目に付いた選手です。

△長友 昭憲(千葉・東海大望洋2年)投手 171/81 右/右

好投手との噂を聞き、初戦の富士学苑戦を観戦
正直?????
よっぽど調子が悪かったのか、どこか故障していたのか
ストライクがほとんど入らず
それでも相手の拙攻に助けられて5回を1失点!
ただ、ストライクが入ると相手は手も足も出ない
球の速さだけだったら、この日登板した投手で一番速かっただろう。
正直どう評価していいかわかりませんが、おそらく出場するであろう春の選抜を注目したい。
 
    (蔵建て男) 選抜にも出場して来る選手なんで、その投球が楽しみですね。きっとチェックを入れていると思うので、楽しみにしております。  

2009年秋 高知大会の逸材4!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月25日(月)08時14分21秒
返信・引用
  皆様おはようございます。現在、四国の秋季大会の模様を観ております。高知大会の模様が残り2試合と四国大会の模様をレポートしてから、この夏の各県のレポートを行って行きたいと思います。

△山田 寛(高知・明徳義塾2年)投手 185/72 右/右

(どんな選手?)

大型のサブマリンで、地面スレスレをするようなアンダーではないのですが、下手投げにしては、力強い球で押す速球派サブマリンです。

(投球内容)

球速は、恐らく125~130キロぐらいですが、ボールに力があるのが特徴です。変化球は、スライダー・シンカーとのコンビネーション。右打者には、外に決まる速球と逃げて行くスライダーで安定した投球。課題は、制球がアバウトで球が見やすくなる左打者対策だと思われます。実際に試合を見ていても、左打者から打たれるケースが圧倒的に大いにように思えます。

下手投げても、クィックは1.2秒台でまとめられる選手。マウンド捌き・制球などにも破綻はなく、2010年度の高知を代表する投手の一人になるのではないのでしょうか。

(今後は)

速球派のサブマリンは貴重なので、上のレベルでも野球を続けて行ける素材です。ただ、まだ全国レベルで押さえ込めるほどの、球の威力・制球力などには欠け、明徳が秋に、勝ち上がってこられなかった一つの要因になっているのではないのでしょうか。

一冬超えて、更に速球に球威・球速を増して来るようだと、彼の球筋を見慣れている高知各校の打者達でも、その対応に苦労するかもしれません。全国的に見ても、彼レベルのサブマリンは貴重ですから、ぜひ志を高く持って精進してもらいたいと思います。最後の夏には、全国の舞台にその勇姿が見られるかもしれません。

△北川 倫太郎(高知・明徳義塾1年)左翼 185/77 右/左

(どんな選手?)

1年秋には、チームの4番を任されている大型野手です。広角に打ち返す強打が、この選手の魅力です。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.65秒前後と左打者としては、かなり遅い部類です。実際のプレーを見ていると、もう少し早くは走れそうに見えました。ただ足を売りにするとか、そういったタイプではありません。

守備も、地肩はよくわかりませんでしたが、左翼の守備は中の下ぐらいかなと思いました。やはり打撃で起用し、守備・走力は目をつむるといったタイプだと思います。ただ大型ですが、全く動けないと言うタイプではないように思えます。あと2年間、鍛え方次第では、破綻のない守備力は身につけられるのではないのでしょうか。

(打撃内容)

前足を軽く浮かし、グリップを高めに添えた強打者スタイルです。気になるのは、やや打席で力み過ぎ。もう少し肩の力を抜いて、リラックスしたり、自分のリズムで打席に入ったりする意識を持ちたいです。

仕掛けも、リリース近くで行うので「やや遅すぎる仕掛け」に属します。幾分動作に余裕を持たせる意味でも、少し始動を早めた方が良いと思います。足を小さくステップさせますが、「間」がない選手なので、打てるポイントは限られております。その打てるポイントを如何に逃さず叩くか、そこにかかっている選手ですね。

残念なのは、そのために必要なインパクトの際の足元のブレを抑えることが出来ておりません。そのため打ち損じも多く、確実性に欠けるのでしょう。今は、非凡な肉体のポテンシャル・存在感で起用してもらっておりますが、今のままだと長い目で見て、信頼を得られる可は疑問です。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのは遅くないのですが、ややインパクトまでバットが外回りの軌道を辿ります。もう少し内側からバットを出すと言いますか、上から降ろす意識を持てると、ミートポイントまでのロスが減ると思います。それでもバットの先端が下がらないように意識は出きているのですが、スイングが波打ったり、スイングの弧・フォロースルーなどは小さめになったりしがちで、強打者にしては小さなスイングになってしまっております。

打球は、左中間に伸びて行く打球が持ち味。ただ、まだスイングにキレに欠けるなど、まだまだ体に頼ったスイングをしているのが気になります。体の開きを抑えつつ、しっかり叩けるスイングを身につけて欲しいところです。

(今後は)

すべてに課題の多い選手ですが、小柄な選手が多い明徳において、その存在感はピカイチです。技術的な問題はあっても、実戦でも破壊力のある打撃を魅せてくれております。スケールの大きな打撃をする選手として、その成長を期待したい強打者でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

二人の捕手

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月24日(日)16時46分6秒
返信・引用
  皆様こんにちは。今日は、日中家にいるので、久々にこの時間にでも。今回は、2009年度に確認できなかった沖学園の捕手を2008年度の模様から。また大学球界NO.1捕手ではないかと思う選手をご紹介したいと思います。

△波多 光(福岡・沖学園 3年)捕手 180/70 右/右

(どんな選手?)

2年生では、7番・捕手として出場。一球、一球丁寧に捕球をするのが印象的な選手です。09年度の福岡を代表する捕手として、名前もあがっていた選手です。

(ディフェンス面)

グラブを軽く示す程度の選手で、グラブこそ下げないが、それほど的をしっかり示すタイプの捕手ではない。ただ捕球に関しては、実に丁寧で好感が持てる選手。そのためワンバウンド処理なども、それなりに対処できている。強肩の捕手でもあると言うことでしたが、私の観戦した試合ではよくわからず。ただ捕手と言う仕事を真摯に受け止めるプレースタイルには好感が持てます。

(打撃内容)

2年夏の時点では、まだスイングに強さがないところが物足りませんでした。ただボールを当てるのは上手いようで、チェックした2試合では、すべてボールを前に飛ばしているなどミート力はあるようです。

スクエアスタンスで、バランス良く構えます。投手の重心が下がる前に始動してしまう「早すぎる仕掛け」を採用。そして上げた脚をいち早く降ろしてしまい、下半身が固定されたまま上半身のみで打ちに行くのが気になります。

真っ直ぐ踏み込んだ足元は、少々地面から離れるのは早いのですが、なんとかカカトを押し付け踏ん張れているように思えます。打撃の準備段階である「トップ」を作るのは遅くないと言うよりも、きっちり作らないまま打ちに行く選手です。インパクトまでのスイングに大きなロスは感じないのですが、インパクトの瞬間にバットの先端が下がってしまい、ボールを捉える面が小さく、的確に力を伝えられず変な打球が多いのが残念です。

(今後は)

最終学年でのプレーを確認出きていないので、どの程度「強さ」を増したのかわかりません。捕手としては悪くない選手でしたので、今後も何処かのチームで出会いたいですね。打撃を根本から見直し頑張って欲しいと思います。

◎小林 誠司(同志社大 2年)捕手 178/70 右/右 (広陵出身)

(どんな選手?)

全日本にも入る、学生球界を代表する捕手です。広陵時代は、正直気に留めたことのない捕手でしたが、同志社大入学後、みるみる頭角を現してきました。関西5リーグ対抗戦や今回のプロアマ交流戦などの模様から、取り上げてみたいと思います。

(ディフェンス面)

体を小さく屈め、グラブをしっかり示し、投手に的を大きく魅せるキャッチングに心がけます。ミットを余計に動かさないキャッチングで、構えてから降ろさないので、低めへの対応も悪くありません。打球への反応・フットワークも良く、必要に応じては動くことができる選手です。

しいて言えば、もう少し全身でボールを取りに行く姿勢を魅せても良いのかなと思える部分と、勝負どころでインコースを使いたがるリードには、少しリスクの高さを感じます。また肩で投げるような感じのスローイングですが、コンスタントに1.9秒台の送球は、地肩・精度共に学生球界ではトップランクです。全体には、すべての面でバランスの取れた捕手との印象を受けました。

(打撃内容)

際立つような長打力や対応力があるわけではないのですが、体が強いので打球にも力を感じます。バランス良くスクエアスタンスで構え、「早めの仕掛け」を採用し、打てるポイントも少なくなさそうです。

足をあげる時に、膝を閉めてしまうのは気になりますが、真っ直ぐ踏み込んだ足元が、インパクトの際にブレないのは好感です。打撃の準備段階である「トップ」を作るのもそれなりですし、インパクトまでも悪くないので、ボールを的確に捉えられます。

スイングの弧の大きさ・フォロースルーもしっかり取れるなど、技術的にも上のレベルで通用する良い形ができております。頭の位置も安定し、開きも我慢でき、軸足にも安定感を感じさせるなど、打撃技術には大きな欠点がありません。

(今後は)

打撃の意識を高めれば、もっと成績が残っても不思議ではない選手です。ディフェンス面も、非常にすべてにバランスの取れた好捕手です。2010年度組には、彼ほどの力量の捕手はいないような気が致します。

ただそうかといって、攻守に図抜けたものは、まだ感じさせてくれません。これからは、チームを、日本を背負って立つのだと言うぐらいの気構で、すべてに貪欲にレベルアップを図って欲しいですね。来年、再来年どのぐらいの選手に育つのか、大いに期待して見守りたいと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2008年 福岡の逸材!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月23日(土)06時43分7秒
返信・引用
  皆様おはようございます。今朝は、2009年度の福岡大会では観られなかった沖学園の選手たちを、2008年度大会の映像から、ご紹介したいと思います。

◯仙田 慶仁(福岡・沖学園 2年)外野 176/77 右/右

(どんな選手?)

私が見た試合では、1年生ながら3番・左翼手として出場しておりました。すでに1年生の頃から打撃には光るものがあり、ボールへ食らいつく姿勢が素晴らしい選手です。今年は、最終学年を迎えますが、どこまで成長しているのか大いに楽しみな強打者です。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間を、4.2秒前後(左打者換算で3.9秒前後)で、到達する走力の持ち主です。バリバリに足を売りにするタイプではありませんが、状況次第ではしっかり盗塁も試みます。プレーへの意識も高く、一塁までの駆け抜けにも貪欲さを感じられます。

左翼手としても、打球への反応・キャッチングなども悪くありませんでした。ただ、地肩については際立つものはなく、ここ2年でどのぐらい強くなっているのか気になるところです。恐らく今は、身体能力が高いですし、守備も悪くないので、中堅手などを任されているのではないのでしょうか?

(打撃内容)

一年生にして、打球の鋭さ・ボールを捉える対応力・ボールに食らいつく姿勢など、沖学園でも光るものがありました。スクエアスタンスで、背筋を伸ばしバランス良く構えます。

ただ残念だったのは、つま先立ちして、ボールを捉える瞬間にカカトを降ろすだけの踏み込みであり、かなり打てるポイントは限られているのではないかと思うところです。打撃の幅が、極端に限定されるこのスタイルで、どこかで上のレベルで通用して行くのか疑問な点が残ります。もう一つは、踏み込んだ足元が、インパクトの際にブレてしまう点。この点でも外角への開きの早さを誘発し、外への対応に課題を感じます。どのぐらい、この欠点をこの2年間で改善できるのかが、大きなポイントになるのではないのでしょうか。

また、打撃の準備段階である「トップ」を作るのが遅れ気味な点も気になります。ただバットは上から出てくるので、インパクトまでの振り下ろしにロスが感じられません。この点は、高校生としては非凡です。

ただ、上からバットを降ろし、更にバットの先端が下がらないようにしているので、どうしてもスイングが横切りになり、縦の変化への対応は厳しいかなと思います。スイングの弧は平均的で、フォロースルーまでしっかり振り抜いてきます。

(今後は)

打撃のメカニズムに、かなり根本的な課題を抱えているところが気になります。ただ持ち得る打撃センス・肉体のポテンシャル・野球への意識などは、高校生としてはA級の素材です。

基本は、広角に打ち返す中距離タイプ。大分工業時代の内川(ベイスターズ)の高校時代を少し彷彿させてくれるところがありました。走力もプロでも俊足~快速級に近いものがありますし、守備の勘も悪くない高い潜在能力と運動能力を兼ね備えます。

打撃の悪い癖が修正されれば、最終学年ではドラフト候補としてマークできる、数少ない野手に育っているのではないかと期待させます。2010年度においても、九州で最もその成長を確認してみたい野手でした。

△刀根 大輔(福岡・沖学園 3年)遊撃 178/80 右/右

(どんな選手?)

2年夏の時点で、4番・一塁手として出場していた選手です。リストでは、遊撃手と記載されているのですが、最終学年では遊撃手をやっていたのでしょうか?その辺が確認できなかったは、残念でした。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.6秒前後(左打者換算で4.3秒前後)と平均的で、けして走力を売りにするタイプではないと思います。

一塁手をやっていたので、それほど守備に際立つものは感じませんでした。最終学年では、遊撃手をやっていたと言うのは、2年夏までのプレーを見ていると、信じがたいかなと思いました。けして動けないタイプだとは思えませんが、そういった繊細さや高い身体能力は感じられなかったからです。

(打撃内容)

初球から、ガンガン打ちに来る積極的な打者です。パワフルで、強い打球が持ち味の強打者だと思います。ただ、少々粗いというか脆い部分が感じられたのが、2年夏の時点での彼の印象でした。準決勝では、僅か1打席で交代させられたように、まだまだその当時は不安定な打者でした。

スクエアスタンで、グリップを高めに添える強打者スタイルです。仕掛けは、「平均的な仕掛け」を採用する、中距離・ポイントゲッタータイプ。足を引き上げ、回しこむタイプで、打撃に「間」が持てるため、ポイントは広く、ボールをバットに当てる能力は悪くありません。そしてベース側にインステップして踏み込み、その足元がブレないのも良いです。意外に脆そうでも、チェックしたすべての打席をバットで捉えている点からもミートする能力はそれなりにありそうです。

ただ課題は、上半身の使い方です。打撃の準備段階である「トップ」を作るのも遅れがちな上に、肘が下がってしまい完全にドアスイングになってしまっております。そのためボールを捉えるまでに、大きなロスが生じます。インステップして踏み込んでいるのですが、腰の逃げが早いと言う珍しい選手で、外に逃げて行く球への対応は厳しいかなと思いました。

(今後は)

最終学年での、遊撃守備・打撃内容を確認していないので、なんとも言えない部分が多いです。ただ、下級生のプレーぶりをみていると、かなり修正をしないと行けない打撃フォームでした。バットに当てるセンスは悪くないので、上からバットを振り下ろす意識を徹底させると、欠点が随分解消されるのではないのでしょうか?

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年秋 高知の逸材3!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月22日(金)07時50分46秒
返信・引用 編集済
  皆様おはようございます。ようやく仕事も一段落して、少し余裕ができてきました。今日から数日、更新ペースを上げて行きたいと思います。今朝は、秋季高知大会レポートの続きから。

△筒井 太響(高知・高知高2年)投手 168/75 左/左

(どんな投手?)

左のスリークオーターで、左打者の背中越しから来るような感覚に陥る独特の球筋と、低めを丹念に突くコントロールに特徴がある投手です。

(投球内容)

球威・球速はそれほどないのですが、ノーワインドアップから繰り出される速球派、125~後半ぐらい。ミットには、結構ビシッと収まってきます。変化球は、カーブ・スライダーとのコンビネーション。特に左打者にとっては、背中の方から来る感じがして、なかなか打ちにくいタイプかと思います。

けん制は、なかなか投球フォームとの見分けが難しく、ランナーが飛び出しやすいのが特徴。フィールディングも、丁寧に落ち着いて処理をします。ただクィックは、現状できないようでした。完全に球の力で抑えるタイプではなく、マウンド捌きの良さ・野球センスの高さで抑える技巧派です。

右打者にも、両サイドに球を投げ分けることができますが、球がみやすい分、左打者ほど苦になっておりません。逆に左打者には、どうしても背中越しから来る球筋のため、外角中心の配球でも、充分踏み込むことができておりませんでした。

(今後は)

今後、爆発的に伸びるようには見えませんが、一冬超えて常時130キロ前後~MAX135キロぐらいまで到達するようだと、なかなか高校生レベルでは厄介な存在になろうかと思います。派手さはありませんが、センバツ出場の可能性も高い選手だけに、一冬超えた成長を楽しみに待ちたいと思います。

△シング・アンドリュー(高知・明徳義塾2年)右翼 178/75 右/右

(どんな選手?)

外人でも、非常に腰の座ったフォームから、強い打球を飛ばせる選手です。地肩も非常に強く、身体能力もある程度あるところも魅力です。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.6秒弱(左打者換算で4.3秒弱)程度と言うことで、けして足を売りにするほどではありません。

ただ右翼手としての動きは平均的でしたが、その地肩・スローイングは一級品で、恐らく2010年度の高校球界でもトップランクの強肩外野手だと思います。もう少し守備・走力の技量があがって来ると面白いと思います。

(打撃内容)

非常に腰の座った構えをする選手です。また私の見た高知高校戦では、インコースの難しい球をレフトスタンドに叩き込んだように、けして長距離タイプではないのですが、体に強さがある選手です。特に打球の強さには、目を見張るものがあります。

気になるのは、仕掛けが「遅すぎる仕掛け」を採用。ただ彼のように、外国人のパワー・ヘッドスピードは日本人のそれとは違うので、彼らにとってはこのタイミングでの始動でも、けして遅すぎることはないと思います。ボールをできるだけ引きつけて叩くスタイルで、仕掛けの観点では、長距離傾向が強い選手です。

ただ残念なのは、ほとんど足の上げがなく、打てるポイントが限られている点と、体重移動が少なく窮屈なスイングになってしまっている点です。それでも真っ直ぐ踏み出した足元は、インパクトの際にブレないのは良いと思います。打てるポイントの球を、逃さず叩ける可能性が高まります。

仕掛けが遅くても、打撃の準備段階である「トップ」を作るのが早いのは良いです。更にバットも上からでるのですが、バットの先端が下がってスイングしてしまい、スイングが波打つのが気になります。

ヘッドスピードは強烈ですが、スイングの弧は小さめで、スイングだけ見ているとスラッガータイプには見えません。フォロースルーまでしっかりバットを振りきれておりますが、グリップを高い位置まで引上ってこないので、基本的にはボールを遠くに運ぶと言うよりは、強い打球で野手の間を抜けて行くタイプの強打者です。

動作が小さい分、目線のブレ・頭の動きが小さく、体の開きも我慢でき、軸足にも強さを感じさせる体軸の良さはあります。もう少し下半身を使えて、右方向への打撃も見られるようだと楽しみです。

(今後は)

こういった外国人にしては、結構理にかなっている部分もあり、それでいて日本の真似ができない資質も兼ね備えます。地肩も素晴らしいので、打撃の幅が広がれば面白い存在になり得ると思います。今後も注目して行きたい選手の一人ですね。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2008年 宮崎の逸材

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月21日(木)04時14分52秒
返信・引用
  皆様こんばんは。今日は、2009年度では確認できなかった延岡学園の選手たちを、2008年度大会からピックアップしたいと思います。

△吉岡 知晃(宮崎・延岡学園 3年)投手&右翼 181/78 右/右

(どんな選手?)

確認した試合では、投手ではなく6番・右翼手として出場しておりました。そのため野手としてのプレーしか確認できておりませんが、なかなかポテンシャルは高そうな強打者です。

(守備・走塁面)

残念ながらこの試合では、守備・走塁面はよくわからず。ただ最終学年では、MAX136キロまで到達したと言うことで、地肩はソコソコあるものと思われます。ガッチリした体型の選手だけに力強さは感じられますが、そのプレーからはスピード感は感じませんでした。実際のところ、走力を売りにすると言うタイプには見えませんでしたが・・・。

(打撃内容)

非常にしっかりバットを振れる選手なので、打球が2年夏の時点で非常に強いものがありました。基本的には、オーバーフェンスタイプと言うよりは、野手の間を抜けるような二塁打・三塁打の多いタイプかと思います。ただ体に強さがあり、投手としてのピッチングは見ておりませんが、野手としての資質が高い選手です。

スクエアスタンスで、バランス良く構えます。グリップを高く引き上げて強打者スタイルなのですが、グリップ付近を揺らいでリラックスできているのも良いです。

残念なのは、仕掛けが「遅すぎる仕掛け」を採用。これだと、一定レベル以上の投手の球には差し込まれるだろうなと言う印象です。足をほとんど浮かさずに、クロスに踏み込みます。インパクトの際に足元がブレ気味な点が、この一年間でどの程度改善されていたのか気になるところです。

打撃の準備段階であるトップを作るのは遅すぎることはないのですが、ボールを呼び込む時には、完全にクローズスタンスの形になり、グリップも内に引き込みます。これだと下半身のタイミングの取り方からも、コース・緩急に対しても、打てるポイントはほとんど限られているだろうなと思いますし、バットの出もスムーズではないですね。

インパクトまでも、やや遠回りでロスを感じます。それでも強烈なヘッドスピードがその辺を補いつつ、フォローまでしっかり振り切れる点が彼の優れた資質です。足元がブレるタイプでも、クロスに踏み込むことで開きの早さを防ぐこともできております。

(今後は)

当たった時の打球の強さなどをみると、彼のポテンシャルの高さは伺うことができます。本格的に野手として専念すれば、将来可能性を秘めた強打者だと思いますし、最終学年では、かなり成長した姿をみせてくれていたのではないかと想像致します。ぜひ何処ぞの大学などで、その強打者ぶりを、確認したいなと思わせてくれる選手でした。

◯坂元 悠貴(宮崎・延岡学園2年)投手 左/左

(どんな選手?)

1年夏には、公式戦で投げていた左腕です。スラッとした投手体型で、投手としてのスジの良さを感じさせる正統派です。順調に成長を遂げていれば、2010年度の九州を代表する本格派左腕として、大いに話題になりそうな存在でした。

(投球内容)

本格派左腕らしいフォームから、すでに1年夏の時点で125~130キロぐらいのキレのある球を投げ込んでおりました。変化球は、カーブ・スライダー。特にこの時点では、シュート系の球はなかったように思われます。

細かいコントロールはないようですが、ストライクゾーンの枠の中には集められる投手で、四球で自滅するような不安定さは感じませんでした。けん制なども左腕らしく鋭く、素材としての良さだけでなく、制球に大きな破綻も感じさせないところは、今後を考えると明るい材料です。

投球フォームも、お尻をしっかり落とせる投手なので、将来的にも見分けの難しいカーブや縦系の球種の習得が期待できる選手です。

「着地」「球持ち」「開き」などの部分でも悪くないのですが、ステップする位置が悪いのか?「体重移動」に課題を抱えておりました。その辺が、的確な位置を見つけ出せるのか同かが、一つ大きなポイントかなと思います。

もうひとつは、かなりテイクバックした時に、肩が内側に入り込みすぎること。それでいて、腕の角度もつけすぎで負担の大きなフォームになっている点が、故障への危険性を強く感じさせます。人並み以上に、体の手入れには注意を払って欲しい選手です。

(今後は)

手足の長いスラッとした体型でしたが、背筋・お尻の肉の盛り上がりは、一年生当時からしっかりしたものがありました。この勢いで順調に伸びていてくれれば、かなりの投手に育っているのではないかと言う予感をさせてくれる選手です。

最終学年を迎える今年、宮崎までチェックに行かなければと思わせてくれる素材であり、ぜひ春季大会で話題になるようならば、宮崎に飛びたいと思わせてくれる選手です。今のところあまり話題になっていないところが、なんとも気になるところなのですが・・・。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年秋 高知の逸材2!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月20日(水)07時05分47秒
返信・引用 編集済
  皆様おはようございます。昨日は、余裕なく夜の更新が出来ませんでした。あと数日は、少々片付けないといけない用があるので、更新ペースも落ちるかもしれませんが、ご了承くださいませ。

△前田 克樹(高知・明徳義塾2年)投手&三塁 178/72 右/右

(どんな選手?)

背番号5を付けておりますが、マウンドに上がる選手です。腕を強く叩くことができ、体重もグッと前に乗るフォームで、力強いフォームを投げる投手です。

(投球内容)

球速は、常時135キロ強~後半ぐらいは出ているのではないのでしょうか?左打者内角に鋭く切れ込むスライダー、それにカーブを投げ込んできます。それに、ほとんど投げ込みませんが、フォークのような縦に落ちる球もありそうです。

元々三塁手と言うことで、けん制も鋭いですし、クィックも1.0~1.1秒でまとめられる極めて素早いものがあります。当然フィールディングも悪くありません。マウンド捌きは、やはり野手と言う感じはするのですが、右打者には両外角を突くことができます。ただ左打者に対しては、かなりアバウトで枠の中に投げ込むといった感じでした。

投球フォームは、お尻を一塁側に落とせるフォームなので、将来的には縦の変化をものにできるフォームです。「着地」までの粘りは並ですが、「体重移動」は、野手をしている選手にしては、しっかりできております。ただ下を支える筋力やステップの位置が悪いのか?投げ終わった後のバランスよくありません。

課題は、体の「開き」が非常に早いこと。そして「球持ち」が悪く、ブンと投げてしまう点です。何よりグラブをしっかり内に抱えられないので、外に逃げようとする遠心力を抑え込めず、体が左右にブレてしまって制球が安定しません。

(最後に)

この冬の間、投手としてのトレーニングをしっかり積んでいれば、春季大会ぐらいからは、140キロ台をコンスタントに記録できるかもしれません。馬力もありそうな素材だけに、その成長を期待したいところです。まだまだ細かい点には課題が多いのですが、2010年度の高知の高校野球を語る上では、外せない存在になるのではないのでしょうか。

◯亀井 雅人(高知・高知高1年)遊撃 174/62 右/左

(どんな選手?)

新チームでは、3番・遊撃を務める攻守の要です。軽快なフットワークの遊撃守備は、早くもプロからマークされる存在です。

(守備・走塁面)

確かに軽快で、非常にフットワークも軽快で、グラブ捌きにも良いものがあります。ただ地肩が強いと言うよりは、スナップが強いタイプで、長い距離のスローイングが乱れる時があります。将来的には遊撃よりも二塁の方が、持ち味が出るような気が致します。

残念ながら、走力に関してはよくわかりませんでした。他の試合の映像もあるので、その時にもう少し注目してみたいと思います。

(打撃内容)

巧打者タイプかと思いきや、ベース側にインステップするように、かなり強打者タイプの様相です。それでも早めに足を引き上げ仕掛けが早く、打てるポイントが多そうなのも良いです。踏み込んだ足元もブレないので、非力そうな体格とは裏腹に、結構強い打球が打てる選手です。そのため、けしてひ弱なタイプではありません。

やや打撃の準備段階である「トップ」を作るのが遅れがちなのが気になりますが、ヘッドを立てながら振り抜くスイング軌道は良いです。スイングの弧・フォロースルーの大きさからも、長打を連発するようなタイプではありません。ただインパクトまでもロスのないスイング軌道で、スイング全体に大きな欠点は感じられません。

(今後は)

更に・体の「強さ」・プレーの「細やかさ」・打撃の精度を磨いて行けば、最終学年ではプロも意識できる素材とセンスを感じさせます。恐らくセンバツも有力でしょうから、その時に、再度しっかりチェックしたいですね。高知の内野手と言う意味では、森岡良介(明徳-現ヤクルト)以来の素材かもしれません。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

一二三 慎太について教えて下さい!!

 投稿者:ウイザード  投稿日:2010年 1月19日(火)18時31分8秒
返信・引用
  一二三はプロで言えば誰に似てるんでしょうか?
僕は涌井に似てると思います!!
あと一二三は武器となる決め球はあるのでしょうか?
是非、教えて頂きたいですm(_ _)m
 
    (蔵建て男) 何度も書き込まなくてもわかっております。

まずページを調べれば 一ニ三選手のことが書いてあるのが見つかるはずです。それをせずして、同じ書き込みを繰り返すのはどうかと思います。
http://members2.jcom.home.ne.jp/kuratateo/10kp-1.html に私の書き込みは書いてあるのでご確認ください。

また武器になる球があるのかどうか?この辺も、書き込み以外に彼の動画なども存在すると思うので、いろいろご自分で調べてみては如何でしょうか?

そういった自分で出来ることを下うえで、質問されるのならばわかりますが、何でも聞けば良いと言うことではないと思います。管理人が質問に答えるのは、それなりの労力もかかることです。その辺も察して頂けないようでは、今後は掲示する前に削除致します。
 

2009年 佐賀の逸材6!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月19日(火)08時01分24秒
返信・引用
  皆様おはようございます。毎度余裕なく、あまり更新が進んでおりませんが、今日は佐賀の逸材の続きから。

△福田 克也(佐賀・伊万里高 2年)右翼 右/左

(どんな選手?)

2年生ながら4番に座っていた選手で、スラッとした体型から対応力のある打撃が目立ちました。けして長距離タイプではないですが、2010年度の佐賀を代表する強打者として、期待したい一人です。

(守備・走塁面)

ちょっと見た試合だけでは、守備・走力についてはよくわからず。けして動けない選手には見えませんでしたが、それかといって守備・走力を売りにするほどのものがあるかと言われると微妙かなと思いました。できれば今年、ぜひ確認できればと思います。

(打撃内容)

前足を軽く引いて、バランスよく構えられております。自然体で自分のリズムで、立てているのも好いですね。仕掛けは「遅めの仕掛け」を採用し、ボールできるだけ引きつけて叩くスタイルです。野手の間を抜けるような、二塁打・三塁打が多そうな強打者です。

「遅めの仕掛け」ながら、足を回し込んできます。それだけ「間」が取れているのですが、速い球に対応しきれるかは疑問です。それでもしっかりベース側にインステップして、強く踏み込めるのが魅力です。その足元もブレず、強く打ち損じのない打撃が持ち味なのでしょう。

少々打撃の準備段階である「トップ」を作るのが遅いのが気になります。しかし上からインパクトまで綺麗に振り抜き、無駄のない綺麗な弧を描きます。スイングの弧・フォロースルーなどは小さめで、それほど強打者と言う感じよりも、球の捌き・捉え方の良さが光るタイプです。

(今後は)

一線級のスピードに対応しうるスイングが、身につけられるかがポイントだと思います。ボールを捉えるセンスなどは良いものを持っておりますし、スイング軌道も素晴らしいです。守備・走力含めて、夏までにどのぐらいの選手に育って行くのか注目したいですね。2010年度の佐賀を代表する打者に育つことを、期待しております。

△川原 皐紀(佐賀・伊万里高2年)投手 右投げ

(どんな選手?)

球速はそれほどないのですが、意外にビシッとミットに突き刺さる球質に、適度に試合をまとめられる能力があります。一冬超えれば、常時130キロ台~MAX135キロ級に育つ可能性を秘めた投手ではないのでしょうか。

(投球内容)

マウンド捌きが、非常に落ち着いているのが特徴です。球速は、常時125キロ前後ぐらい。カーブとのコンビネーションです。けん制もまずまずで。クィックも1.0~1.2秒以内にまとめることができるなど、かなり洗練されております。アウトコースに球が集められますし、ある程度形のできている投手です。

(今後は)

まだまだ体がビシッとしておりませんが、一冬超えて体がデキてくると、佐賀でもそれなりの投手として注目される可能性があります。

高卒即プロとか言う素材ではないと思いますが、緩やかに成長を期待して、少し長い目で見守ってみたい選手です。体格・将来性・投手としてのセンスなど、バランスの取れた選手です。来年、どんな成長を遂げているかなと、少し気になる存在でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年秋 高知の逸材1

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月18日(月)08時29分34秒
返信・引用
  皆様おはようございます。今日から、佐賀の逸材と並行して、四国地区の逸材にも入って行きたいと思います。本当は、夏の高知大会からと思ったのですが、この秋の四国大会と高知大会の映像を送ってもらいましたので、そちらの新チームの模様から行って行きたいと思います。

◎田内 亘(高知・岡豊2年)投手 171/62 右/右

(どんな投手?)

小柄なのですが、早くから高知では話題の投手でした。マウンド捌き、球の威力・制球力・実戦的なフォームと、すべてをバランス良く兼ね備えた逸材です。もし彼に180センチ台の体格があったら、文句なしの最上位候補だと思います。

(投球内容)

ノーワインドアップから、テンポ良く投げ込んできます。何より腕の振りの良さが、この選手の最大の良さです。球速は、常時135~MAX141キロ。ブレーキの好いカーブと、縦に鋭く切れ込むスライダーのコンビネーション。カーブでカウントと緩急をしっかり稼ぎ、追い込んでからは縦の変化で空振りが取れる投手です。

フィールディングもまずまずで、クィックも1.1秒台と素早いです。鋭いけん制があまり見られないのが気になりますが、マウンド捌きは経験豊富で、実に洗練されていると思います。そういった投手としての、投球センス・現在の力量共に、非常に高いものがあります。

その一方で課題と言えば、右打者の外角への制球は抜群な反面、左打者には、時々甘くなる傾向があり、左打者から打たれるケースが多いです。指先の感覚には優れた投手ですが、左打者への投球に課題を残します。

また投球フォームや、マウンド捌きに、もう少し「間」と言うものを、時々意識しても好いのかなと思います。投球フォームにおいても「着地」「開き」などもそれなりで、「球持ち」なども好いのですが、少しステップが広すぎるのか?「体重移動」が、もう少し前に乗っても好いのかなと思います。今は、上半身の振りの良さで切れを生んでいますが、これに上手くウエートが乗ってくると、グッと来るような球威・球の勢いも加わって来るように思えます。その辺は「着地」のタイミングを遅らせることと連動させると、中々微妙な問題ではあるのですが。

(今後は)

素材としては、すでに「完成品」に近い形にあります。この一冬の間に、もうワンランク上の投球ができるようになると、いよいよ全国区レベルになろうかと思います。高知の右腕では、岡幸俊(高知商-ヤクルト2位)を彷彿させる小柄な右腕です。岡の方が、体に馬力がありましたが、投手としてのセンス・総合力では、この田内の方に分があるように思えます。

大学野球レベルならば、中央の大学でも即戦力クラスとして期待できる力量です。更に一冬で伸びているようだと、小柄な高卒右腕とはいえ、岡のように体の底から湧き出るような馬力が出てくると、プロもほっとかないと思います。秋までの時点では、四国でNO.1の投手ではないのでしょうか。

△森岡 稜介(高知・土佐高1年)投手 170/65 左/左

(どんな選手?)

1年秋には、背番号1をもらって投げている左腕です。非常に洗練されていて、すでに投手として、ある程度形ができている投手です。1年生ながら、スケールよりも実戦型の投手です。

(投球内容)

バランスの取れたフォームから、常時125~130キロ強ぐらいでしょうか。それほど速球に光るものはありませんが、それでも力を入れて投げた時の速球には、それなりに見るべきものがあります。

変化球は、曲りの悪くないカーブ・ボールゾーンに切れ込むスライダーとオーソドックスなスタイル。現状、シュート系の球はないように思えます。ストライクゾーンの枠の中に、球を集めることは苦にしません。両サイドに大まか投げ分けもできます。

左投手にしては、鋭いけん制は投げないように思えますが、クィックは1.05秒前後で素早いです。かなり中学時代から、いろいろも揉まれてきた選手ではないのでしょうか。

投球フォームにおいては、お尻もしっかり落とせる投手なので、好いカーブが投げられる下地がありますし、縦の変化も無理なく投げられるフォームです。ただグラブをしっかり抱えられる代わりに、足の甲での押し付けが浅いので、どうしても球が高めに浮きやすい欠点があります。もう少し重心が沈む感じのフォーム・あるいは「着地」までの粘りが出てくると、投手として一つ深みが増すように思えます。

(今後は)

いわゆる、投球のできるタイプの左腕です。まだ1年生ですから、体も一回り、二回り大きくなるかもしれません。順調に球威・球速を増して行くようだと、最終学年で今年プロからも注目された左腕・公文 克彦(高知高)レベルの左腕には、育つ可能性はありそうです。再来年の高知を代表する投手に、育つことを期待したい楽しみな投手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年 佐賀の逸材5!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月17日(日)07時52分19秒
返信・引用
  皆様おはようございます。今朝は、佐賀の逸材の続きから。次回のレポートでは、九州を飛び出し、四国へと入って行きたいと思います。

◯山口 翔太(佐賀・佐賀学園 1年)一塁 右/左

(どんな選手?)

1年生ながら、大型でスラッとした体型が目を惹く選手です。1年生5番・一塁手として出場。対応力のある強打が魅力の中距離打者です。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.35秒弱ぐらいで、左打者としても早くない選手です。少なくても足を売りにするような、スピード感溢れる選手ではないように思えます。

一塁手としての守備に関しては、正直よくわかりませんでした。ただ無難にこなしていたように思えます。ただ将来的には、他のポジションへコンバートされるのではないのでしょうか。

(打撃内容)

スクエアスタンスで、グリップをあらかじめ捕手方向に引いて構えます。微妙にカカトを踏み踏みして揺らぎますが、やや構えが固いのが気になりました。

仕掛けは「平均的な仕掛け」を採用する中距離・ポイントゲッタータイプ。そのため野手の間を抜けて行くような二塁打・三塁打は多いと思いますが、オーバーフェンスを連発と言うスラッガーではないように思えます。

足を軽く上げてまわしこむスタイルで、打撃の「間」があるので、打てるポイントは多そうです。その足をベースから離れた方向にアウトステップで踏み込みます。地面から足が離れるのが早いタイプなので、引っ張って巻き込む打撃は得意だと思いますが、外角の球に対応が一つポイントになりそうです。内角高めの球を引っ張っても、切れずライト前にはじき返す打撃は、非凡です。

やや打撃の準備である「トップ」を作るのが遅れ気味ですが、バットを振りだしてインパクトまでには、大きなロスは感じません。バットを寝せて出しても、ヘッドを下がらないように心がけ、それでいてスイングの弧は大きく、フォローまでしっかり振りきれております。

(今後は)

今後は、その打撃だけでなく、守備・走力の向上に挑んでもらいたいと思います。打撃には好いものを持っているので、更に「強さ」「鋭さ」を磨けば、最終学年では、佐賀のみならず九州を代表する強打者として、名前があがってきそうです。今後が、楽しみな1年生でした。

◯鳥巣 裕平(佐賀・唐津南3年)中堅&投手 右/左

(どんな選手?)

背番号1を付けながら、1番・中堅手として出場していた選手です。高校生としては、トップクラスの走力と思いっきりの好いフルスイングが魅力の気持ちの強い選手です。

(守備・走塁面)

中堅手としても無難にこなしていたように思えます。投手として投げない時でも、左翼ではなく外野の中心である中堅手を守っているように、外野手としての評価も高いのでしょう。残念ながら、地肩に関してはよくわかりませんでしたが、投手をしていることからも弱くないと思われます。

何よりこの選手の素晴らしいのは、スピード感溢れる走力にあります。塁間も3.9秒台で走り抜けますし、実際試合の中でも盗塁を試みたり、内野安打を稼いだりと、その走力には光るものがあります。その走力からも、戦う姿勢が感じられる稀な選手です。

(打撃内容)

左のオープンスタンスで構えるのですが、グリップを高くに引き上げ、そのグリップを常に動かして揺らいでいる選手です。前をしっかり見据え、それでいて自分の世界に打者を引き込む、独特の雰囲気があります。

仕掛けは「遅めの仕掛け」を採用。バリバリの強打者タイプの打撃です。軽く足をまわしこんでから、ベース側にインステップして踏み込むのですが、上半身の力に下半身が負けてしまい、インパクトの際に足元が大きくブレます。甘い球を思いっきり引っ張ったくことはできますが、外角の球などを我慢して捌くのは、厳しいと思います。

また大きくリストもまわしこんで「トップ」を作るので、仕掛けも遅い上、更に動作も大きいので、遅れがちなんですね。そのため一定レベル以上の投手には、立ち遅れることが予想されます。それでもバットは上から出てくるので、インパクトまでのスイング軌道には大きなロスはありません。何よりスイングの弧は大きく、フォロースルーまでフルスイング。大きなロスは感じますが、打球は強烈です。

この動作の大きさの影響で、頭の動きは大きく、体の開きも我慢できません。この辺が大きな課題ですが、これを修正するのは厳しいですし、それができた時に、持ち味を発揮できるのかは微妙です。

(今後は)

走力に関しては、高校生としてはトップクラスものがあります。当然上のレベルでも、売りにして行くのは走力だと思います。守備に関しては、正直よくわかりませんが、ガッツのある選手なので、球際では強そうです。あとは、打球の勘・状況に合わせた返球など、そういったことに磨きをかければ、好いのではないのでしょうか。

打撃は、とにかく思いっきりが好いです。その代わり、非常にロスの大きな動作をしております。ただ救いなのは、「トップ」~「ミート」までは、ロスがないこと。そのため「トップ」を早めに作ることと、足元がブレない下半身の安定したスイングを、意識できるかだと思います。

非常に個性的ですし、それでいて資質的にも面白いものがある選手です。ぜひ上のレベルでも野球を続けて欲しい選手です。この思いっきりの良さを忘れなければ、抑えるべきポイントさえ抑えておけば、将来非常に楽しみな選手だと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

野球サイト作成について

 投稿者:S・Y  投稿日:2010年 1月16日(土)21時15分26秒
返信・引用
  初めまして。S・Yと言います。今後ともよろしくお願いします。
蔵さんのサイトを見て自分もサイトを作ってみたいと思ったのですが蔵さんの寸評を参考にして作ってもよろしいでしょうか。
 
    (蔵建て男) ページを参考にされることは大変名誉なことだと思い嬉しいのですが、寸評の内容を真似られたり、内容を抜粋されることは、ケースバイケースです。

それは、少々ページを実際拝見してみないと、なんともいえません。ただ過去に、そういった私の記事の一部抜粋・リンクなどをして頂いた方も結構おりますが、ほとんどの場合、O.Kとしておりました。
よほど何か悪意(極端な模倣・寸評のすべてを抜粋など)を持ったものでなければ大丈夫だと思いますので、もし参考にされたら、その旨お伝え頂ければ幸いです。
 

Re: 2009年 神宮大会の逸材11!

 投稿者:hiroshijin  投稿日:2010年 1月16日(土)18時41分30秒
返信・引用
  > No.9823[元記事へ]

蔵建て男さんへのお返事です。
>
> △岸村 祥太郎(徳山大 4年)三塁 172/78 右/右 (華陵出身)
>
> (どんな選手?)
>
> チームの4番打者を担う強打者で、今秋のリーグ戦では、MVPに輝きました。卒業後は、伯和ビクトリーズでプレーを続けることが内定しております。
>

『大学野球』によると、岸村はツネイシに進むみたいです。蛇足ですが、伯和には岸本(福山大)などなど、七條などといったや日産九州からの移籍組を含めて10選手くらいを加入させました。その影で、昨年までのエースの石渡など、多くの選手が退部することになりました。昨年見た限り、チームとして成長が頭を打った感じがあったものの、退部者の多くが入社2~3年目くらいの選手だっただけに随分と思い切ったことをしたという印象を受けました。

中国地方関係で進路情報を自分のブログにまとめてみました。よろしければ参考にしてください。
シティライト岡山
http://ameblo.jp/hiroshijin/entry-10435653184.html
伯和ビクトリーズ
http://ameblo.jp/hiroshijin/entry-10435649568.html
中国地方関係の大学選手、または中国地方の企業就職者
http://ameblo.jp/hiroshijin/entry-10435635121.html
広島県の高校生
http://ameblo.jp/hiroshijin/entry-10435608568.html

追伸:新年明けましておめでとうございます。また今年もこの掲示板を利用させていただきますので、これからもよろしくお願いします。
 
    (蔵建て男) 今年も、よろしくお願いいたします。チームの入れ替えは強化の一貫としてわかりますが、あんまり入社して浅い選手を大量に入れ替えての改革は、あまり賛同しかねます。

ただ中国地区の社会人野球が、盛り上がることは大いに期待したいところです。今年も春先に行われるカープと中国地区の社会人選抜との試合があれば、遠征の候補にしたいですね。
 

2009年 大分大会の逸材4!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月16日(土)00時09分24秒
返信・引用
  皆様こんばんは。大分大会の逸材は、今回がラスト。個別寸評を予定しているのは、山野恭介(明豊)投手。そして09年度大分NO.1投手と言われた松永賢人(楊志館)投手も、ほんの少しだけ見られましたが、とても寸評にするほどの情報量がないので、今回は回避。中背の馬力型なのかなと思いました。

△楠本 隆志(大分・大分高3年)投手 174/70 左/左

(どんな選手?)

テイクバックを小さめに取って投げ込むサウスポーで、多彩な変化球と安定した制球力が武器の好投手。

(投球内容)

球速は、125~130キロぐらいと、球威・球速は物足りないぐらいです。それでも打者の内角を厳しく攻める投球と、カーブ・スライダーなどを織りまぜてきます。

クィックは、1.2秒台と平均的で、フィールディングは、落ち着いたボール処理ができる選手です。けん制は、まずまず上手いものがあります。四球で自滅するタイプでもないですし、マウンド捌きも悪くありません。素材に凄みはありませんが、野球センスで討ち取るタイプです。

左投手にしては、やや「開き」が早いタイプです。「着地」「球持ち」に、それほど光る部分はありませんが「体重移動」は好い選手だと思います。

(今後は)

実戦的なタイプの左腕ですが、上のレベルを考えると、球威・球速が物足りないかなと思います。その辺が、今後伸びて来ると、ピッチングはできる投手なので、それなりの結果となって現れると思います。今後もまた何処かで、その成長に出会ってみたい選手でした。

△麻生 大輔(大分・大分西2年)二塁 177/65 右/左

(どんな選手?)

球に逆らわない三遊間への流し打ちに特徴がある選手です。この夏の大分大会でも、ヒットを連発しておりました。打っては5番・守っても二塁と、チームの攻守の中心的な役割を果たしております。

(守備・走塁面)

二塁手としては、まだまだ危なっかしい部分は見られますが、丁寧にボールを扱おうと言う姿勢は感じられます。また地肩なども基準レベルはあり、二塁手ですが弱肩ではありません。

ただ一塁までの塁間は、4.4秒強ぐらいと、左打者としては遅めです。将来的にも、足を売りにするタイプではないと思います。

(打撃内容)

スクエアスタンスで、特に「揺らぐ」ことなく構えます。仕掛けは「遅めの仕掛け」を採用致しますが、スラッガーではなく、しっかりボールを見極める二番タイプへと育ちそうです。

ベース側にインステップし、インパクトの際にはカカトを押し付け叩きます。インステップなので、足元がブレても開きは遅いはずです。ボールをよ~く引きつけて、左方向へが、彼の大きな特徴です。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのが遅いので、スピードボールに遅れ気味になるのは気になりますが、逆にそれが本来の狙いなのかもしれません。外の球でも、バットを上から降ろすタイプで、ヘッドを立てながらインパクトまで無駄がありません。

スイングの弧は小さく、軸足の粘りを活かした流し打ちが持ち味の、典型的な対応型です。ただ少々ヘッドスピードのキレ・強さに欠ける部分があり、まだまだ合わせるのが上手い選手との印象です。まだまだひ弱いので、体に「強さ」が出てくるのが、大きなポイントになるかと思います。

(今後は)

2010年度の大分を代表する好打者になりそうですが、二塁守備・走力に光るものはないので、この一年でどのぐらい伸びるのか気になるところです。

打撃もまだひ弱いので、その辺が改善出きてくると、上のレベルも見えてくるかもしれません。今後も、その成長を見守りたい一人ですね。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

(無題)

 投稿者:大原  投稿日:2010年 1月14日(木)22時53分6秒
返信・引用
  初芝立命館の田前君の進路を知っている方はぜひ教えてください。  
    (蔵建て男) 残念ながら、存じません。ご存知の方は、フォローお願いいたします。  

2009年 大分の逸材3!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月14日(木)00時42分11秒
返信・引用
  皆様こんばんは。今日取り上げる、大分の藤蔭高校と言うのは、6月に福岡の招待試合で、川原(福岡大大濠)の試合を見にいった後、レンタカーを借りて大分の山奥のグランドに練習試合を見にいったんです。その時の目的は、熊本の鎮西高校の試合があるのでいったのですが、その相手がこの藤蔭高校ともう一つ知らない高校だったんですね。

ただ私がグランドに着いた13時過ぎだったと思いますが、その聞いたことのない学校と鎮西高校との試合で、その試合が終わったあと、鎮西は変則Wを終えて帰ることになりました。そこで私も、藤蔭と残った聞いたことのない学校の試合は全く見ないで宿に戻ってしまったので、結局藤蔭の試合は見なかったですね。今考えれば、もう少し、捕手・中村を見てからにすれば良かったと反省していたところ、この大分大会の模様で見ることができたわけです。

△中村 悠太(大分・藤蔭 3年)捕手 180/73 右/右

(どんな選手?)

私が確認した試合では、背番号2を付けながら先発のマウンドにのぼっておりました。09年度の大分を代表する強肩・強打の捕手です。

(ディフェンス面)

体を小さく屈め、的を大きく魅せ投手に配慮した構えのできる選手。ミットを示した後はしっかり動かさないで構えられ、一球一球のキャッチングはしっかりしている選手です。フットワークを使ってちょこまか動き回るタイプではなく、しっかりと余計に動かないタイプです。残念ながら、スローイングに関してはよくわからず。

ただ投手としては、125~130キロぐらいの球はコンスタントに投げていたので、それなりの地肩はあるものと思われます。しかし、物凄い地肩の持ち主と言う感じは、ピッチングを見る限りしませんでしたし、腕の振り、身のこなしなどをみる限り、さほど送球に非凡なものは感じませんでした。

捕手としては、投手に配慮のできる好い捕手だと思いますが、ポテンシャル的にA級の素材かと言われると、この観戦だけでは正直よくわかりませんでした。

(打撃内容)

前足少しだけ引いて、グリップを高めに添えます。軽くグリップを揺らいでいるのですが、少し固さを感じさせる構えです。仕掛けは、「遅めの仕掛け」を採用する、バリバリの長距離タイプ。ただ、まだまだ粗いなと言うのが、率直な感想です。

その最大の理由は、「遅めの仕掛け」の割には、足を回し込んで来るなど、動作に立ち遅れやすいこと。そして何よりベース側にインステップした足が、インパクトの際にブレて打ち損じが多かったり、開きが我慢できないタイプだからです。

「トップ」の形成は平均的ですが、スイング軌道は、やや体から離れたところを軌道するので、インパクトまでにロスを感じます。スイングの弧の大きさは平均的なものの、フォロースルーをしっかり取って振りきってきます。

ただボールを捉えるセンス・球を逃さず叩く術・ヘッドスピードのキレなどはもう一つで、打撃に関しては、まだまだかなと正直思います。

(今後は)

捕手としての適正がありそうな選手なので、上のレベルでも捕手としての活躍が期待出来そうです。打撃・地肩などは、実際のところこの試合だけでは、どのレベルの選手かは掴みきれませんでした。できれば何処ぞの大学でのプレーを、確認できたらと思います。大型捕手の割には、しっかり投手に配慮できるプレーができる点は、好感が持てる選手でした。

◯浦塚 翔太(大分・日田林工3年)投手 175/73 右/右

(どんな選手?)

この試合を見るまで知らない投手でしたが、MAX141キロを記録した投手との話です。実際試合を見てみると、非常に力強いボールを投げる投手で、とても印象的な投手でした。

(投球内容)

中背ですが、ガッチリした体格の投手です。投げ込まれる速球の一球一球が、実に力強く本物の速球を投げ込んでくる投手です。球速は135~140キロぐらいですが、もっと力強く感じられます。変化球は、カーブ・縦・横2種類のスライダーが持ち味であり、その球を打者の内外角に集められる制球力もあります。

三振の多くは、自慢のストレートで奪うので、もう少し変化球で取れるようになると好いですね。クィックは、1.2~1.3秒ぐらいと、それほど素早くありません。ただマウンド捌き・制球力・組み立てなどに破綻もありませんし、非常に好い投手でした。

(今後は)

これだけの投手ならば、正直もっと話題になっても好いかなと思います。きっと何処かで野球を続けてくれる選手だと思いますし、地方大学などでは早い段階から頭角を現すだけの力があるのではないのでしょうか。

これは、意外な掘り出しものといった感じで、また何処かで、その成長をぜひ見てみたいと思わせてくれる選手です。まだまだ知らない選手の中にも、好い投手はいるのだなと改めて思わせてくれる投手でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年 大分の逸材2!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月13日(水)04時02分46秒
返信・引用
  皆様こんばんは。中々思い通り、「迷スカウト活動」ができない歯がゆさがありますが、時間を見つけて、少しずつ行って行きたいと思います。今日も、大分の逸材の続きから。

△野上 康平(大分・日田林工2年)捕手 179/76 右/左

(どんな選手?)

2年生ながら4番・捕手を務める、チームの中心選手です。2010年度の大分を代表する捕手だと言えるのではないのでしょうか。

(ディフェンス面)

しっかり指示を出せる、捕手らしい捕手です。テンポの好いリードに心がけ、捕ったらすぐに投手に返球します。ミットもしっかり投手にむけて示し、グラブも下げないので、低めへの球にも素早く対応できます。一球、一球のキャッチングにはそれほど目をひくところはないのですが、打球への反応も悪くなさそうです。地肩も計測した時は、2.05秒強ぐらいでしたが、その球筋はしっかりしており、肩は結構強い選手のように思えます。あとは、動作の無駄を省きつつ、精度を高めていって欲しいですね。ただ少し残念なのは、繊細さが求められる捕手において、少々プレーが雑なのかなと思います。その辺をもう少し大事に一つ一つプレーして欲しいと思います。

(打撃内容)

う~ん、まだヘッドスピードが物足りないと言うか、4番を打つ選手にしては、力強さがもう一つかなと思います。スクエアスタンスで、リラックスして構えられていると思います。ただ一度ベース側につま先立ちして、リリース前後に始動する「遅すぎる仕掛け」を採用しているので、少々一定レベル以上のスピードへの対応は厳しいと思います。

小さくステップすることからも「間」がないので、打てるポイントは限られております。ただ、真っ直ぐ踏み出した足元はブレないでスイングできているので、その辺は好感が持てました。

また打撃の準備段階である「トップ」を作るのは遅くないですし、インパクトまでのスイングも、平均的な選手です。バットを寝せて出す割に、ヘッドを下げないことを意識しているので、バットは横切りになり、縦の変化には厳しいかなと言うスイング軌道ではあります。力強さは足りませんが、技術的には「仕掛け」の部分を除けば、大きな欠点はありません。

(今後は)

まだまだ全国レベルを意識すると、攻守に物足りないものは感じます。特に打撃に関しては、「強さ」を追求し、守備には「繊細さと精度」を意識して取り組んで欲しいですね。

上のレベルでも野球を続けて行ける素材ですから、志を高く持って全国大会に駒を進めて欲しい選手でした。

△坂本 涼平(大分・藤蔭3年)投手 180/74 右投げ

(どんな選手?)

今年の藤蔭のエースです。私の見た試合では、捕手の中村が先発していたので、リリーフ出の登板でした。MAX138キロを誇る投手だと言うことです。

(投球内容)

球速は、130~135キロぐらい、少しシュート回転したり、常にボールが変化するようなクセ球投手でした。変化球は、カーブ・スライダー。投げ終わった後のバランスは悪いのですが、制球は比較的低めに速球が決まる制球力の持ち主でした。ただ逆に、カウントを取るカーブが浮いてしまうなど、変化球の精度・キレなどに課題を感じる投球内容でした。

投球フォームは、体の「開き」は、平均的から少し早いぐらいか。腕の角度は適正で、球持ちも悪い投手ではありませんでした。この球持ちの割に速球がクセ球なのは、何か意図的にボールを動かしていたのかもしれません。

腕をもっと強く振りたいですし、前への「体重移動」は悪くないのですが、ステップする位置が的確ではないのか?投げ終わった後のバランスが悪いのが気になりました。

(今後は)

ちょっと今の内容だと、上のレベルで活躍するのは厳しいかなと思いました。今後野球を続けるのならば、いろいろフォームや、その投球を見つめ直す必要性があると思います。またどこかで、大きく成長した姿を確認できたらと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年 大分の逸材1!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月12日(火)07時27分52秒
返信・引用
  皆様おはようございます。昨日で宮崎の逸材を終え、今日から大分の逸材に入ってゆきたいと思います。佐賀の試合を全部見終えるには、まだまだ時間がかかりそうなので、大分と並行しながら行う予定です。また大分が終わったら、高知など四国各県に入って行きたいと思います。九州・四国は、春季大会も早いので、2月中には終えられたらと思っております。

△三好 銀次(大分・大分高2年)投手 171/75 右/右

(どんな選手?)

少し太めの体型ながら、パワフルな打撃を売りとしている選手で、投手としても主戦として活躍している選手です。2010年度の大分を代表する強打者の一人に入るのではないのでしょうか。

(投球内容)

投手としては、130キロ前後ぐらいの重いストレート・カーブ・スライダーと言う感じで、特筆すべきほどの特徴は感じません。制球などもアバウトですし、その投球スタイルは、野手がマウンドに上がっているような感じです。けん制も鋭いですし、クィックも1.15~1.2秒ぐらいと基準以上の動きをみせますので、将来的には野手だと思います。

(打撃内容)

パワフルな打撃が売りです。ボールを捉えるセンスはあまり感じませんが、打球が非常に強烈です。右方向に打てる柔軟さがあるかは微妙なのですが、「平均的な仕掛け」を採用する中距離・ポイントゲッタータイプで、足を大きく引き上げ、回し込んできます。

そのため見た目よりも、対応力や打てるポイントは多いのかもしれません。まだまだ、その打撃も粗いので、この一年間の成長に期待したい選手です。

(今後は)

投守に、まだまだ粗い選手です。ただ、体も強そうなので、鍛えようによっては、まだまだ伸びてくるのではないのでしょうか。上背もない体格からも、プロ云々と言うタイプではないのでしょうが、2010年度の大分を代表する選手として、覚えておいて損はなさそうです。

△麻生 健斗(大分・大分高2年)遊撃 176/68 右/右

(どんな選手?)

2年生ながら、チームの5番を担う遊撃手です。特に少々ハデなプレーが気になりますが、遊撃守備が魅力の選手です。

(守備・走塁面)

フットワーク・キャッチング・スローイング共に、高校生としてはまずまずの遊撃手です。地肩も基準以上ですし、方向性さえ間違わず精進して行けば、最終学年ではかなり上手い遊撃手になれる可能性を秘めております。基本を大切に、足元を見据えて精進して欲しいと思います。

一塁までの塁間は、4.7秒前後・左打者換算しても、4.4秒前後と、右打者としても遅い部類に入ります。少なくても、上のレベルでは足を売りにすることはないでしょう。

(打撃内容)

右オープンスタンスで構えます。少々全体のバランス・両目で前を見据える姿勢は良くないかなと思います。仕掛けは、投手の重心が下がる時に、ベース側に足を持って行き、リリース前後に始動する「遅すぎる仕掛け」を採用。一定レベル以上のスピードに対応するのは厳しいかもしれません。

小さくステップすることからも「間」がないので、どうしても打てるポイントは限られます。その打てるポイントを逃さず叩く「鋭さ」を磨いてい欲しいと思います。真っ直ぐ踏み出した足元も、インパクトの際にブレる時があるので、腰の逃げを誘発します。

打撃の準備段階である「トップ」を作るのは遅くないのですが、肘が下がってしまいインパクトまで遠回りなスイングになっております。ヘッドスピードは基準レベルありますが、対応力に課題を残します。

(今後は)

磨けば守備を売りにできる領域まで行けるかもしれません。走力はイマイチですし、打撃には課題も多い選手です。ただ持っているものは悪くない選手なので、それをひたすら磨いて欲しいですね。この一年間精進すれば、更に上のレベルでの野球も、見えてくるかもしれません。今後の成長に期待したい一人でした。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

(無題)

 投稿者:あおもりんご  投稿日:2010年 1月11日(月)19時40分48秒
返信・引用
  最近光星学院出身の桑鶴・村松投手の話題がでてきませんね。
桑鶴は投手層の厚い福祉大でずばぬけた成績を収めていないからなのでしょうか?
村松は不調にあえいで苦しんでいるようですね。しかし1年のときみせたあの投球をみせれば充分プロ入りも可能だと思います。
巨人あたりが育成とるのもありえるかもしれませんね。
桑鶴も村松も巨人に入れば坂本桑鶴村松と光星学院トリオとして注目を集めそうですね(笑)
是非とも彼ら2人にはがんばってほしいものです!
 
    (蔵建て男) 桑鶴は、秋のリーグ戦で5回参考ながら、ノーヒットノーランをやったと聞いております。ただ神宮大会では初戦で破れてしまったので、たまたま登板機会がなかったのではないのでしょうか?

村松は、かなり深刻な状態ですね。確かに今のままだと、素材を買っての育成と言う可能性は充分あると思います。
 

(無題)

 投稿者:kj  投稿日:2010年 1月11日(月)15時22分8秒
返信・引用
  いきなり失礼します。
僕が思うに大阪桐蔭にいた浅村(現西武)のバッティングは自分的に究極だと思うのですが蔵建て男さんはどうでしょうか?
自分が高校野球をしていた時の調子の良い時バッティングが似ている感じです。その後スランプになり取り戻すことができなかったのですが、浅村君を見てそう感じました。
 
    (蔵建て男) 浅村選手の打撃フォームについては、
http://members2.jcom.home.ne.jp/kuratateo/08ky-16.html
で取り上げているので、参考にしてくださいませ。

また彼のこの一年間を振り返ったものを昨日更新しましたので、
http://pink.ap.teacup.com/applet/tasuketekudasai/20100116/archive
こちらのもどうぞ。
 

2009年 宮崎の逸材3!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月11日(月)08時32分30秒
返信・引用 編集済
  皆様おはようございます。昨日は朝しか更新できませんでしたが、今日は再び時間がデキましたので、積極的に更新をして行こうと思います。今回で、宮崎大会はラストとなります。

◎大島 恭平(宮崎・宮崎商1年)遊撃 172/63 右/左

(どんな選手?)

1年生ながら、宮崎商の3番に座る、好打・強肩の遊撃手です。その天才的な打撃センスと地肩の強さからも、その将来が極めて楽しみな選手です。

(守備・走塁面)

一塁までのタイムは、左打者ながら4.45秒前後と、かなり遅いのが、この選手の最大のネックです。最終学年までには、基準レベルである4.2秒ぐらいは、持ってこられることを期待しております。少なくても、走力を売りにするタイプではありません。

遊撃手としても、キャッチング・フットワークなどは、けして上手い選手ではありません。ただ地肩は強いですし、ここは今後の成長を期待して、どんどん上手くなって欲しいと思います。

今のところ、走力・守備力に関しては、今後の成長を期待したいかなと言うレベルです。

(打撃内容)

素晴らしいのは、その打撃にあります。甘い球を逃さない「鋭さ」をすでに兼ね備えておりますし、インハイの極めて難しい速球を、腕を実に上手くたたんでライト前にはじき返した打撃は、右左の違いはありますが、ロッテにいった今江(PL学園)の高校以来だった気が致します。

技術的にも素晴らしく、スクエアスタンスでバランス良く構えるのですが、もう少し自分のリズムを刻んで、リラックスして構えられれば好いかなと思うのですが、それ意外の部分は、もういじるところはないのかと思うぐらいの完成度です。

「平均的な仕掛け」を採用するように、強打と上手さを兼ね備えた中距離タイプの左打者です。足を回しこみ「間」を作ることで打てるポイントも多いですし、ベース側にインステップするように、外の球も強く叩くことができます。左打者がインステップしてしまいますと、内角の捌きが心配なのですが、この選手の天才的な内角打ちをみると、その心配も必要ありません。踏み込んだ足元もブレませんので、打ち損じも少ないはずです。一年生にして、すでに基準レベルのヘッドスピードも誇ります。

打撃の準備段階である「トップ」も早く作れますし、それでいてインパクトまでも、ロスのなくミートポイントまで持ってきて、シャープに振り抜きます。けして当て逃げのようなスイングをしないところも、好感が持てます。

頭の動きも小さいですし、開きを我慢しながら、軸足にも粘りが感じられます。もう技術的には、大きくいじらなくて好いだろうと言うほどの高校生は、そう滅多にお目にかかれません。

(今後は)

まだまだ体は小さいですし、守備・走力などには大きな課題があります。打撃も、もっともっとレベルの高い相手に、もまれて欲しいですね。方向性を間違わなければ、2年後はプロに行ける素材だと思います。志しを高く持って、高校野球を極めて行って欲しい選手です。

△宇土 直哉(宮崎・宮崎日大 3年)投手 175/73 左/左

(どんな選手?)

1年生の時から、ガッチリした体格からグイグイ投げ込む速球派左腕として、将来を嘱望されていた投手です。すでに昨年の春の時点で135キロ前後は常時投げていたので、当然最終学年では、140キロ台を記録する左腕になると期待しておりました。しかし、今年は背番号も9になり、打撃を重視する起用になり、正直ガックリさせられました。

(投球内容)

ガッチリした体格なので、打撃は中々パワフルです。投手としても、相変わらずパワフルなのですが、明らかに投手としての調整が少なかったのか、昨年よりも完全に球の勢い・フォームのバランスなど、劣化しておりました。

球速も、130~135キロ程度、球の勢いも落ちておりましたが、何よりキレが球になくなっていたのが残念。カーブ・スライダーなどの変化球の曲がりもイマイチで、球のバラツキも顕著です。元々、投球フォームも課題が多いところを、ポテンシャルの高さで押して誤魔化すタイプだったのですが、それが出来ないと苦しいタイプです。

(今後は)

何処か痛めてしまったのですかね?ただ素材としては、やはりパワフルな体を活かした、ダイナミックな投球の方にあり、打者としては、正直魅力を感じませんでした。

卒業後、どういった進路で、投手・打者のどちらを選択するかはわかりませんが、貴重な速球派左腕としての復活を期待したいところです。下級生の頃は目立っていた一人だけに、この一年の劣化ぶりは、非常に残念でなりませんでした。今後の復活に期待してみたいです。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

2009年 佐賀の逸材4!

 投稿者:蔵建て男メール  投稿日:2010年 1月10日(日)08時49分19秒
返信・引用
  皆様おはようございます。今日の夜あたりには、宮崎のラストを行い、今日の夜か明日の朝ぐらいからは、九州最後の県・大分県の逸材について入って行きたいと思います。特に九州・四国地区は、春季大会の日程が早いので、できるだけ早めに終えたいと考えております。

△小柳 拓朗(佐賀・鳥栖商 3年)一塁 182/90 左/左

(どんな選手?)

太めの体格から、思いっきりバットを振って来るバリバリの強打者です。高校通算37本だとか、中継の時に言っておりました。当たれば大きい長打力が魅力の選手です。

(守備・走塁面)

残念ながら、正確なラップは計測できませんでした。別の試合の模様が見られたら、その辺も、チェックできたらと思います。また一塁手としても、あまりよくわかりませんでした。ただ試合のプレー内容からも、足・守備を売りにするタイプではなく、完全に打撃重視型の選手です。

(打撃内容)

軽くクローズ気味に立ち、バットを立てながら、グリップを高く捕手側に添えて構える癖のある構えです。それでいて、自分のリズムで立てていないので、強打者としての雰囲気はありますが、固さ・脆さみたいなものが感じられます。

仕掛けも、投手の重心が沈みきってから、ベース側につま先立ちし、本格的に始動するのはリリーフ直前と言う「遅すぎる仕掛け」を採用。これでは、一定レベル以上のスピードには苦労しそうです。

強打者らしく、小さくステップした足をベース側に踏み込んできます。足の浮かしている時間が短いだけに、打てるポイントは限られておリ、その球を逃さない「鋭さ」が求められます。ただ踏み込んだ足元は、インパクトの際にブレません。ただ打ち終わった後のバランスが悪いのが気になります。

打撃の準備段階である、「トップ」を作るのは遅くないのが好いです。またボールを捉えるまでのスイング軌道には、大きなロスはありません。大きな弧を描き、思いっきり振り抜くのが、この選手の最大の持ち味です。ただ、なかなか的確にボールを捉えきれないのと、太めなので、スイングにキレがないのが残念です。

(今後は)

その体格・長打力は、大学レベルでも中心打者としての活躍が期待できそうな素材です。ただこの粗さを解消して行かないと、大学までで終わりかなと言う印象があります。進路はわかりませんが、この豪快なスイングに、技術的な裏打ちができてくると、楽しみだと思います。こういった強打者タイプは貴重なので、ぜひ大成して頂きたいと願います。

△峰下 智弘(佐賀・佐賀学園 2年)遊撃 177/76 右/左

(どんな選手?)

野球センスに秀でた選手で、投打に可能性を感じさせる選手です。ただ投手としてのスケールこそ感じさせませんが、センスを感じさせる選手で、高校のあいだは少なくても、主戦として活躍して行く選手ではないのでしょうか。

(投球内容)

手足の長いスラッとした体型の選手で、特に外角一杯に決める制球力に持ち味がある選手です。球速は、120キロ台後半~130キロ台前半ぐらいで、それほど球威・球速はありません。ただ高校生としては、稀なぐらい外角一杯に決めて来る精度の良い速球に、カーブ・スライダーを織りまぜてきます。投球のほとんど外角への投球なので、打者に甘くない球まで踏み込まれることがありました。

けん制は平均的で、クィックも1.25~1.35秒ぐらいと、やや遅めです。ただ投球センス・持っている野球センスが高い選手で、マウンド捌きなどは洗練されている経験豊富そうな投手です。ただテンポ良く自分のリズムを掴んでいる時は好いのですが、それが崩れた時に、少々脆いかなと言う部分は感じられました。

投球フォームでは、「開き」の早さが最大の課題です。またステップも狭めなのか?「体重移動」も詰まってしまい、投げ終わった後のバランスも悪いです。ただ指先の感覚の好い「球持ち」の良さが目立ちます。この辺が、グラブをしっかり抱えられなくても、高い制球力を保つ、大きな要因ではないのでしょうか。

(今後は)

すでに投手としては、ある程度「型」ができている投手です。そのため、今後爆発的な伸びが期待できるかはわかりませんが、高校生レベルならば充分通用しそうです。更にこの冬の成長が見込めれば、2010年度の佐賀を代表する好投手として、その活躍が期待されます。そのセンスの良さで、大学でも投手を続けて行けそうな素材で、個人的には打撃のスジの良さも感じますが、現時点では投手としての才能を推したいかなと思います。

http://blue.ap.teacup.com/kuratateo/

 

レンタル掲示板
/27